Wi-Fiはつながっているのに「ネットの速度が遅い」時の原因 まずは通信速度を測ってみよう

ガジェット

パソコンに搭載されているWi-Fiの性能(規格)についての問題。現在の主流は「11ac」だ。実際に通信速度を計測して、10Mbps前後しか速度が出ない場合は、速度が遅い何らかの原因がある。原因がWi-Fiか回線かを見極めよう。フレッツ系の回線の場合、IPv6の契約を確認しよう。

Wi-Fiとネットの疑問と悩み
Wi-Fiにはつながっているが、ネットの速度が遅い……

まずは実際に通信速度を計測して、数値を把握したほうがいい。

パソコンに搭載されているWi-Fiの性能(規格)が、現在主流である11acで、10Mbps前後しか速度が出ない場合は、速度が遅い何らかの原因がある。

自宅側の要因としては、パソコンとWi-Fiルーター間の距離が遠いか、障害物が多い、2.4Gヘルツ帯での通信で電子レンジなどの電波的に妨害/混信する機器があるいったことが考えられる。

通信速度計測サイトで測ってみる

通信速度を計測できるサイトにアクセスして、実際の通信速度を測る。
原因がWi-Fiか回線かを見極めよう。

https://fast.com/ja/

回線側の原因としては、フレッツ系の回線の場合、プロバイダーが新しい通信規格である「IPv6」に対応していない、またはIPv6オプションを契約していない可能性がある。

自分が使っているプロバイダーの会員ページなどを見て契約内容を確認し、必要ならば契約変更を行うといいだろう。

IPv6の契約を確認する

IPv6(IPoE)は新しいインターネットの通信規格。プロバイダーやWi-Fiルーターなどの機器が対応していないと、速度が上がらない。

解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース