LINEの「ボイスメッセージ」という機能は、文字入力欄の右にあるマイクのアイコンをタップして、音声入力画面に切り替えて撮ることができる。最大30分の録音に対応。ボイスメッセージが送信された側は、トークルームに吹き出しが表示され、それをタップすると音声再生する。気軽につかってみよう。

<疑問と悩み>
トークの入力欄の横にあるマイクのマークは何?

LINEではメッセージのことを「トーク」と呼ぶ。「トーク」のタブをタップして、画面右上の吹き出しのアイコンをタップすると「トークルーム」を作成できる。「トーク」をタップして送信先を選択すると、「トークルーム」ができ、メッセージをやり取りすることができる。

トークを送信するには画面下部に表示された入力欄をタップし、メッセージを入力して紙飛行機のアイコンをタップする。その際、入力欄の右端に表示されたマイクのアイコンをタップすると、音声を入力してトークをやり取りする「ボイスメッセージ」が利用できる。マイクのボタンを押している間の音声が録音され、ボタンを離すと送信される仕組みだ。

●ボイスメッセージで文字入力を省略

❶文字入力欄の右にあるマイクのアイコンをタップすると、音声入力画面に切り替わる。最大30分の録音に対応する。

画像1: ●ボイスメッセージで文字入力を省略

❷ボイスメッセージが送信されると、上記のような吹き出しが表示される。タップすると音声が再生される仕組みだ。

画像2: ●ボイスメッセージで文字入力を省略

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.