パナソニック「ビエラGX850/GX750シリーズ」 は、新4K衛星放送(BS/110度CS)用のチューナーを内蔵し、話題の4K放送を手軽に視聴できる4K液晶テレビ。別売りの外付けハードディスクを接続すれば、4K放送の録画も可能だ。

4K衛星放送用のチューナーを内蔵した液晶テレビの最新モデル

パナソニックは、4K液晶テレビの新製品として、「4Kビエラ GX850シリーズ」と「同GX750シリーズ」を発売した。どちらも、新4K衛星放送(BS/110度CS)用のチューナーを内蔵しており、話題の4K放送を手軽に視聴できる。

パナソニック
ビエラGX850/GX750シリーズ

●発売日:1月25日(GX850シリーズの43V型は、2月22日)
●実売価格:GX850シリーズ=18万3600~32万7400円程度、GX750シリーズ=14万6000~16万6800円程度

画像: TH-65GX850

TH-65GX850

外付けハードディスク(別売)を接続すれば、4K放送の録画も可能だ。上位モデル「GX850」は、地デジなどのSDR映像をHDRのような高コントラスト映像に変換する「AI HDRリマスター」を搭載。「ドルビーアトモス」にも対応しており、テレビのスピーカーのみで包み込むような立体音響が楽しめる。

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-981

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.