パソコンに搭載されているWi-Fiの性能(規格)についての問題。現在の主流は「11ac」だ。実際に通信速度を計測して、10Mbps前後しか速度が出ない場合は、速度が遅い何らかの原因がある。原因がWi-Fiか回線かを見極めよう。フレッツ系の回線の場合、IPv6の契約を確認しよう。

Wi-Fiとネットの疑問と悩み
Wi-Fiにはつながっているが、ネットの速度が遅い……

まずは実際に通信速度を計測して、数値を把握したほうがいい。

パソコンに搭載されているWi-Fiの性能(規格)が、現在主流である11acで、10Mbps前後しか速度が出ない場合は、速度が遅い何らかの原因がある。

自宅側の要因としては、パソコンとWi-Fiルーター間の距離が遠いか、障害物が多い、2.4Gヘルツ帯での通信で電子レンジなどの電波的に妨害/混信する機器があるいったことが考えられる。

通信速度計測サイトで測ってみる

通信速度を計測できるサイトにアクセスして、実際の通信速度を測る。
原因がWi-Fiか回線かを見極めよう。

画像: https://fast.com/ja/

https://fast.com/ja/

回線側の原因としては、フレッツ系の回線の場合、プロバイダーが新しい通信規格である「IPv6」に対応していない、またはIPv6オプションを契約していない可能性がある。

自分が使っているプロバイダーの会員ページなどを見て契約内容を確認し、必要ならば契約変更を行うといいだろう。

IPv6の契約を確認する

IPv6(IPoE)は新しいインターネットの通信規格。プロバイダーやWi-Fiルーターなどの機器が対応していないと、速度が上がらない。

画像: ■ IPv6の契約を確認する

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.