各種展覧会のチラシを見ることができる「チラシミュージアム」。ホーム画面には、開催中はもちろん、開催予定の展覧会のチラシのサムネールがズラリと並ぶ美術鑑賞のためのアプリだ。さらに、もっと深く、美術展を堪能したいなら美術出版社が提供するウェブアプリ「美術手帖」もおすすめだ。

次はどこに出かける?
美術鑑賞のためのガイドアプリ

世代を問わず、美術鑑賞が大人気である。

目当ての作品を見るために、連日大行列ができるイベントも珍しくない。

特に、気候がよくなる春からは、大小さまざまな展覧会が催される。

そこで今回は、そんな芸術鑑賞をガイドしてくれるアプリを紹介したい。

チラシミュージアム
提供元:イープラス

眺めているだけでワクワクするチラシがある

まずは、各種展覧会のチラシを見ることができる「チラシミュージアム」。ホーム画面には、開催中はもちろん、開催予定の展覧会のチラシのサムネールがズラリと並ぶ。

気になったものをタップすると画面いっぱいに拡大され、上下にスライドすれば裏面も見られる。美術系だけあっていずれも趣向を凝らしたグラフィックで、眺めているだけでワクワクさせられる。

画面下のメニューからは開催スケジュール、料金、アクセス方法などの各種データを確認可能。「GPS」をタップすれば、自分がいる場所の近くで開催されている展覧会が「Googleマップ」上に表示されるのも便利だ。

「西洋美術」「イラスト」「写真」「陶芸」「仏像」「ファッション」「トークイベント」など、自分が興味あるテーマでの絞り込みも可能。チケット販売大手のイープラスが提供するアプリだけあり、チケットが購入できたり、割引クーポンが入手できたりもする。

■ホーム画面にはチラシのサムネールが並ぶ。自分好みに設定して絞り込みも可能。

iPhoneの方はコチラ

Androidの方はコチラ

画像1: 眺めているだけでワクワクするチラシがある

■サムネールをタップするとチラシが拡大。各種SNSへシェアする機能もある。

画像2: 眺めているだけでワクワクするチラシがある

美術手帳
提供元:美術出版社

気になるアーティストや美術館をフォロー

もっと深く、美術展を堪能したいなら美術出版社が提供する「美術手帖」もおすすめ。こちらは「Chrome」などのブラウザーで表示できるウエブアプリで、会員登録(無料)してログインすることで、お気に入りのアーティストや美術館・ギャラリーをフォローして、展覧会情報などを得ることが可能。アート系のニュースも充実しているので、新しい発見も期待できる。

■巨匠から現代作家まで幅広いアーティストをフォローして情報を収集できる。

画像1: 美術手帳 提供元:美術出版社

■「MAGAZINE」では、ニュースやインタビューなど、より深い情報が読める。

画像2: 美術手帳 提供元:美術出版社

美術手帳
https://bijutsutecho.com/

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.