はじめてクレジットカードを発行する学生の中には、どのクレジットカードを選べばいいか分からないと悩んでいる人も多いと思います。実際にクレジットカードは大量の種類があり、1枚1枚スペックを比較していてはキリがありません。そこで本記事では、「はじめてクレジットカードを発行する学生」でも使いやすくお得なクレジットカードとして、「三井住友VISAデビュープラスカード」を紹介します。ポイント還元率の高さや使い道の幅広さはもちろん、ゴールドカードも高速で手に入る1枚です。飲み会やサークルの合宿などでクレジットカードが必要になり発行を検討している人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

三井住友VISAデビュープラスカードとは 

画像1: www.smbc-card.com
www.smbc-card.com

三井住友VISAデビュープラスカードとは、学生や20代の人向けのクレジットカードです。

【基本情報】

年会費初年度無料
(年1回の利用で来年度も無料)
申込資格満18~25歳(高校生は除く)
※未成年者は保護者の同意が必要
ポイント還元率1.0%
国際ブランドVisa

上記表のように年会費は実質無料(通常は1,250円+税)で、満18~25歳なら申し込めるようになっています。

注目して欲しいのはポイント還元率で、通常の三井住友VISAカードは0.5%ですが、三井住友デビュープラスカードは2倍に相当する1.0%。

さらに入会後の3か月間はポイント還元率が5倍になり、カード利用金額の2.5%がポイントとして還元されます。

例)1万円の商品を三井住友デビュープラスカードで購入→10,000円×2.5%=250円分のポイントを獲得

貯まったポイントは楽天ポイントや商品券、家電製品などと交換でき、使い道に困ることもありません。

国際ブランドも世界トップシェアを誇るVisaを採用しており、国内はもちろん、海外でも多くの地域で利用可能です。

つまり「経済面」「利便性」の両方を兼ね備えているので、はじめてクレジットカードを発行する学生におすすめピッタリといえます。

  • 経済面:ポイント還元率が高く、ポイントの使い道も豊富
  • 利便性:世界トップシェアの国際ブランドなので、国内外の多くの地域で利用可能

三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動でランクアップ

画像2: www.smbc-card.com
www.smbc-card.com

経済的かつ利便性が高い三井住友デビュープラスカードですが、満26歳以降の最初のカード更新時に、「三井住友VISAプライムゴールド」というゴールドカードへと自動でランクアップしてくれる制度もあります。

【基本情報】

年会費5,000円+税(初年度無料)
ポイント還元率0.5%
国際ブランドVisa・Mastercard
海外旅行傷害保険最高5,000万円
空港ラウンジの利用

上記表のように、三井住友プライムゴールドカードのポイント還元率は0.5%に設定されており、三井住友デビュープラスカードと比較すると見劣りしてしまいます。

しかしポイント還元率の低さをカバーするだけのサービスは豊富で、代表的なものは下記の通りです。

  • 海外旅行傷害保険が最高5,000万円
  • 空港ラウンジの利用が無料

海外旅行傷害保険とは、海外でのケガや病気の際に医療費を補償してくれるサービスで、三井住友VISAプライムゴールドカードの場合は最高5,000万円までカバーしてくれます。

また空港ラウンジと呼ばれる専用の待合室を無料で利用でき、フライト前の待ち時間を快適にすることも可能です。

つまり三井住友VISAプライムゴールドカードなら、海外旅行を安心・快適な旅にすることができます。

社会人になったら出張で海外を訪れることもあると思うので、学生のうちに三井住友デビュープラスカードを発行し、早い段階で三井住友VISAプライムゴールドカードを手に入れておきましょう。

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

使いやすく便利な三井住友VISAデビュープラスカードですが、デメリットも存在します。

  • 申込資格に年齢制限がある
  • 付帯保険が弱い

三井住友VISAデビュープラスカードの申込資格は満18~25歳までに設定されており、26歳以降は申し込むことができません。

つまり社会人として落ち着いてから、三井住友デビュープラスカードに申し込んでは遅いということです。

また付帯保険も充実しておらず、特に海外旅行傷害保険がないのはかなりの痛手。

付帯保険に関しては、三井住友VISAプライムゴールドにランクアップすれば解決しますが、カードの更新まで最短でも5年かかります。(クレジットカードの更新は3~5年が一般的)

例)20歳で三井住友VISAデビュープラスカードを発行→5年間利用で更新→満26歳以降に三井住友VISAプライムゴールドカードを発行

三井住友VISAデビュープラスカードを最大限活用し、デメリットを克服するためにも、学生の時点で発行しておくのがおすすめです。

まとめ

はじめてクレジットカードを発行する学生にとって、どのカードを選べばいいかは難しい問題だと思います。

三井住友VISAデビュープラスカードなら、経済面・利便性の両方に優れているのでおすすめです。

  • 経済面:ポイント還元率が高く、ポイントの使い道も豊富
  • 利便性:世界トップシェアの国際ブランドなので、国内外の多くの地域で利用可能

また満26歳以降の更新で三井住友VISAプライムゴールドカードが手に入る仕組みもあり、周囲よりも早くゴールドカードを手に入れたい学生にもピッタリの1枚になっています

しかし三井住友VISAデビュープラスカードには申込資格に年齢制限があり、26歳以降の人は申し込めません。

ポイント還元率も高く、ゴールドカードも約束されているお得なクレジットカードなので、学生のうちに発行して、最大限活用するのがおすすめです。

◆折本陽太
専門商社での営業を経てフリーライターに。マネー・ビジネス分野が専門。取材から執筆、編集も手掛ける。

This article is a sponsored article by
''.