重ね煮は皮まで使うからムダも出ません。食物繊維を多く含むので、便秘改善やダイエット効果も期待できるでしょう。そして何より重ね煮はおいしい。これは大事なことで、おいしいから楽しい、楽しいから続けられます。【解説】昇幹夫(産婦人科医・麻酔科医)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

昇幹夫(のぼり・みきお)産婦人科医・麻酔科医。大阪などで産婦人科診療をしながら、日本笑い学会の副会長として笑いの医学的効用を研究。著書多数。

アトピーが治ると評判の宿だった

私が船越康弘さんに出会ったのは、今から25年前。知人が「おもしろい人がいる」と、船越さんが営む自然料理の宿「百姓屋敷わら」(以下、わら)を教えてくれたのです。

その当時わらは、「アトピーの宿」としても知られていました。食事で体を健康にすることを食養と言いますが、わらの食養料理でアトピーが治った人がたくさんいたからです。

私が初めて「重ね煮」を口にしたのは、わらで「豆腐のハンバーグ」を食べたときだったと思います。ハンバーグの具材に重ね煮が入っていたのです。お肉は入っていませんが、味はまるで本物のハンバーグ。単純においしいと思いました。

そして、食材を蒸し煮するだけで重ね煮ができると聞き、「こんなにおいしいものがそんなに簡単にできるなんて」と感動したのです。

重ね煮はいろいろな料理に展開でき、これさえあれば5品も10品も簡単に作れてしまいます。皮まで使うからムダも出ません。食物繊維を多く含むので、便秘改善やダイエット効果も期待できるでしょう。

そして何より重ね煮はおいしい。これは大事なことで、おいしいから楽しい、楽しいから続けられます。そして続けるうちに、重ね煮の本質がわかってくるのです。

重ね煮の本質とは、食の本質。食の本質とは「命をいただく」ということ。命をいただくから、私たちは健康になるのです。

気持ちの力を教えてくれる料理

佐藤初女さんという女性をご存じでしょうか。佐藤さんは悩みや苦しみを抱える人々を施設に受け入れ、彼らに手料理をふるまい続けてきました。自殺を考えていた青年は、佐藤さんの握ったおむすびを食べて、自殺を思いとどまったそうです。

佐藤さんは、食事というものをどのように考えていたのでしょう。私は生前の佐藤さんから、次のような話を聞く機会に恵まれました。

「スーパーには、農薬や除草剤が使われた野菜たちも並んでいます。野菜の気持ちになれば、できれば農薬や除草剤を使われたくなかったでしょう。

でも、野菜たちが命を投げ出して、私たちの目の前に来てくれたのです。そこには感謝しかありません。

農薬を使っているか使っていないかを気にする前に、食材に感謝の気持ちを持つこと。それがいちばん大事な視点です」

たいせつなのは心の持ち方。実は、これは病気との向き合い方でも同じなのです。私は多くのガン患者さんと接してきましたが、ガンが改善する人には「病気を肯定する」という共通点があります。

病気を「これまでの生き方が間違っていた」という体からのメッセージと捉え、今までの考えや生活を改めた人は、ガンがよくなる場合が多いのです。

数字では測れない、気持ちの力は間違いなくあります。重ね煮は、その力を私たちに教えてくれる料理なのです。

画像: 重ね煮は、食べることの本質を教えてくれる

重ね煮は、食べることの本質を教えてくれる

画像: この記事は『ゆほびか』2019年4月号に掲載されています。

この記事は『ゆほびか』2019年4月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.