「iPhone 11シリーズ」は2019年に3モデルが同時に発売された。6.1型の液晶ディスプレイとデュアルカメラを搭載するiPhone 11、5.8型の有機ELディスプレイとトリプルカメラを搭載する11 Pro、そして、6.5型の大画面とトリプルカメラを備えた11 Pro Maxを比較した。

2020年版 スマートフォン選び方&使い方
iPhone11シリーズ

Pro/Pro Maxはついに3眼メインカメラ搭載。無印11はXRより安い価格が魅力

2018年は上位モデルのXS/XS Maxが先に発売され、1ヵ月ほど遅れて、普及モデルのXRが発売されたiPhone。
2019年は「iPhone 11シリーズ」として、3モデルが同時に発売された。6.1型の液晶ディスプレイとデュアルカメラを搭載するiPhone 11、5.8型の有機ELディスプレイとトリプルカメラを搭載する11 Pro、そして、6.5型の大画面とトリプルカメラを備えた11 Pro Maxだ。

3モデルとも「A13 Bionic(バイオニック)」という最新チップを搭載し、メモリー容量も同じ4Gバイトと推測される。つまり、基本性能は同等と考えていい。機種を選ぶ際に検討する点は、カメラ、サイズ、価格となる。

望遠が不要なら無印11がねらいめ

まず、カメラの違いだが、iPhone 11は「超広角+広角」のデュアルカメラ、11 Pro/Pro Maxは「超広角+広角+望遠」のトリプルカメラを搭載している。
どの機種でも、はやりの超広角撮影は楽しめるが、望遠レンズは欠かせないという人は、11 Pro/Pro Maxのどちらかになる。

次にサイズだが、最も小さいのはiPhone 11ではなく、11 Proだ。画面が小さいことに加えて、画面縁のベゼルも細いため、横幅は11に比べて4.3ミリも細い。
サイズを重視するなら、11 Proを選ぶべきだ。一方、Pro Maxは大型端末で、横幅が77.8ミリもあり、226グラムと重いので、片手操作には向かない。

価格はiPhone 11が最安で、8万2280円~と、前モデルに相当するXR(発売時の価格は9万1584円~)よりも安い。
デュアルカメラを搭載するなど、XRの不満点が解消されたことを考えると、かなりお買い得といえよう。
11 Pro/Pro Maxも前モデルよりは若干安いが、軽く10万円を超え、Pro Maxの512Gバイトモデルは、17万3580円もする。

デュアル&トリプルカメラ搭載モデルをラインアップ

アップル
iPhone11 Pro/Pro Max
実売価格例:11万7480円・Pro・64GBモデル

販売:ドコモauソフトバンクSIMフリー
顔認証

メインカメラディスプレイ
1200万画素×35.8/6.5型 有機EL
画像: Proは5.8型(2436ドット×1125ドット)、Pro Maxは6.5型(2688ドット×1242ドット)の有機ELを搭載。トリプルカメラの性能は共通。電池のもちはPro Maxが勝る。ストレージ容量は64G/256G/512Gバイトから選べる。

Proは5.8型(2436ドット×1125ドット)、Pro Maxは6.5型(2688ドット×1242ドット)の有機ELを搭載。トリプルカメラの性能は共通。電池のもちはPro Maxが勝る。ストレージ容量は64G/256G/512Gバイトから選べる。

超広角+広角+望遠の3眼カメラ

画像: デュアル&トリプルカメラ搭載モデルをラインアップ

アップル
iPhone11
実売価格例:8万2280円・64GBモデル

販売:ドコモauソフトバンクSIMフリー
顔認証

メインカメラディスプレイ
1200万画素×26.1型 液晶

パープルなど6色のカラバリ

画像: 6.1型(1792ドット×828ドット)の液晶ディスプレイと、デュアルカメラを搭載。ボディカラーは6色から選べる。ストレージ容量は64G/128G/256Gバイトを用意。

6.1型(1792ドット×828ドット)の液晶ディスプレイと、デュアルカメラを搭載。ボディカラーは6色から選べる。ストレージ容量は64G/128G/256Gバイトを用意。

解説/村元正剛(ITライター)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.