もともと太っていた人はダイエットでやせても太りやすいそうです。ダイエット後も「これ以上太らないように」と考案したのが、腹ペタスープです。1日のうちの1食をこのスープに変えるだけで、「勝手にダイエット」できてしまいます。【解説】藤井香江(40代から美しくやせる!簡単ダイエットの専門家)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

藤井香江(ふじい・かえ)
40代から美しくやせる! 簡単ダイエットの専門家、スリムデザイナー、美容編集&ライター。半年間で20㎏のダイエットに成功し、20年以上キープ。ジュースやスープによる独自の食事法を開発し、二度と太らない体質と健康を維持。食べても飲んでもやせて、リバウンドなしの簡単メソッドが男女問わず好評。「毎日の暮らしをラクにする」をテーマに、雑誌やWEB連載、テレビなど、多方面で活躍中。近著に『作りおきで、かんたん!「腹ペタスープ」ダイエット』(講談社刊)がある。https://ameblo.jp/kae-recipe

太りやすい体質でも一生太らないためのスープ

40代、50代になると、代謝が落ちて、どうしても太りやすくなります。太りやすい体質の人なら、なおさらです。

そんな人でも、今回ご紹介する「腹ペタスープ」を続けたら、太らない体質に変われるかもしれません。

実は、私自身、子どものころからぽっちゃりタイプで、太りやすい体質でした。20代の頃は体重が70kg(身長は160cm)もあり、半年で20kg以上のダイエットに成功しました。

もともと太っていた人は、ダイエットでやせても太りやすいそうです。私はその後も、妊娠したり、ちょっと気を抜いたりすると、3kgくらいはすぐに太ってしまい、なかなか体重が安定しませんでした。

ですから、ダイエット後も、「これ以上太らないように」と、毎日が戦いの日々でした。

そんな私が自分のために考案したのが、腹ペタスープです。このスープには、私がダイエットの経験で得た知識がすべて注ぎ込まれています。

腹ペタスープは、6種類の野菜と2種類の香辛料、コンブと塩があれば簡単に作れます。これを作ってストックしておけば、後は水を加えて好みの味付けをして、電子レンジで温めるだけ。

忙しくて料理をする暇のないかた、料理が苦手なかた、料理をしたことのない男性でも作れます。

しかも、おいしくて栄養満点。1日のうちの1食をこのスープに変えるだけで、「勝手にダイエット」できてしまいます。

私は、このスープを食べるようになってから、体重の上がり下がりがなくなり、ずっと48kgのベスト体重を維持しています。お通じもよくなり、肌のトラブルもなくなりました。

わが家では、この10年間、このスープを切らしたことがありません。

不足しがちな栄養が一皿でとれる

私は、栄養不足や栄養のアンバランスがあると、代謝が悪くなってやせにくくなると考えています。

腹ペタスープの材料である6種類の野菜は、ビタミンやミネラルが豊富で、栄養のバランス改善に役立ちますし、それぞれにすばらしい効用があります。

画像1: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

【ニンジン】免疫力(病気に対する抵抗力)を高めるβ‐カロテンが豊富です。皮膚の新陳代謝を促して、肌に潤いをもたらしてくれます。

画像2: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

【タマネギ】抗酸化作用のあるファイトケミカル(植物に含まれる化学物質。さまざまな機能がある)が多く、体の酸化を防いで代謝を上げてくれます。

また、血液をサラサラにしたり、血糖値を下げたりする作用もあります。

画像3: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

【ミニトマト】赤い色素のリコピンも抗酸化力が強く、シミの素になるメラニンの生成を抑制したり、コラーゲンの減少を食い止めたりします。また酸味があるので、塩分を抑える効果もあります。

腹ペタスープを作るときは、トマトより、煮くずれないミニトマトがお勧めです。

画像4: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

【ブロッコリー】
約200種類のファイトケミカルを含む「野菜の王様」です。高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。栄養豊富で栄養のバランスもよいので、私は普段からサプリ感覚で食べています。

画像5: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

【キャベツ】キャベジンと呼ばれるビタミンUが胃粘膜を健康にし、胃液の分泌を抑制します。胃腸の働きがよければ、とった栄養がスムーズに消化吸収されます。ボリュームがあるので、満腹感が得られます。

画像6: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

【ダイコン】
食物繊維が多く、便通を改善して体内の毒素を排出します。煮くずれないので嚙みごたえがあり、満足感が得られます。

これに加える香辛料のショウガとニンニクは、ともに脂肪燃焼効果があり、冷えを改善します。ニンニクのにおい成分には、免疫力を強化する作用も。また、ニンニク、ショウガを加えることで塩分が抑えられ、素材の味が引き立ちます。

さらに、だしに使うコンブは、ミネラルと食物繊維が豊富です。ですから、コンブも捨てずに食べてください。

3ステップですぐ作れる「腹ペタスープ」の作り方

画像7: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

【材料】(5食分)
タマネギ……大2個、ニンジン……大1本
キャベツ……1/4個、ダイコン……1/4本
ブロッコリー……1株、ミニトマト……5~8個
ニンニク……1片、ショウガ……1かけ
コンブ(6cm角)……2枚 
水……150ml、塩……小さじ1/2
※トマトは、ミニトマトがお勧め。ミニトマトのほうがスープがおいしく出来上がる。
※ニンニクは苦手なら入れなくてもよい。
※チューブタイプのニンニクやショウガを使う場合は、ニンニク小さじ1(チューブから出して2~3cm)、ショウガ大さじ1(チューブから出して4~5cm)を目安にする。

《腹ペタスープの素の作り方》

画像8: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

野菜を切る
タマネギ、キャベツ……1.5cm角に切る。
ニンジン、ダイコン……よく洗い、皮付きのまま1.5cm角に切る。
ブロッコリー……房の部分を小房に分ける。
ミニトマト……ヘタを取る。
ニンニク、ショウガ……薄切りにする。
※ブロッコリーの茎の部分も使いたい場合は、茎の外の皮をむいてから、適当な大きさに切る。

画像9: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

野菜を煮る
大きめの鍋に処理した野菜すべてとコンブ、水を入れて、全体に塩を振る。

鍋にぴったりとふたをして、中火で加熱する。

騰してきたら弱火にし、そのまま30分ほど煮る。
※コンブは水に浸るように入れる。
※出来上がりで、ブロッコリーの色を鮮やかにしたい場合は、火を止める3分前にブロッコリーを加えるとよい。

画像10: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

出来上がり
火を止め、ふたをしたまま、10分ほど蒸らせば出来上がり!

《保存方法》

画像11: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

◀︎冷蔵の場合:保存期間5日間
粗熱を取り、コンブは食べやすい大きさに切って、汁ごと保存容器に入れ、冷蔵庫で保管する。

画像12: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

◀︎冷凍の場合:保存期間3週間
粗熱を取り、コンブは食べやすい大きさに切って、汁ごと1食分ずつ冷凍用の保存袋に入れて冷凍する。食べるときは冷蔵庫で自然解凍、または電子レンジで5分ほど加熱してから調理する。
粗熱を取り、コンブは食べやすい大きさに切って、汁ごと1食分ずつ冷凍用の保存袋に入れて冷凍する。食べるときは冷蔵庫で自然解凍、または電子レンジで5分ほど加熱してから調理する。

《基本の食べ方》

画像13: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

作ったスープの素に、水と調味料を加えて温めるだけ!

【材料】(1皿分)
腹ペタスープの素……1カップ
好みのスープの素(鶏ガラスープやコンソメなど)……小さじ1/2~1
水……150ml

【作り方】
耐熱の器にすべての材料を入れ、ラップをふんわりかけて、電子レンジ(600W)で2分30秒ほど加熱し、混ぜる。
※すべての材料を鍋に入れて温めても、もちろんOK。

《食べ方のポイント》

画像14: 【ダイエットスープ】太りやすい体質でも勝手に痩せる!簡単「腹ペタスープ」のレシピ

●基本的にはいつ食べてもよい。
●1日に1杯食べるのが基本だが、それ以上食べてもよい。
●ダイエットが目的の場合は、夕食をこのスープに置き換えると効果的。おなかがいっぱいになるまで、スープは何杯食べても大丈夫!
●基本の食べ方以外に、みそやカレー粉、酢などで味付けしてもおいしい。スープ自体にうま味がしっかりあるので、味付けをせずに食べても、もちろんOK。
●食べるときに、他の具材をプラスしてもOK。キノコやノリ、キムチ、肉、ツナなどを加えても。どんな具材ともよく合うので、工夫しだいで、食べ方のアレンジは無限大!

夫のコレステロール値やγ‐GTPが正常化

腹ペタスープの作り方は、上記でご紹介しているとおりです。まずはスープの素を作り、食べるときは水と調味料を足して温める、というのが基本です。

「野菜に対して、水の量が少ないのでは?」と思うかたもいるかもしれません。でも、少なめの水で作るのが、おいしさの秘訣なのです。

水の量を少なくしても、食べるときに水を加えるので問題ありませんし、水を少なくすることで、野菜にうま味がギュッと閉じ込められ、温めたときに、そのうま味が、スープにジュワッと出てきます。

反対に、水が多いと傷みやすく、時間がたったときに野菜から雑味が出て味が濁ってきます。また、かさばって重く、保存に場所を取るのも難点です。

少ない水で作ったほうが、作りおきをしても、ずっとおいしく食べられますので、ぜひ一度お試しください。

食べるときは、スープの素に水を足し、好みの調味料で味付けします。みそを加えればみそ汁に、鶏ガラスープを加えれば中華風に、コンソメを加えれば洋風の味になります。雑味がないので、和洋中どんな味にもなじみます。もちろん、味付けをしなくても、十分おいしく食べられます。

スープに使う野菜は、ご紹介した6種類が、味のバランスもよくベストですが、キャベツをハクサイに換えるなど、季節の野菜を使ってもかまいません。

ただし、キノコ類はキノコの味が強いので、別鍋でキノコを煮て合わせるか、温め直すときに足したほうがいいでしょう。鶏肉や豚肉、厚揚げ、豆類などを加えると、たんぱく質も一緒にとれて、さらに栄養価がアップします。

これを、1日1回は食べてください。いつ食べてもいいですが、ダイエットが目的なら、夜食べることをお勧めします。また、食事の最初に食べると、ご飯などの主食を減らせます。

私の夫は帰りが遅く、いつも夕食を遅い時間にとっていました。そのため太っていて、10年ほど前の健康診断では、病院の再検査が必要なE判定でした。特にγ‐GTPが異常に高く、コレステロール値も正常値を超えていました。

そこで夫に、夕食に腹ペタスープを食べてもらい、遅い時間の夕食はスープだけにしました。野菜嫌いの夫は、最初はいやそうでしたが、5日もすると自分から食べるようになりました。

3ヵ月後、体重は6kg(66kg→60kg)も落ち、病院を再受診したら、γ‐GTPもコレステロール値も正常値内に入っていました。夫は今も腹ペタスープを続けています。

このスープを勧めたかたたちからも好評で、「便通がよくなった」「肌が荒れなくなった」「ご主人がやせられた」など、いろいろな声を聞きます。

でも、簡単でおいしいことが一番。工夫しだいでいろいろなスープが楽しめて、毎日飽きずに続けられます。

これを食べるだけで、体の中からキレイになったような気がしますよ。

画像: この記事は『安心』2019年3月号に掲載されています。

この記事は『安心』2019年3月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.