アップルが9月に発売したiPhoneの最新モデルで、iPhone史上最大の6・5型ディスプレイを搭載。パフォーマンスを大幅に向上させたA12チップを搭載し、カメラ性能も進化したiPhone XS Maxを徹底テストした。

画面の視認性は抜群!カメラはセンサーを一新

アップル iPhone XS Max
実売価格例:13万4784円(64GB)

●プロフィール
アップルが9月に発売したiPhoneの最新モデルで、iPhone史上最大の6・5型ディスプレイを搭載。パフォーマンスを大幅に向上させたA12チップを搭載し、カメラ性能も進化。IP68等級の防塵・防水性能も備えている。

ここがマル〇 画面の見やすさは、iPhone史上最良といえる。カメラの撮影画質も大幅に向上しており、撮った写真・動画の見る楽しさもアップしている。

ここがバツ✖  現在、iPhone7などを使っている人は、ホームボタンがなくなることにより操作方法が変わるので要注意。端末価格の割高感も否めない。

画像: フロントパネルのほとんどを占める有機ELの「Super Retina HDディスプレイ」を採用。上部のノッチ(切り欠き)部には、カメラやセンサーを搭載する。SPEC●サイズ/幅77.4㎜×高さ157.5㎜×厚さ7.7㎜●重量/208g●チップ/A12 Bionic●ディスプレイ/6.5型(2688ドット×1242ドット)●アウトカメラ/1200万画素×2(広角と望遠)●インカメラ/700万画素

フロントパネルのほとんどを占める有機ELの「Super Retina HDディスプレイ」を採用。上部のノッチ(切り欠き)部には、カメラやセンサーを搭載する。SPEC●サイズ/幅77.4㎜×高さ157.5㎜×厚さ7.7㎜●重量/208g●チップ/A12 Bionic●ディスプレイ/6.5型(2688ドット×1242ドット)●アウトカメラ/1200万画素×2(広角と望遠)●インカメラ/700万画素

iPhone Xの後継モデルとして、iPhone XSとiPhone XS Max の2モデルが発売された。XSは、Xと同じく5・8型の画面を採用しているが、XS Maxは6・5型の大画面を搭載している。数値を聞くと、かなり大きい印象があるが、狭額縁を採用したことで横幅は77・4ミリに抑えられており、5・5型のiPhone8Pulas(78・1ミリ)よりも、わずかに細くなっている。

また、XS Maxは、画面の拡大表示も利用できる。これは、画面のレイアウトを変えることなく、アイコンや文字を大きく表示する機能だ。実は、XSにはこの機能がないため、文字が読みづらい場合は、文字サイズを調整したり、ズーム機能を使ったりなど、操作にやや手間がかかる。その点、XS Maxは、画面の見やすさを重視する人には好適といえそうだ。

カメラの有効画素数はXと同じだが、センサーを一新し、画像処理エンジンを改良するなど、中身は大きく進化したという。実際に撮影してみると、夜景を撮影した際に、白い部分が飛ばずにディテールまで描写できるようになり、また、フラッシュなしで夜景+人物をバランスよく撮影できるようにもなっている。

■スマートHDRで夜景もキレイに!

新しい画像処理や高度なアルゴリムにより、写真の明部と暗部をバランスよく表現する「スマートHDR」を実現。夜景の撮影画質も向上した。

F値を調整してボケ具合を調整できる機能は、ふだんデジタル一眼を使っている人には親しみやすいだろう。背景ボケは、他メーカーのスマホでも導入されているが、iPhoneのボケは非常にナチュラルだ。

■デュアルカメラのボケ効果が進化

背面に搭載されたデュアルカメラは、画像センサーが大型化し、画質向上が図られた。ユーザーの任意で被写界深度の調整も可能になった。

内蔵スピーカーは厚みのある再生音

XS/XS Maxは、いずれも内蔵スピーカーの音質が向上しているという。聴き比べたところ、XSの音質は前モデルからの進化はさほど感じられなかったが、XS Maxは、より大きく厚みのある音で再生できるようになった印象だ。動画を見ることが多い人には、うれしい進化といえよう。

バッテリーのスペックは、「インターネット利用:最大13時間」となっていて、実使用では、ほぼ1日だと考えておいたほうがいいだろう。

●テキスト/村元正剛 (ITライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.