大人から子供まで幅広い世代に愛されている「亀田のまがりせんべい」が、2月10日からリニューアルして全国で発売されます。具体的には、通常のまがりせんべいと、ざらめが魅力的な2種類を用意。どちらも、よりおいしさを増して生まれ変わったので、ぜひ店頭で本商品を手に取り、味わってみてください。

亀田のまがりせんべいとは

「亀田のまがりせんべい」とは、亀田製菓が展開しているお菓子の1つ。「ハッピーターン」や「柿の種」といったおなじみの商品と同様に人気があり、今年で発売34周年となるロングセラーブランドです。

最大の特徴は、こんがり香ばしい直火焼製法にこだわっている点。両面をじっくりと直火で焼き上げることで、カリッとサクッとした食感に仕上がっています。また、小さなお子様からご年配の方にまで愛されており、変わらない美味しさを届けてくれるのも魅力的です。

今回のリニューアルポイント

画像: 今回のリニューアルポイント

今回リニューアルされた商品は、「亀田のまがりせんべい」と「亀田のまがりせんべい ざらめ」の2種類です。

「亀田のまがりせんべい」では、醤油のコクをアップさせ、引き立てられたうまみが特徴的な美味しさに仕上がっています。

「亀田のまがりせんべい ざらめ」では、醤油のコクをアップさせるだけでなく、ざらめの甘みにもフォーカス。粒が小さくなったざらめはシャリシャリとした食感で、醤油とマッチした甘じょっぱさを楽しむことができます。

また「亀田のまがりせんべい」は18枚入り、「亀田のまがりせんべい ざらめ」は12枚入りで、どちらも価格は200円前後(税別)です。

全国のスーパーマーケットなどで手に入る予定なので、ぜひお試しください。

デザインもリニューアル

今回のリニューアルに際して、デザインも変更。柔らかい曲線の利用やロゴの書体全体を明るい色合いにすることで、亀田のまがりせんべいが持つ軽快さを表現しています。

画像1: 【煎餅界の巨頭】亀田のまがりせんべいがリニューアル!ざらめの甘じょっぱさがパワーアップ!
亀田製菓
亀田のまがりせんべい
▼ていねいにゆっくり細かく挽いたお米を加えたことで、カリッとサクッとした軽い食感と後を引くおいしさが特徴のおせんべいです。▼飽きのこない味付けで、家族みんなで気軽に食べれる商品です!▼こだわりの食感は直火焼製法。▼両面をじっくり直火でこんがり焼き上げ、カリッとサクッとした歯ざわりに仕上がっています。(Amazon)
画像2: 【煎餅界の巨頭】亀田のまがりせんべいがリニューアル!ざらめの甘じょっぱさがパワーアップ!
亀田製菓
亀田のまがりせんべい ざらめ
▼カリッとサクッと、軽い食感で食べやすいざらめのおせんべいです。▼ざらめの甘味と醤油味のバランスが絶妙で、飽きのこないおいしさです。▼カリカリっとしたざらめと、おせんべいの軽い食感の組み合わせが楽しめます。▼ざらめの甘さとバランスを取るために、しょうゆ味も通常のまがりせんべいに比べて濃く仕上げています。(Amazon)

他にも新発売の商品がたくさん

画像: 他にも新発売の商品がたくさん

「亀田のまがりせんべい」「亀田のまがりせんべい ざらめ」以外にも、亀田製菓では新発売の商品が多数ラインナップされています。

例えば「しゃり蔵 うめぇ海苔味」では、焼き海苔に香り豊かな青のりを練りこむことで、噛めば噛むほど旨味が広がる仕上がりに。

大定番の柿の種では「亀田の柿の種 黒七味味」が登場。香り高い黒七味の味わい、爽やかな辛さの柿の種が、奥深い味わいを届けてくれます。

さらに「亀田の柿の種 黒七味味」では、通常の6袋詰めタイプ以外にも、食べきりサイズの50g版を用意。

上記3商品はいずれも2月3日発売の期間限定商品なので、絶対に見逃さないようにしましょう。

画像3: 【煎餅界の巨頭】亀田のまがりせんべいがリニューアル!ざらめの甘じょっぱさがパワーアップ!
亀田製菓
しゃり蔵 うめぇ海苔味
▼旨みのある焼き海苔と香り豊かな青のりの2種類を練り込んだ生地に、梅を組み合わせました。▼噛めば噛むほどに広がる海苔の旨みと、梅の華やかな香りをお楽しみください。(Amazon)
画像4: 【煎餅界の巨頭】亀田のまがりせんべいがリニューアル!ざらめの甘じょっぱさがパワーアップ!
亀田製菓
亀田の柿の種 黒七味味
▼創業1703年京都の老舗「原了郭」の黒七味を使用。▼焙煎による奥深い味わいに、山椒が香り立つ爽やかな辛さが特徴です。 (Amazon)

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.