眼瞼下垂は、比較的分かりやすい症状ですが、実は、紛らわしい病気がいくつかあります。偽眼瞼下垂の代表的なのが、眼瞼けいれん、眼瞼皮膚弛緩症、重症筋無力症です。症状だけで眼瞼下垂だと思い込まず、一度は医療機関を受診することが大切です。【解説】金沢雄一郎(形成外科専門医・医学博士)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

金沢雄一郎(かなざわ・ゆういちろう)

形成外科専門医。医学博士。1974年生まれ、宮崎県出身。新潟大学医学部医学科を卒業後、千葉大学形成外科学教室へ入局。その後、千葉大学形成外科で眼瞼専門外来を開設。現在は、まぶたの治療に特化した形成外科医として、眼瞼下垂などの治療にあたっている。

眼瞼下垂に似た紛らわしい病気

眼瞼下垂は、比較的分かりやすい症状ですが、実は、紛らわしい病気がいくつかあります。そうした偽眼瞼下垂の代表例を、挙げておきましょう。

眼瞼けいれん

まぶたを閉じる眼輪筋という筋肉がけいれんする病気

初期はまぶたのピクピク感や、瞬きが増えるなどがありますが、進行すると「まぶたが重くなって開かない」という、眼瞼下垂に似た症状が出てきます。油断すると、医師でも眼瞼下垂と見誤ることがある病気です。

眼瞼けいれんの特徴は、「光がまぶしい」「目がショボショボする」といった症状が出ること。まぶしいので、まゆ毛が下がり険しい顔つきになります。

眼瞼下垂の場合は、額の筋肉でまぶたを開けようとするため、まゆが上がります。この点が、眼瞼けいれんの特徴と逆になります。

眼瞼けいれんは、筋肉をゆるめる「ボトックス注射(ボツリヌス毒素療法)」などで治療します。

眼瞼皮膚弛緩症

加齢などによって、まぶたの皮膚がたるむ病気

進行すると、まぶたの皮膚が目に覆いかぶさるように、垂れ下がってきます。

まぶたが垂れ下がるという症状は、一見、眼瞼下垂に似ていますが、この場合は皮膚のたるみによるものです。そのため、眼瞼下垂とは原因が違います。

眼瞼皮膚弛緩症は、まぶたの皮膚を切り取る手術などで治療します。一重まぶたの人であれば、たるんだ皮膚を折りたたみ、二重まぶたにすることで治療できることもあります。

画像: 加齢などによって、まぶたの皮膚がたるむ病気

重症筋無力症

自己免疫疾患(免疫機能が自分の組織を攻撃して起こる病気)の一種で、全身の筋肉の力が弱くなる

まぶたの力も弱くなるため、眼瞼下垂に似た症状が出ます。また、眼球を動かす筋肉も弱くなるので、物が二重に見えることもあります。

この病気の特徴は、進行すると、目に限らず、全身の筋肉が弱くなってくること。診察は神経内科で行い、薬などを用いて治療します。

こうした紛らわしい病気もあるので、症状だけで眼瞼下垂だと思い込まず、一度は医療機関を受診することが大切です。

[別記事:まぶたが下がり視界が狭まる眼瞼下垂とは→

画像: この記事は『安心』2020年4月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『安心』2020年4月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.