’80年代に大流行した横長コンパクトラジカセを模した、デジタルオーディオ対応のラジカセ。ラジオ(ワイドFM対応)、カセットテープのほか、USBメモリーとSDカードに保存したMP3ファイルの再生が可能。ブルートゥースにも対応しており、スマホの音楽などを本機で聴ける。見た目はレトロでも中身は最新だ。

サンスイ
SCR-B2
実売価格例:7770円

画像: ’80年代に大流行した横長コンパクトラジカセを模した、デジタルオーディオ対応のラジカセ。ラジオ(ワイドFM対応)、カセットテープのほか、USBメモリーとSDカードに保存したMP3ファイルの再生が可能。ブルートゥースにも対応しており、スマホの音楽などを本機で聴ける。 ●受信周波数/AM、FM●ブルートゥース/Ver.4.2(BLE)とVer.2.1+EDRに対応、対応プロファイル:A2DP、AVRCP、対応コーデック:SBC●USB・SD再生可能フォーマット/MP3●電源/AC 100V、単1電池×6●サイズ/幅317㎜×高さ115㎜×奥行き95㎜●重量/約1.2㎏

’80年代に大流行した横長コンパクトラジカセを模した、デジタルオーディオ対応のラジカセ。ラジオ(ワイドFM対応)、カセットテープのほか、USBメモリーとSDカードに保存したMP3ファイルの再生が可能。ブルートゥースにも対応しており、スマホの音楽などを本機で聴ける。
●受信周波数/AM、FM●ブルートゥース/Ver.4.2(BLE)とVer.2.1+EDRに対応、対応プロファイル:A2DP、AVRCP、対応コーデック:SBC●USB・SD再生可能フォーマット/MP3●電源/AC
100V、単1電池×6●サイズ/幅317㎜×高さ115㎜×奥行き95㎜●重量/約1.2㎏

単1電池でも駆動するので災害時にも役立ちそう

カセット部分はシンプルな仕様で再生も録音もノーマルテープのみに対応。本体上面に配置されるカセットの操作ボタンも、’80年代当時と同じ仕様なので、ある程度の世代以上は説明書なしで使えるはず。

内蔵ソースとしてはラジオと、USB、SDカードのデジタルオーディオ再生に対応しており、これらをカセットテープで録音することができる。ラジカセ全盛時代のように、深夜ラジオのカセット録音が、今また楽しめる。ソースを指定しないで録音ボタンを押した場合には、内蔵マイクでの録音が開始されるのも、当時のラジカセと同じだ。

カセットを再生した場合の音質も’80年代テイストで、このサイズのラジカセとしては十分という感じ。まじめに音質を追うというより、手軽にカセットやデジタルオーディオを楽しむための機器である。

ブルートゥースを搭載しており、スマホなどから音楽データを受け取って、本機で鳴らすことが可能。通常はAC電源駆動だが、単1電池4本でも作動する。その場合、ラジオなら90時間の再生ができるので、災害への備えにもなりそうである。

●’80年代テイストの操作系

画像: 本体上面のカセットの操作系は、当時と同じ「ガシャン」と押すタイプ。録音を押すと再生も下がるなど、昔懐かしいスタイルである。

本体上面のカセットの操作系は、当時と同じ「ガシャン」と押すタイプ。録音を押すと再生も下がるなど、昔懐かしいスタイルである。

●USB、SDカードに対応

画像: 本体天面にUSB端子とSDカードスロットを装備。USBメモリーやSDカードに保存したMP3音声を再生することができる。

本体天面にUSB端子とSDカードスロットを装備。USBメモリーやSDカードに保存したMP3音声を再生することができる。

●ブルートゥース受信が可能

画像: ブルートゥースを搭載しており、スマホなどと連係可能。セレクターを「BT/USB/SD」にし、スマホで本機を見つけてペアリング完了となる。

ブルートゥースを搭載しており、スマホなどと連係可能。セレクターを「BT/USB/SD」にし、スマホで本機を見つけてペアリング完了となる。

●機動性のいい乾電池駆動

画像: 往年のラジカセと同様に、単1電池4本でワイヤレス駆動が可能。カセットの再生なら約50時間、ラジオの再生なら約90時間駆動できる。

往年のラジカセと同様に、単1電池4本でワイヤレス駆動が可能。カセットの再生なら約50時間、ラジオの再生なら約90時間駆動できる。

解説/福多利夫(フリーライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.