【洋酒チョコ】今年も『ラミー』『バッカス』の季節がやってきた!

グルメ・レシピ

バレンタインデーなどイベント時期以外では、めっきり見かけることが少なくなった、洋酒チョコレート。でも『ラミー』『バッカス』なら、冬季限定で毎年食べられる!

ラム酒の『ラミー』とコニャックの『バッカス』

洋酒チョコと一口に言っても、中に入っているお酒の種類はいろいろだ。

ロッテ『ラミー』(3本入・想定小売価格 税込237円前後・2023年10月10日発売)
は、1965年発売のラムレーズン(ラム酒に漬け込んだレーズン)の洋酒チョコレート。

ラムレーズンと、生チョコをとじ込めた『ラミー』。アルコール分は3.7%。

一方『バッカス』(10粒入・想定小売価格 税込237円前後・2023年10月10日発売)は、1964年発売のブランデー入り洋酒チョコレート。

ブランデーのなかでも高級なコニャックをミルクチョコレートで包んだ、1粒タイプ。アルコール分は3.2%。

どちらも、60年近くものあいだ愛されてきたロングセラーの洋酒チョコレートだ。

ロッテの調査によると、洋酒チョコレート市場売上1位は『ラミー』、2位は『バッカス』とのこと(洋酒チョコレート市場 2019年4月~2023年3月累計 ブランド別販売金額)。

なお同社の調査・研究結果によると、『ラミー』はラムレーズンと「ブラックコーヒー」が、『バッカス』は「カフェオレ」と相性が良いことが分かったそうなので、参考まで。

[お酒は20歳になってから]

グルメ・レシピ
シェアする
特選街web 編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源にウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月からはハンドメイド・手作り実用書の老舗出版社・ブティック社が運営スタート。"暮らしの中でベストな商品を選ぶ"ためのヒントを、続々発信中!

特選街web 編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース