バドミントン用品で世界的に圧倒的シェアを持つヨネックスが、そのカーボン成形の技術を応用し、スポーツサイクル市場に参入したのが2014年。ラケットやゴルフクラブの性能向上に貢献した新カーボン「Namd」(エヌアムド)を採用したロードバイクフレーム「AEROFLIGHT」(エアロフライト)のスペックが、満を持して公開された。2019年1月中旬より、70万円(税抜)で発売される予定。「楽に、速く」を実現する注目の逸品だ。(特選街web編集部)
画像1: ヨネックスの自転車 カーボンエアロロードバイクフレーム「AEROFLIGHT」(エアロフライト)の性能と価格
画像2: ヨネックスの自転車 カーボンエアロロードバイクフレーム「AEROFLIGHT」(エアロフライト)の性能と価格

空力性能はモータースポーツからの技術を応用

ヨネックスから、フレーム形状を流線形にすることで空気抵抗を減らし、よりレース向けとなっているロードバイクフレーム「AEROFLIGHT」(エアロフライト)が、2019年1月中旬より70万円(税抜)で発売される。

空力性能はモータースポーツからの技術を応用し、4年の開発期間で30種類以上の形状を試作。風洞実験を重ねて従来製品より空気抵抗を約20%低減。

従来製品の技術や形状に加え、ラケットやゴルフクラブにの性能向上に貢献した新カーボン「Namd」(エヌアムド)などの新素材を採用。エアロ形状化による重量増加を抑え、高速走行時のショックを緩和させている。従来製品の「軽量」「推進力」「快適性」はそのまま、瞬時の加速と高速巡行と安定性が向上。より楽に、速くを実現したフレームだ。

製造は新潟県長岡市の自社工場で一貫生産。「Made in Japan」の高品質をアピールする。

「Namd」はニッタ社が開発した「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する先進の技術で、ヨネックスのラケット、ゴルフシャフトに採用され性能向上に寄与している。

エアロフライトにはNamdをフロントフォークのコラムとブレード前後に複合し、強い入力に対し、大きくしなって素早く戻る特性が、路面からの衝撃や突き上げを緩和。また反発性と衝撃吸収力をあわせもつ素材「バイブスレーヤーカーボン」をトップチューブなどに複合し、サドルに伝わる振動を低減させている。サイズはXS、S、M、Lの4サイズ、カラーはブルー/グリーンとグラファイトの2種類のカラーが設定されている。

最新技術が惜しみなく注ぎ込まれ、新潟県長岡市の自社工場で一貫生産されたMade in Japanのロードバイクフレームに注目だ。

●通常のカーボンとNamdとの比較とバイブスレーヤーカーボン使用部分

画像: カーボンの間に衝撃吸収材を何層にも挟み込んだ複合素材がバイブスレーヤーカーボン。

カーボンの間に衝撃吸収材を何層にも挟み込んだ複合素材がバイブスレーヤーカーボン。

●寸法表

画像: ●寸法表

情報提供元/@Press、ヨネックス株式会社

This article is a sponsored article by
''.