【ツインアプリとは】1台のスマホで2つのLINEアカウントを使う方法

ガジェット

LINEは一つの携帯電話番号に一つのアカウントしかひもづけられない。そのため2台のスマホを持っている場合は、それぞれのスマホで別のアカウントを作成する。ファーウェイやASUS(エイスース)の一部のSIMスマホなら「ツインアプリ」機能が搭載。DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応の機種は、2枚のSIMを挿せるので2つのLINEアカウントが取得できる。

<疑問と悩み>
一人で複数のアカウントを持つことはできる?

LINEは一つの携帯電話番号に一つのアカウントしかひもづけられない仕様になっている。そのため、2台のスマホを持っている人は、それぞれのスマホで別のアカウントを作成して、使い分けることはできる。しかし、1台のスマホで二つのアカウントを使うことはできない。

ただし、ファーウェイやASUS(エイスース)の一部のSIMフリースマホには、二つのSNSアプリを使える「ツインアプリ」という機能が搭載されている。2枚のSIMを挿して、二つの電話番号を使い分けられるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応している機種であれば、二つのLINEアカウントを取得して、同時に利用することが可能だ。

●「ツインアプリ」が使える機種なら可能

❶「ツインアプリ」という機能を搭載したDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応のスマホなら、異なる携帯電話番号で認証した二つのLINEアプリを同時に使うことができる。

❷ツインアプリを設定すると、これまでのLINEアプリとは別にもう一つのLINEアプリが作成される。あとは別の電話番号で登録作業を行う。

2枚のSIMを挿せるスマホなら、二つのアカウントを併用可能

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

ガジェット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース