プリンター(複合機)選びのコツは、使用目的に合った製品を選ぶこと。というと、「当り前じゃないか」と言われそうですが、実は、使用目的に合わない製品を買っている人が少なくありません。今回は、プリンターと複合機の違い、インクジェット式とレーザー式の違い、染料インクと顔料インクの用途の違い、年賀状の印刷に適している機種、印刷コストの削減に優れている機種について解説。併せて、学生やクリエーターの皆さんに最適なA3プリンター(複合機)を紹介します。

プリンター選びの基本的なポイント

①プリンターと複合機の違い

プリンターは、印刷機能だけの機種です。複合機は、印刷のほかにスキャナーやコピーの機能も付いています。ビジネス向けだとFAX機能が付いているものもあります。

どちらが適しているかは人によって異なります。プリンター専用機の方が低予算で購入できますが、自分が必要とする機能を考えて選びましょう。

②インクジェット式とレーザー式の違い

家庭用として普及しているのは、液体のインクを使うインクジェット式です。オフィスなどでは、トナーと呼ばれる粉で印刷するレーザー式が主流です。

しかし今は、インクジェット複合機の進化が目覚ましく、特にクリエイティブな仕事ではインクジェット式の方が便利で使い勝手がいいと思います。

③染料インクと顔料インクで用途が違う

インクジェット式のプリンター(複合機)で使われているインクには、染料インクと顔料インクの2種類があります。

今回は細かな説明を省きますが、写真をきれいに印刷するなら染料、文字や文書をくっきり印刷するなら顔料と覚えておいてください。

シンプルなイラストや図表のベタ塗は、どちらでも大丈夫です。一方、写真をきれいに見せる必要がある人は染料のカラーインクを使った機種を選びましょう。

④年賀状の印刷にも使うならハイブリッド型

写真しか印刷しないなら染料インクだけの機種、文書しか印刷しないなら顔料インクだけの機種がいいでしょう。

しかし年賀状は、宛名は黒文字で、通信面にはきれいな写真を入れたいというケースが多い。そこで今は、黒インクは顔料、カラーインクは染料という機種が主流になっています。

これを、2種類のインクを使うという意味で「ハイブリッド型」といいます。写真が多い文書を印刷する人も、このタイプがいいと思います。

⑤印刷コストの削減は互換インクより特大容量インクで

インクジェットプリンターで気になるのがインク代ですね。純正インクは高いので互換インクを使う人も少なくありません。

ビジネス文書の場合、写真印刷ほど色の正確性を問われないことが多いので、コスト削減のために互換インクを使うのも悪くはないでしょう。ただし、インクの値段が下がるほど目詰まりなどのリスクが上がります。

それと、互換インクを使うとメーカー保証を受けられなくなるので、保証がある間(通常1年)は純正インクを使うほうが安心です。

今は、特大容量インクに対応した機種が増えているので、たくさん印刷する人はそうした機種を選んで印刷コストを下げる方がいいでしょう。

⑥詰まり防止のために小まめに使う

インクジェット複合機の買い替え理由で目立つのが、しばらく使わなかったら「目詰まりして直らない」というもの。

こうなると、いくらヘッドクリーニングを繰り返しても改善の可能性は低く、本体を買い替えざるを得ません。これはキヤノンでもエプソンでも同じです。

予防策は、特に使用目的がなくても、週に何度か電源を入れてヘッドクリーニングすることです。

なお、ブラザーのプリンター(複合機)は家庭用でもビジネス用でも使用後に電源を切らないでスタンバイ状態にしておくと、定期的に起動して自己点検し、必要に応じて自動的にクリーニングして、目詰まりを防止する機能が標準装備されているので安心です。

自分の経験でも、以前、エプソンのプリンターを使っていたときは、ヘッドの目詰まりで何度も買い替えを余儀なくされましたが、プラザーの機種に変えてからは5年以上、まったく問題が起きていません。

大事な作品や資料をきれいに印刷できる3台はこれ!

以上を踏まえて、学生やクリエーターの方々が自分の作品や資料を印刷するために最適なプリンターを選んでいきましょう。

なお、広告や出版などの分野で紙の印刷物を制作している場合、最終出力はオフセット印刷になると思います。そのため、ここでは制作段階で「資料やプレゼン用の印刷に使う」という想定で選んでいます。

まずは、プリンター専用機でいいか、複合機にするか考えてください。コピーやスキャナー、ファクシミリの機能が必要なら複合機です。「今どきファクスなんて必要ない」と思うかもしれませんが、業種によっては意外にもまだファクスが使われていたりします。

インクは、基本的には顔料+染料のハイブリッドがいいでしょう。A3プリンターや複合機の中には、ビジネス文書や図面を印刷するために顔料インクだけの機種もあります。カラー写真の印刷が少ないなら、顔料インクだけの機種でもいいと思います。

第3位
キヤノン iX6830

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

シンプルだけどA3ノビまで印刷できる低価格プリンター。

A3より一回り大きな「A3ノビ」まで印刷できる、定番のロングセラーモデル。複合機ではなく、プリンター専用機です。

広告や出版物の制作、印刷系の人には説明の必要はないと思いますが、A3ノビまで対応していると、A3サイズ(A4見開き)のデザインを「トンボ付き」で印刷できます。

インクは、顔料の黒と染料4色、合計5色のハイブリッド。染料インクは、ブラック、シアン(青)、マゼンタ(赤紫)、イエローです。

写真印刷のときは、染料インクだけが使われます。黒文字の文書を印刷するときは、自動的に顔料の黒が選ばれます。

黒インクが2本あるので「何で?」という方もいますが、顔料の黒は文字印刷に使われて、染料の黒は写真印刷に使われると理解してください。

Wi-Fi経由でスマホからの印刷も可能ですし、有線LANの接続もできます。また、スマホの写真をグリーティングカードやペーパークラフトにして活用できる「おうちでスマホプリ」というアプリにも対応しています。

一方、給紙は後方のトレイだけなので、毎回、印刷内容に合った紙をセットしてください。

なお、写真をより美しく印刷したい人には、この上の機種の「iP8730」もお勧めです。染料インクにグレーが加わって、合計6色になります。また、「iP8730」はレーベル印刷ができるので、作品や資料をCD-RやDVD-Rで提出する機会がある人には役立つと思います。

画像1: 【プリンターの選び方】インクジェットとレーザーの違いは? 学生に最適なA3プリンター おすすめはコレだ!
Canon インクジェットプリンター PIXUS iX6830
画質・コスト・利便性に優れた A3スタンダードビジネスモデル
【Point1】写真がキレイ!文字もにじまずくっきりキレイな「5色ハイブリッド」
写真に強い染料インク5色と顔料インクを搭載。「6色ハイブリッド」写真がキレイ!文字もにじまずくっきりキレイ。
拡大する
【Point2】コンパクトボディーでWi-Fiにも対応。場所を選ばず、手軽にA3プリント。
A3プリンターながらコンパクトなボディーを実現し、デスク回りに置いても圧迫感がない洗練された印象。Wi-Fi(無線LAN)を標準搭載し、PCやスマホ、タブレットから場所を選ばずにプリンターを共有可能。
名刺からA3ノビまでの用紙サイズに対...
¥ 22,643
2019-12-18 11:08

第2位
ブラザー MFC-J6583CDW

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

印刷だけでなくコピーやスキャンもA3まで対応したビジネス複合機。

学生でもクリエーターでも、なかなか紙の資料をなくせないのが現実じゃないでしょうか。しかも、大判の資料をコピーしたり、紙の資料をスキャンしてPDFにしたり、ときにはスキャンした文書をOCRでテキストデータにすることがあるかもしれません。

こうした用途には、ビジネス複合機が向いています。といっても、本格的な機種だと大きくて置き場所を探すのも大変です。

そこで、多少なりともコンパクトな機種として、カセットトレイが1段の「MFC-J6583CDW」を提案します。カセットは1段でも、後方の多目的トレイにさまざまな紙をセットできるので、幅広い用途に対応できます。

インクは、ブラック、シアン(青)、マゼンタ(赤紫)、イエローの顔料4色になります。顔料インクは発色が悪いため、基本的に写真印刷には向かないのですが、ブラザーはマゼンタに染料インクを混ぜて鮮やかさを高めています。一般的な資料写真や、文書内の図表なら十分に対応できるでしょう。

家庭用のプリンター(複合機)だとキヤノンとエプソンがよく知られていますが、ブラザーは国内3位のプリンターメーカーで、ビジネス用のプリンターや複合機では高い実績があります。

なお、ほぼ同じ性能でカセットトレイが2段の「MFC-J6983CDW」という機種もあります。逆に、本体が小さい機種がよければ、印刷のみA3まで可能で、コピーやスキャンはA4まで対応の「MFC-J5630CDW」がいいでしょう。なお、どの機種もFAX機能が付いています。

画像2: 【プリンターの選び方】インクジェットとレーザーの違いは? 学生に最適なA3プリンター おすすめはコレだ!
ブラザー brother インクジェット複合機「PRIVIO(プリビオ)」[L判〜A3/USB2.0/無線・有線LAN] MFC−J6583CDW
【商品解説】●高速ファーストプリント1枚目の印刷時間がカラー約6.0秒、モノクロ約5.5秒と大幅に高速化。出力の待ち時間を短縮し、オフィスの生産性アップに貢献します。●高速プリント1分間にA4カラー約20ページ、A4モノクロ約22ページという高速印刷を実現。オフィスの作業効率アップに貢献します。 ●高耐久インクジェットで約15万ページの高耐久を実現。廃インクパッドの交換も必要ありません。●1枚あたりのインクコストもお得カラー約6.0円/枚、モノクロ約1.3円/枚の低ランニングコストを実現。※A4(カラー/モノクロ)文書1枚あたりのインクカートリッジのみのコスト(税抜)です。  使用したイ...
¥ 35,170
2019-12-18 11:12

第1位
キヤノン TR9530

画像: 本体の色は、白と黒があります。 www.amazon.co.jp

本体の色は、白と黒があります。

www.amazon.co.jp

ハイブリッドインクで写真がきれい、文字はくっきりの複合機。

ビジネス向けの複合機は、基本的に顔料インク4色です。しかし、この「TR9530」は顔料の黒と染料のカラー4色(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー)というハイブリッド構成。

そのため、写真やイラストを美しく印刷できます。一方、黒文字の文書は、顔料インクでしっかりくっきり印刷できます。顔料インクは水に強いのもメリットです。

機能としては、印刷のみA3まで対応で、コピーとスキャンはA4まで可能です。ただし、A4の原稿を読み込んでA3に拡大コピーすることはできます。FAX機能はありません。

このように、印刷のみA3対応で他はA4までという機種は、A3フル対応の機種より本体がコンパクトです。そのため、狭い場所でも使いやすいでしょう。

特に、グラフィック系のデザイナーさんや、商品を美しく見せる必要があるWebサイトを制作しているクリエーターさんが紙ベースで提案するような用途にうってつけではないでしょうか。

ADFと呼ばれる自動原稿送り装置も付いているので、学生さんが大量の紙資料をコピーしたりスキャンするときも便利。また、イベントなどでチラシやポスターを作るときも活躍しそうです。

画像3: 【プリンターの選び方】インクジェットとレーザーの違いは? 学生に最適なA3プリンター おすすめはコレだ!
Canon プリンター A3 インクジェット複合機 TR9530 ホワイト (白)
製品特徴:ADF搭載でコンパクト。A3ハイスペックモデル。
最大用紙サイズ/色数:A3/5色ハイブリッド
接続方法:有線LAN、無線LAN、Wi-Fi、ワイヤレスダイレクト
機能:A3プリント、A4コピー、A4スキャン
自動両面印刷:対応(はがき非対応)
操作方法:4.3型液晶タッチパネル
給紙:前面給紙、背面給紙
¥ 26,692
2019-12-18 11:14

解説◆高山とほ(プロダクトライター)
約5年に渡って家電量販店の店頭に立ち、いろいろなお客様に対応した経験から「それぞれのお客様にとって最適な製品を選ぶポイントを的確に伝える」ことをモットーにしているモノ派のライター。学生時代に工業デザインを学び、日本製家電の黄金期に郷愁を感じる世代。アウトドアを好み、道具にはこだわるほう。

This article is a sponsored article by
''.