ワードで、短く的確に、読みやすい文書にまとめるときは箇条書きが有効だ。長い文を書くときも、箇条書きで見出しを書き出して、あとから本文を埋めていくといい。その際、行頭(見出しのアタマ)を見やすく整えるのは手間がかかる。そんな箇条書きの文書を見やすく整えるときに役立つ、あまり知られていない便利テクを紹介する。

箇条書きの文書を見やすく整えるときに役立つ、あまり知られていない便利テク

短く的確に、読みやすい文書にまとめるときは箇条書きが有効だ。長い文を書くときも、箇条書きで見出しを書き出して、あとから本文を埋めていくといい。その際、行頭(見出しのアタマ)を見やすく整えるのは手間がかかる。1項目ずつマウスで選択して書体や文字サイズ、文字修飾を変えるのはめんどうだ。

そんなとき、このワザを使ってほしい。 ただし、横方向の選択幅は一定なので、行頭の記号や文字を統一しておくのがコツ。

行頭を縦にまとめて選択する

画像1: 行頭を縦にまとめて選択する
画像2: 行頭を縦にまとめて選択する

※掲載している画面写真は、「ワード2016」のものです。

解説/下島朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.