今期のプリンター新製品ラッシュでは、特定の用途専用に特化したユニークなモデルに大注目!スマホサイズで持ち歩け、高画質なフルカラープリントができる機種や、スマホアプリと連係してフォトプリントもできるハガキ専用機種など、ユーザー次第で最高に活躍できる個性派が新登場した。

インク不要!撮ったらその場でプリントできるスマホ専用プリンターが楽しい!

今期の新製品には、特定の用途に役立つユニークなモデルもある。
まず、キヤノンの「iNSPiC」は、スマホ専用のモバイルフォトプリンター。バッテリーを内蔵しており、スマホとはブルートゥースで接続する。モバイルバッテリーからの充電にも対応している。インクカートリッジを必要としない「ZINKフォトペーパー」を採用し、高画質なフルカラープリントが可能だ。スマホと一緒に持ち歩けば、写真を撮ったその場で、写真をプリントして配るといった楽しみ方もできる。

キヤノン『 iNSPiC PV-123 』

画像: エプソンの年賀状専用プリンターならPCもスマホも不要!個性派プリンターが面白い

わずか160グラムでどこでも気軽にプリント

インク不要の専用紙を使うフォトプリンター。内蔵バッテリーで約20枚のプリントが可能。外出先でスマホ写真をプリントできる。(実売価格例:1万7150円)

年賀状はお任せ!専門プリンターならPC・スマホ不要!

エプソンの「PF-81」は、年賀状シーズンに合わせたハガキ専用プリンターだ。9.0型のタッチパネルと、専用キーボードを備え、ハガキ印刷の各種テンプレートも内蔵。パソコンもスマホも使わずに年賀状印刷が可能。スマホアプリとも連係しており、フォトプリントもできる。

エプソン『 PF-81 』

画像: エプソン『 PF-81 』

年賀状が単体で作れる

ハガキをプリントできるミニプリンター。9.0型タッチパネル液晶と専用キーボードを搭載。各種テンプレートも内蔵する。(実売価格例:5万8740円)

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.