テレビとディスプレイの違い
液晶テレビはパソコンのモニターとして使える?

Q
手持ちの液晶テレビを、パソコンのモニターとして使うと経済的だと思うのですが、パソコン用の液晶ディスプレイを使うのと、液晶テレビをパソコンモニターとして使うのとでは、何か違いがあるのでしょうか?
(M・Tさん 東京都 50歳)

画像: テレビとディスプレイの違い 液晶テレビはパソコンのモニターとして使える?

A
──確かに、気になるところですね。これは、AVライターの鳥居一豊さんに聞きましょう。

鳥居
手持ちの液晶テレビをパソコン用のモニターにするのは、テレビの活用法として有効だと思います。

接続も、今ではパソコンもHDMI端子の搭載が一般的になっているので問題はありません。ノートパソコンなどの場合は、HDMI出力ではなくディスプレイポート出力などを持つモデルもありますが、これらも変換アダプターを使えばHDMI接続が可能です。

気になるパソコン用モニターとの違いですが、まずは色再現や輝度・コントラストが異なります。

液晶テレビは、テレビ放送などを美しく見るための絵作りとなっているので、正確な再現を重視するパソコンモニターとは、映像の見え方が異なります。

正確な色再現を求めるならば、sRGBなどの色域に対応したモデルが必要です。

輝度やコントラストは、スペック的な差はほとんどありませんが、暗部の再現性などで見え方が異なることがあります

──テレビをモニターとして使うと、何か問題はあるんですか?

鳥居
こうした画質的な違いは、単純に表示するだけならば問題ありませんが、デジタル一眼カメラで撮った写真の現像や加工などで使う場合、パソコン用モニターで見たときとは印象が異なる場合がありえます。

ただ、各メーカーの液晶テレビには、中級機以上ならば「PC」や「フォト」などのモードがあるので、パソコン用のモニターとして使うなら、そのモードを選ぶようにすれば正確な色再現が可能です。

このほか、液晶テレビで気をつけたいのは表示解像度です。パソコン用モニターに適した20V~30V型クラスの液晶テレビは、表示解像度が1366ドット×768ドットのものが大勢を占めます。

ところが、パソコン用モニターは、20V~30V型クラスでもフルHD以上の解像度を持つものが主流。それと比べると、液晶テレビは、高解像度写真の表示には不利です。手持ちの液晶テレビをモニターとして使う場合は、これらの点に気をつけるといいでしょう。

──液晶テレビを使うなら、中級機以上で、なるべく高解像度のものがいいんですね。了解しました!

This article is a sponsored article by
''.