パソコンやスマホで音楽を聴く最大のメリットは「CDなどに比べて圧倒的に使い勝手がいい」ということ。気になるのは、CDより音質が落ちるのでは?というところだろうが、保存方法によってほとんど音質の差はなくなる。さらにCDより高音質な「ハイレゾ」という音源も購入できるのだ。

パソコンやスマホで音楽を聴くメリットって?

画像: パソコンやスマホで音楽を聴くメリットって?

パソコンやスマホを使った音楽再生にはいくつかの方法があり、当然ながらそれぞれにメリットがあるのだが、どれにも共通していえるのは、CDなどの従来メディアに比べて、圧倒的に使い勝手がいいということだ。

聴きたいアルバムごとにいちいちディスクを入れ替える必要もないし、プレイリスト(再生する順番を決めたリスト)を作成すれば、別々のアルバムの中から好きな曲だけを集めて再生することもできる。

アーティスト別、ジャンル別といった曲の管理もしやすいし、ディスクの収納スペースの確保や持ち歩きなどの苦労も当然ない。

インターネットを活用できるメリットも多い。例えば、今話題の定額音楽配信サービスなら、曲の再生に合わせた歌詞表示に対応しているし、ジャケットアートを見たり、関連情報を閲覧したりすることも容易だ。

さらに、さまざまな音源を試聴して購入したり、ストリーミング(※)再生したりできるので、知らない音楽に触れる機会が増えるというメリットもある。
※ストリーミングとは…音楽や動画などのマルチメディアデータをインターネットからダウンロードしながら同時に再生する技術のこと。

CDより音質が落ちる?

非圧縮の形式で保存すれば音質の差はほぼない

CDに比べて音質が落ちるのでは?と心配する人もいるが、例えば、CDを取り込む場合、非圧縮のWAV(ワブ)やロスレス圧縮のFLAC(フラック)という形式で曲のデータを保存すれば、CDとの音質の差はほとんどないといっていい。 

一方、圧縮率が高く、ファイルのサイズを小さくできるMP3やAACといった形式もあり、こちらはCDに比べると音質的に不利になるが、そのぶん、より多くの楽曲を保存することが可能。さらに、CDを超える高音質な再生を求める人は、「ハイレゾ」と呼ばれる音源を購入することもできる。

ポイント
パソコン&スマホオーディオのメリットはこんなにある!

  1. 聴きたい曲をスピーディに再生できる
  2. 曲の管理や検索が便利
  3. 曲に合わせて歌詞を表示できる
  4. 曲やアーティストの情報を簡単に調べることができる
  5. 知らない音楽に触れる機会が増える
画像: ポイント パソコン&スマホオーディオのメリットはこんなにある!

解説/鳥居一豊(AVライター)イラスト/中山昭(絵仕事 界屋)

This article is a sponsored article by
''.