スマホを使っていく上で、ネットワーク経由での情報漏えい、端末が第三者の手に渡ることによる情報漏えいなど、いろいろな場面を想定する必要がある。ここでは、今すぐできる、スマホユーザー必須のセキュリティ対策を3つ紹介する。

手っ取り早いセキュリティ対策を教えて!

ネットワーク経由での情報漏えい、端末が第三者の手に渡ることによる情報漏えいなど、いろいろな場面を想定する必要がある。ネットワーク経由の情報漏えいは、iPhoneでもAndroidでも、OS自体のセキュリティの不備を突かれることで起こる場合が多い。

iPhoneAndroid

→OSのアップデートやパスコードの桁数増が効果的

●常に最新のOSにしておく

そこを埋めるには、OSを最新状態に保つことが重要。具体的には、スマホの「自動アップデート」を有効にして、OSを常に最新状態にしておくといいだろう。

画像: 「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」で、最新OSの有無を確認し、ダウンロードとインストールができる。

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」で、最新OSの有無を確認し、ダウンロードとインストールができる。

画像: 「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」で、最新OSへのアップデートが可能。「セキュリティアップデート」も適用する。

「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」で、最新OSへのアップデートが可能。「セキュリティアップデート」も適用する。

●パスワードの桁数を増やす

また、端末が第三者の手に渡ったときを想定して、ロック解除のパスコードを強固にしておくほうがいい。4~6桁の数字ではなく、10桁以上にしておくのが理想的だ。iPhoneなら「パスコードオプション」、Androidなら「ロック解除方法を変更」でパスコードの桁数を増やす設定ができる。

画像: 「設定」→「Face IDとパスコード」→「パスコードの変更」→「パスコードオプション」で「カスタムの英数字コード」を選択する。

「設定」→「Face IDとパスコード」→「パスコードの変更」→「パスコードオプション」で「カスタムの英数字コード」を選択する。

画像: 「設定」→「セキュリティ」から「ロック解除方法を変更」へと進み、「パスワード」を選択し、10桁以上のパスワードに設定する。

「設定」→「セキュリティ」から「ロック解除方法を変更」へと進み、「パスワード」を選択し、10桁以上のパスワードに設定する。

●GPS追跡機能をオンにする

そのほか、なくしてしまった端末を見つける方法として、iPhoneの「iPhoneを探す」、Androidの「端末を探す」を有効にしておくのも重要。こうしておけば、別のスマホやパソコンを使って、紛失してしまった端末の位置情報を取得でき、アラームを鳴らしたり、端末をロックしたりすることで情報漏洩を防ぐことが可能となる。

画像: 「設定」→「ユーザー」→「iCloud」→「iPhoneを探す」をオンにする。別の端末の「iPhoneを探す」アプリで紛失端末の位置がわかる。

「設定」→「ユーザー」→「iCloud」→「iPhoneを探す」をオンにする。別の端末の「iPhoneを探す」アプリで紛失端末の位置がわかる。

画像: 「設定」→「セキュリティ」→「端末を探す」をオンにする。Googleサイトの「端末を探す」を使えば、紛失端末の位置がわかる。

「設定」→「セキュリティ」→「端末を探す」をオンにする。Googleサイトの「端末を探す」を使えば、紛失端末の位置がわかる。

画像: ●GPS追跡機能をオンにする

※掲載している画面は、iPhone、Androidの機種によって仕様が異なる場合があります。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.