スマホ決済を利用するためには、スマホに決済用のアプリをインストールする必要がある。ここでは、主要なスマホ用コード決済アプリを使うための導入について詳しく解説。まずは、PayPayの導入方法について解説していこう。

スマホ決済の代名詞的存在。導入が簡単なのも特徴的

[別記事:スマホ決済の特徴解説&導入・実践ガイド→

スマホ決済、特にコード決済を利用するためには、スマホに決済用のアプリをインストールする必要がある。ここでは、主要なスマホ用コード決済アプリを使うための導入について詳しく解説しよう。

まずは、コード決済サービスでは最もメジャーといえるPayPayの導入方法について解説していきたい。

PayPayに限ったことではないが、コード決済サービスを利用するには、

アプリのインストール

ユーザー登録

決済手段(金融機関など)の登録

チャージ

と進むのが一般的。中には、金融機関などの登録に際して「本人確認」が行われる場合があったり、金融機関ではなくクレジットカードを登録したりする場合もあるほか、チャージが不要なサービスもある。

また、PayPayも含め、ほとんどのサービスはユーザー登録時にSMS(ショートメール)を介して認証番号が送られてくる。

そのため、SMSが使えない格安SIM、格安スマホではユーザー登録ができず、コード決済が利用できないので注意したい。

■アプリをインストール
「App Store」または「Playストア」からアプリをダウンロードしてインストールする。

画像1: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説
画像2: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説

■ユーザー登録を行う
初回起動時にユーザー登録を行う。アプリをインストールしたスマホの電話番号とパスワードを設定する。

画像3: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説

■認証コードで登録完了
登録した電話番号にSMS(ショートメール)で、なりすまし防止の認証コードが届く。それを入力すれば登録完了。

画像4: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説

PayPayは、チャージの手段として銀行口座と、クレジットカードによる後払いの両方が選べる。

例外的に、Yahoo! JAPANカードというクレジットカードだけは事前のチャージに利用でき、チャージ時にその額の1%分のTポイントがつく。

その他のクレジットカードは後払いのみで、しかも還元はないが、銀行口座からのチャージは常時1.5%の還元があるので、銀行口座を選択するほうが得だろう。

対応する銀行はメガバンクだけでなく、地方銀行も網羅されている。ちなみに、銀行を登録した場合、本人確認の処理をすると、PayPay残高を銀行に振り出すことが可能となる。

銀行口座の登録から振替手続き/本人確認は、各銀行のサイトでの手続きとなり、銀行によってその内容は若干異なる。

一般的には、支店名(支店番号)、契約者名、口座番号、普通/当座の種別に加えて、ネットバンキングに使用する「ワンタイムパスワード」が必要。また、事前にネットバンキングの手続きが必要となる銀行もあるので覚えておこう。

■金融機関を選択
チャージに使用する金融機関を選択する。メガバンクや地方銀行のほか、ゆうちょ銀行やネット銀行も選べる。

画像5: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説

■銀行口座の登録
銀行の支店番号や口座番号、口座名義などの口座情報を入力して、金融機関登録の手続きを進める。

画像6: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説

■振替手続も行う
途中で銀行側のウエブサイトに自動的に移行し、ヤフー株式会社(PayPayの運営会社)からの振替手続きを行う。

画像7: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説

金融機関の登録が完了すれば、コード決済サービスを利用する準備は完了だ。多くのサービスは、チャージによる前払い制を採用しているので、試しにチャージをしてみよう。

PayPayの場合、アプリのホーム画面で「チャージ」をタップすれは、チャージ画面に移行する。

チャージ画面には2000円からのチャージが表示されているが、チャージ金額表の右側の「…」マークをタップすれば、それ以外の金額でのチャージも可能(最低1000円から)。

銀行口座からの引き落とし以外のチャージ方法は、Yahoo!マネー、セブン銀行ATMでの現金チャージが前払い。後払いは各種クレジットカードと、ソフトバンクかワイモバイルの電話料金合算払いに対応している。

■お金をチャージする
振替手続きが終われば、PayPay利用準備は完了。まずはアプリの「チャージ」からPayPay残高をチャージする。

画像8: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説

チャージ金額は1000円から。2000円からの金額表示があるが、「…」をタップすれば、それ以外の金額もチャージできる。

画像9: 【PayPayとは】登録・チャージ・使い方は?今最もメジャーなスマホ決済を徹底解説

運営母体がヤフーということもあり、Yahoo! JAPANカードと連係させることで還元率が高くなるキャンペーンなどもあり、Yahoo!系サービスのヘビーユーザーほどお得になる仕掛けが多数用意されている。

PayPayの仕様と特徴

使い方コード提示/コード読み取り
チャージ・
決済方法
前払い
Yahooマネー、銀行口座、セブン銀行ATM、電話料金合算払い、など
即時払い
後払い
クレジットカード
基本還元率1.5%
利用限度額1日50万円/1ヵ月200万円(クレジットカードは1日2万円、1ヵ月5万円)

大盤振る舞いのキャンペーンを連発!

Yahoo!JAPANカードと連係させると最大10%が還元されるなど、各種のキャンペーンを頻繁に実施している。

キャッシュレス還元への対応は?

PayPayボーナスで還元(残高に上乗せする形)。還元の上限額は1ヵ月に2万5000円分(1回当たりの上限も同額)。

[別記事:スマホ決済の特徴解説&導入・実践ガイド→

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.