パソコンを長く使っていると、だんだんと動作が遅く感じられるようになって、イライラとさせられることも増えてくるだろう。そんなときには、ここで紹介する激速化テクを、ぜひ試してみていただきたい。

❶「起動ドライブ」の空き容量を確保する

▶対応OS:10/8.1/7

システムが不安定な場合は、まず、起動ドライブの空き容量をチェックしよう。

Windowsが快適に動作するには、起動ドライブに十分な空き容量が必要なのだ。

もし空き容量がほとんどない場合は、ファイルを別のドライブに移動したり、使わない不要なアプリを削除したりして、空き容量の確保に努めたい。
 
Windows10の場合は、ファイルの保存場所を「設定」メニューの「システム」にある「ストレージ」で変更することができる。

例えば、「ドキュメント」の保存先などを別ドライブに設定しておけば、起動ドライブにファイルをため込むこともなくなるはずだ。

次に、試してほしいのが「アプリの削除」と「ディスククリーンアップ」。

不要なアプリをアンインストールしていけば、思いのほか空き容量が増やせるし、「ディスククリーンアップ」なら自動で不要なファイルを検索&削除できるので、手間もかからない。

保存場所の変更

画像: Windows10の「ストレージ」設定では、「ドキュメント」などの保存先を変更することができる。なお、既存のファイルは、あとから手動で新しい保存先に移動することになる。

Windows10の「ストレージ」設定では、「ドキュメント」などの保存先を変更することができる。なお、既存のファイルは、あとから手動で新しい保存先に移動することになる。

ディスククリーンアップ

本機能で不要なファイルを自動削除可能。エクスプローラーで目的のドライブを右クリックして、プロパティを選ぶ。

アプリの削除

画像: 「設定」メニューにある「アプリと機能」の設定画面。まずは、サイズが大きくて利用頻度の低いアプリから、削除を検討しよう。

「設定」メニューにある「アプリと機能」の設定画面。まずは、サイズが大きくて利用頻度の低いアプリから、削除を検討しよう。

❷「高速スタートアップ」で起動時間を爆速化する

▶対応OS:10/8.1

Windows8から加わった「高速スタートアップ」を有効にすると、シャットダウン状態からパソコンを素早く起ち上げられる。

もし、電源オフからの起動が遅いなら、本機能が無効になっている可能性があるので、設定内容を見直してみよう。

設定の確認は、「コントロールパネル」の「電源オプション」にある「シャットダウン設定」で可能。

「高速スタートアップ」が「無効」になっていたら、「有効」に切り替えておこう。

これで、次回からは、より高速にWindowsを起動できるはずだ。

「高速スタートアップ」をオン

画像: 「電源オプション」で「電源ボタンの動作を選択する」を選び、「現在利用可能ではない〜」をクリック。

「電源オプション」で「電源ボタンの動作を選択する」を選び、「現在利用可能ではない〜」をクリック。

画像: 「シャットダウン設定」のいちばん上の項目にチェックを入れればOK。

「シャットダウン設定」のいちばん上の項目にチェックを入れればOK。

❸「スタートアップアプリ」を無効化して起動を早める

▶対応OS:10

パソコンを長く使っているうちに、起動に時間がかかるようになったという経験を持つ人は多いだろう。

その原因として最も考えられるのが、「スタートアップアプリ」だ。

これは、パソコン起動時に自動的に起ち上がるアプリのことで、数が増えすぎるとシステムに過度な負荷をかけてしまい、起動時間を長引かせてしまう。

こうしたアプリの多くは、常駐アプリとしてタスクトレイにアイコンが表示されているが、中には、通常の方法では起動状態が確認できないものもあるから始末が悪い。

そんなときに役立つのが、システムツールの「タスクマネージャー」。

アプリの起動状態を確認できたり、アプリの切り替え操作ができたりするほか、スタートアップアプリの無効化も設定可能だ。

ただし、スタートアップアプリの中にはWindowsの基本動作に必要なアプリもあるので、やみくもに無効化するのは禁物。

明らかに不要なアプリから無効化していこう。これで、起動速度をある程度は短縮できるはずだ。

タスクマネージャー

画像: 「タスクバー」上で右クリックをして「タスクマネージャー」を起動。画面が表示されたら、画面上部にあるタブから「スタートアップ」の項目を選択する。

「タスクバー」上で右クリックをして「タスクマネージャー」を起動。画面が表示されたら、画面上部にあるタブから「スタートアップ」の項目を選択する。

画像: 無効化はアプリ名の右クリックメニューから選択可能。明らかに不要なアプリから検討しよう。各アプリのシステムへの負荷の度合いも表示されているので参考にするといい。

無効化はアプリ名の右クリックメニューから選択可能。明らかに不要なアプリから検討しよう。各アプリのシステムへの負荷の度合いも表示されているので参考にするといい。

バックグラウンドアプリの無効化

画像: バックグラウンドで動作するストアアプリの無効化も一定の効果がある。無効化の設定は、「設定」メニューの「プライバシー」→「バック グラウンド アプリ」の項目から行える。

バックグラウンドで動作するストアアプリの無効化も一定の効果がある。無効化の設定は、「設定」メニューの「プライバシー」→「バック グラウンド アプリ」の項目から行える。

❹「視覚効果」を無効化して動作パフォーマンスを高める

▶対応OS:10/8.1/7

Windowsには、ウインドウの動きを滑らかなアニメで表現するなど、目を引くエフェクト効果が多数用意されている。

しかし、こうした演出はパソコンに大きな負荷を生じさせる原因にもなりがちだ。

少しでもマシンのパフォーマンスを上げたいなら、こうした視覚効果は無効化しよう。

設定は簡単で、「コントロールパネル」の「システム」から「システムの詳細設定」を選択し、表示された画面の「パフォーマンス」→「設定」で「パフォーマンスを優先する」を選べばいい。

「パフォーマンス優先」に変更する

画像: 視覚効果の変更は「システムの詳細設定」の「パフォーマンス」→「設定」から行える。

視覚効果の変更は「システムの詳細設定」の「パフォーマンス」→「設定」から行える。

画像: 「パフォーマンスを優先する」を選べば、視覚効果をまとめて無効化できる。画面の見た目はシンプルになるが効果は絶大だ。

「パフォーマンスを優先する」を選べば、視覚効果をまとめて無効化できる。画面の見た目はシンプルになるが効果は絶大だ。

❺外付けHDDにあるファイルの検索を高速化する

▶対応OS:10/8.1/7

目的のデータを簡単に探し出せる「ファイル検索」は非常に便利だが、対象が外付けHDDの場合、検索に時間がかかるという点が困りもの。

そこで試してほしいのが「インデックスの作成」。

検索に必要なファイル情報をあらかじめ作成しておくことで、検索速度を飛躍的に向上させることができる。

インデックスの作成は「コントロールパネル」の「インデックスのオプション」から利用可能。
初回のインデックス作成には少々時間がかかるが、検索時間は見違えるほど短縮化するはずだ。

インデックスを作成するHDDを選択する

画像: インデックスを作成するHDDを選択する

インデックス作成はバックグランドで進行されるので、ほかの作業をしながらでも準備できる。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.