プラネックスコミュニケーションズ「SpotCam-FHD/FHD-Pro」は、200万画素CMOSセンサーを搭載し、フルHD画質の鮮明な映像を撮影することができるネットワークカメラ。映像は、クラウドに自動保存される。

24時間分の映像をクラウドに無料保存できるネットワークカメラ

プラネックスコミュニケーションズは、台湾・SpotCam社製のネットワークカメラ「SpotCam-FHD」と「同FHD-Pro」の国内販売を開始した。どちらも、200万画素CMOSセンサーを搭載しており、フルHD画質の鮮明な映像を撮影することができる。

プラネックスコミュニケーションズ
SpotCam-FHD/FHD-Pro

●発売日:1月18日
●実売価格:FHD=2万700円程度、FHD-Pro=2万4000円程度

画像: FHD(左、中央)、FHD-Pro(右)

FHD(左、中央)、FHD-Pro(右)

映像は、クラウドに自動保存されるので、スマホやパソコンを使って手軽に確認できるだけでなく、共有も簡単に行える。映像の保存は、24時間分が無料で、有料のオプションプラン(3日/7日/30日)も用意されている。「FHD-Pro」は、防塵・防水設計なので、屋外への設置も可能だ。

●問い合わせ先:プラネックスコミュニケーションズ⇒http://www.planex.co.jp/

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.