新型コロナウイルスの影響により自宅で過ごす時間が増えた今、以前より注目されるようになった光回線。「そもそも光回線って何なの?」という方は多いと思います。名前に光がついてるけど、いまいち仕組みやサービス内容をイメージしづらいですよね。そこで本記事では、光回線の概要を簡潔に解説します。メリットやデメリット、ポケットWi-Fiとの違いについても触れるので、ぜひ参考にしてください。

光回線とは

画像: 光回線とは

光回線とは、一言でまとめると「光ファイバーを利用したインターネット回線」のことです。光ファイバーという謎の単語が出てきましたが、通信ケーブルという認識で構いません。要するに、光ファイバーを利用したインターネット回線だから光回線と呼ばれていると覚えておいてください。

ADSLと光回線

光回線と同様のサービスにADSLが存在します。光回線より以前のインターネット回線のことですが、2024年3月31日に終了予定です。通信速度も光回線のほうが早く、新規申し込みの受付も終了しています。特に覚えておく必要はないので、忘れてしまっても大丈夫です。

ケーブルテレビ回線(CATV)と光回線

現在でもユーザーの多いケーブルテレビ回線(CATV)ですが、光回線よりもおすすめとは言い難いです。回線が安定している、お得にケーブルテレビが視聴できるといったメリットに比べて、通信速度が遅いというデメリットが大きすぎます。「普段YouTubeは見ない」という方なら問題ありませんが、個人的には光回線をおすすめします。

光回線のメリット

光回線にはさまざまメリットが存在します。ここでは、中でも押さえておきたい3つをまとめたので参考にしてください。

通信速度が速い

光回線の最大のメリットは、何といっても通信速度です。一般的なスマホのデータ通信やポケットWi-Fiよりも高速で、大容量の通信が必要なYouTubeなどもサクサク見ることができます。

画像: ※平日の16時頃に測定

※平日の16時頃に測定

上記の画像は私が契約している「So-net 光 プラス」の測定結果です。Mbps(ビット毎秒)とは、1秒間に送受信できるデータ量のこと。以前、モバイルWi-Fiの「UQ WiMAX(WiMAX2+)」で測定した際は、下り(ダウンロード)16Mbpsだったので、10倍以上のスピードが出ている計算になります。

実際に使っていてもその差は歴然で、YouTubeや漫画のダウンロードもすぐに終わります。「とにかく早い」を求める人の場合、光回線は最強の味方になってくれるでしょう。

月額料金が安い

光回線の月額料金はリーズナブルです。よく「光回線は高い」という記事を見かけますが、私の場合、月額約3000円で利用できています。工事費が実質無料だったり、年単位の割引があったり、お得にインターネットを利用したい方にぴったりです。

光回線サービスの提供業者は、フレッツ光・光コラボレーション・独自の光回線の3種類あり、これらの業者の選択や、戸建てか集合住宅か、使っているスマホのキャリアによる割引などで大きく料金が変わってきます。

例えば、光コラボレーション事業者の「So-net 光 プラス」を例に挙げると、月額料金がお得な一方、3年目以降は割引率が弱くなったりする場合もあります。

重要なのは、「総額の割引料金」と「契約年数」。工事費が何か月目に払い終えるのかなど、まずは自分でも情報収集をし、必ず担当スタッフにもヒアリングしておきましょう。

通信制限がない

画像: 通信制限がない

光回線には通信制限が存在しません。スマホのデータ通信のように、毎月○○GB利用したら低速になるといった心配から解放されます。

また、実質無制限をうたっているポケットWi-Fiも、3日で10GBまでなど制限が設定されています。完全無制限のインターネット回線をお探しの方は、光回線がおすすめです。

光回線のデメリット

ここでは光回線のデメリットについて触れていきます。

開通工事が必要

光回線の最大のデメリットは、インターネット回線を開通させるために工事が必要な点です。スマホのように契約した当日から使えるわけではなく、別途工事日を設定しなければなりません。

私の場合は、4月中旬ごろに「So-net 光 プラス」に申し込み、工事が完了したのが5下旬ごろでした。基本的には約1か月前後を想定すれば大丈夫ですが、中には半年以上待たされるケースもあります。

SNSなどで「○○(光回線業者名) 工事」と検索すると、大体の工事ペースが分かるのでおすすめです。

外で利用できない

光回線は自宅のインターネット環境を整えるサービス内容です。ポケットWi-Fiのように外出先で利用することができません。

会社員や学生の方は、日中に外出していることが多いと思います。常にWi-Fi環境を利用したい場合は、光回線よりもポケットWi-Fiがぴったりです。

まとめ

今回は、光回線の概要とメリット・デメリットについて解説しました。

光回線はスマホやポケットWi-Fiよりも高速で、YouTubeなど動画を頻繁にみる方におすすめです。月額料金も約2000円~3000円程度で利用でき、リーズナブルな点もポイントになります。しかし、開通工事が必要だったり、外出先で利用できなかったりなど、デメリットも存在するので注意が必要です。

「快適なネット環境がほしい」という場合にぴったりのサービスなので、興味のある方はぜひ検討してみてください。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.