【スマホ写真の保存方法】おすすめは「クラウド」利用 PCを持っていなくてもバックアップできる

ガジェット

スマホで撮影した写真はクラウドに保存するのがオススメだ。パソコンを持っていなくてもスマホ単体で写真のバックアップに利用することができる。iPhoneでは「iCloud」、Androidでは「Googleフォト」が標準のサービスとして提供されている。

<疑問と悩み>
撮った写真は、どこに保存すればいい?

⇒⇒ケーブル経由でパソコンに保存もいいが、クラウドがおすすめ

まず、スマホとパソコンをUSBケーブルでつなぎ、デジカメ写真同様、パソコンにバックアップする方法がある。ただし、いちいちケーブルを接続するのは手間だし、パソコンが必要なので、誰でも利用できるという方法ではない。

パソコンを持っていなくても、スマホ単体で写真をバックアップする方法はある。クラウドサービスを利用するという手だ。

標準のクラウドサービスとして、iOS端末では「iCloud」、Androidでは「Googleフォト」を提供。どちらもネット経由で写真をクラウドに自動バックアップできるので、ケーブル接続のようなめんどうくささはない。無料で使える容量はiCloudが5Gバイト、Googleフォトは写真データに圧縮はかかるものの無制限だ。なお、GoogleフォトはiOS向けにもアプリを提供しているので、iPhoneで利用することも可能だ。

●スマホ写真はクラウドに保存しよう

iPhone
「iCloud」でクラウド保存を利用する場合は、設定から「Apple ID」→「iCloud」→「写真」で「iCloud写真」をオンにすればOKだ。

Android
「Googleフォト」を使い、クラウドでバックアップするには、アプリの設定から「バックアップと同期」をオンにすればいい。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

ガジェットAndroidiPhoneスマホ知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース