手のひらに収まるサイズ感のRAVPower(ラブパワー)の「RP-PB206」は、急速充電が可能なモバイルバッテリー。また、Ankerの「PowerCore Ⅲ Fusion 5000」なら、コンセントに差すだけで充電可能。本体の充電と同時にスマホを充電することもでき、同時に2台の充電が可能だ。

RAVPower
RP-PB206

実売価格例:6580円

カードサイズながら容量十分で急速充電のモバイルバッテリー

スマホに欠かせないモバイルバッテリー。選ぶ際は、容量だけでなく、素早く充電できるかも重要なポイントだ。ただし、充電速度は充電する側だけでなく、スマホの仕様にも依存する。双方が同じ規格に対応していれば、スピーディにチャージできるわけだ。

スマホの主な急速充電の規格には、iPhoneなどが採用する「Power Delivery」と、Androidで採用が多い「Quick Charge」がある。

例えば、RAVPower(ラブパワー)RP-PB206は1万ミリアンペアの大容量ながら、Power Delivery3.0に対応し、最大18ワットでの入出力が可能。しかも、幅77ミリ×高さ58ミリ×奥行き25ミリという、クラス最小のコンパクトサイズが魅力だ。

超コンパクトで急速充電対応!

画像: RP-PB206

RP-PB206

手のひらに収まるサイズ感なので、持ち歩きが苦にならない。iPhone 11シリーズなどに18ワットでスピーディに充電可能。

画像: カードサイズながら容量十分で急速充電のモバイルバッテリー

Anker
PowerCore Ⅲ Fusion 5000

実売価格例:3590円

モバイルバッテリーとUSB急速充電器の一台2役!

コンセントのある場所ではUSBケーブルを経由して充電器で、ない場所ではモバイルバッテリーでスマホを充電する人は多いはずだ。

そのために、充電器とモバイルバッテリーの両方を持ち歩いている人も少なくないだろう。Anker(アンカー)PowerCore Ⅲ Fusion 5000 (パワーコア スリー フュージョン)は、それらを一つにまとめた便利な製品だ。

本体はケーブル不要で、コンセントに差すだけで充電可能。本体の充電と同時にスマホを充電することもでき、同時に2台の充電にも対応する。

画像: 独自のPowerIQ 3.0は、USB PD規格との互換性を強化し、Quick Chargeにも対応。1台では最大18ワット、2台では合計最大15ワットまで充電が可能。

独自のPowerIQ 3.0は、USB PD規格との互換性を強化し、Quick Chargeにも対応。1台では最大18ワット、2台では合計最大15ワットまで充電が可能。

バッテリー容量は4850ミリアンペアで、そのまま持ち歩けばモバイルバッテリーとして使える。

iPhoneもAndroidも急速充電!

画像: PowerCore Ⅲ Fusion 5000

PowerCore Ⅲ Fusion 5000

電源のある場所できちんと充電することで、ほとんど電池切れのない状況が実現するはずだ。

※価格は記事作成時のものです。

◆解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.