LINEでは、年齢認証をするとLINE IDでの「ID検索」や、電話番号でLINEアカウントを検索する「電話番号検索」が利用できる。設定すると友だちが探しやすくなるので便利であると同時に、不特定多数の人とつながりやすいので、青少年保護を目的として18歳未満の利用者は使えない。

<疑問と悩み>
年齢認証は何のために必要なの?

LINEでは、年齢認証をするとLINE IDでの「ID検索」や、電話番号でLINEアカウントを検索する「電話番号検索」が利用できる。これらの機能は不特定多数の人とつながりやすいので、青少年保護を目的として、18歳未満の利用者は使えないようになっている。必ずしも設定しなければいけないものではないが、設定すると友だちが探しやすくなる。

年齢認証は、LINEを使っているスマホのキャリアのデータにアクセスすることで、18歳以上かどうかが認証できる。NTTドコモならMy docomo、auならMy au、ソフトバンクならMy SoftBankにログインすると、年齢認証が可能。ログイン方法に関してわからないことがあれば、契約中の携帯電話会社に確認しよう。ワイモバイルでも年齢認証はできる。格安SIMはLINEモバイルにのみ対応しており、他社のSIMでは利用できないので注意が必要だ。

●携帯電話会社にログインして認証

❶「設定」の「年齢確認」をタップし、「年齢確認結果」をタップ。自分が契約している携帯電話会社を選択する。

画像1: ●携帯電話会社にログインして認証

❷契約中の携帯電話会社のサイトが表示される。ここでログインすれば年齢情報を共有できる。

画像2: ●携帯電話会社にログインして認証

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.