「愛の不時着」の大ヒットをはじめ、コロナ禍でおうち時間が増えたことで、韓国ドラマを見る人が増えているようです。韓国ドラマを見ていると、やたら多いのがお酒を飲むシーン。緑色の瓶の韓国焼酎をショットグラスで飲む場合もありますが、手に大きめのグラスを持っていて、傍らにビール瓶も並んでいたら、飲んでいるのは間違いなく「爆弾酒」。爆弾酒とは何か、どんなときに飲むのか、ということを知っておくと、シチュエーションや背景が理解できて、よりいっそうドラマを楽しむことができるといいます。韓国の食習慣や風習に詳しいライターの長井朝美さんに、お話を聞きました。

解説者のプロフィール

長井朝美(ながい・あさみ)

画像: 長井朝美 (ながい・あさみ)

1997年から足繁く韓国に通い、短期留学とホームステイをくり返して韓国語を習得。韓国語能力試験6級(最上級)を持つ韓国通ライター。特技は「なんちゃって韓国料理」。仕事の友は高麗人参。

爆弾酒って何?

つまりは「焼酎のビール割り」

「爆弾酒(ポクタンチュ)」とは、ひとことで言うと「焼酎のビール割り」です。韓国語で焼酎は「ソジュ」、ビールは「メッチュ」なので、それぞれの頭の文字をとって「ソメッ」とも呼ばれます。

もともとは、米軍の兵士がウイスキーをビールで割ったのが始まりと言われていますが、韓国の飲食店にはウイスキーを置いている店が少ないので、庶民的で安価な焼酎で広まったようです。

「爆弾酒」の語源については、諸説あります。ビールグラスに、焼酎を入れたショットグラスを(グラスごと)ドボンと落とすことから「爆弾」の名がついたと言う人もいれば、酔いの回りが早くて危険なことから「爆弾」と言う人もいます。実際、かなり早く酔いが回ります。酒豪を自認する人以外はやめておいたほうがよいでしょう。まさに「よい子は真似しないでね」というレベルの危ないお酒です。

緑色の小瓶でおなじみの韓国焼酎は、アルコール度数20度前後。最近はアルコール度数が若干低いフルーツフレーバーのものもあり、女性を中心に人気ですが、爆弾酒にはやはり、本来のきつい焼酎が定番です。

焼酎3に対してビール7、あるいは焼酎2でビール8が黄金比率と言われていますが、サイダーやコーラを加える人もいます。見た目はビールですが、アルコール度数は高くなります。また、要は「ちゃんぽん」なので、飲み過ぎると悪酔いは必須。勧められるままに飲んでしまうと、翌日がたいへんです(筆者も多々爆死経験あり)。

どんなときに飲む?

爆弾酒は、韓国ドラマのさまざまなシーンに登場します。

▼よくおごってくれる綺麗なお姉さん

ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」では、親友どうしの2人の女性(ソン・イェジンとチャン・ソヨン)が居酒屋で爆弾酒を飲むシーンがあります。言うまでもないことですが、爆弾酒は決しておしゃれな飲み物ではありません。ここでは、確固とした友情で結びついた女性たちが、本音を語り合う場面の象徴として、爆弾酒が使われています。ソン・イェジン演ずる主人公が手痛い失恋をし、その愚痴を聞くための飲み会でした。「酔いたい気分」ゆえの爆弾酒だったのでしょう。案の定、泥酔した主人公は工事現場のカラーコーンを抱えて路上で熱唱し、挙句、コーンを自宅に持ち帰ります。やはり爆弾酒には注意が必要です。(余談ですが、この2人は「愛の不時着」でも、国境を越えた良い友人関係でした)。

▼梨泰院クラス

一方、場を盛り上げるための爆弾酒というのもあります。職場の会食で場を盛り上げるために、若い社員が爆弾酒の技を披露するのも、ドラマではよくあるシーンです。

人気ドラマ「梨泰院クラス」でも、店がうまくいったときに店員のスングォンが「よし!爆弾酒だ!」と言うシーンがありました。実際に飲むシーンはなかったのですが、「盛り上がるときには爆弾酒」という韓国のお約束がよくわかるセリフです。

爆弾酒は一種のエンターテイメント

焼酎の入ったグラスにビールをシャワーのように注ぐ

爆弾酒の作り方には、いくつかパターンがあります。1つ目は、ビールグラスに焼酎を入れておき、そこにビールを注ぐ作り方です。

まず、焼酎を入れたビールグラスを人数分、すきまなく1列に並べます。次に、栓を開けた瓶ビールを持ち、瓶の口を手のひらで押さえてシェイクし、噴水の如く噴霧させながら、グラスにシャワーのように注いでいくのが基本です。

一見簡単なようですが、これだけでも熟練の技。以前、韓国の飲み屋でオーナーが鮮やかな手つきでこれをやってくれました。さらに、ケータイの上に爆弾酒を乗せて、ライトアップしながら差し出してくれたときは、思わず感動の声を上げました。

▼熱血司祭

ドラマ「熱血司祭」では、ソウル大出身でミスコリアという経歴を持つ女優イ・ハニが、この技を披露しています。男社会の検察で、彼女が権力者に取り入るために爆弾酒を華麗に作ります。まさに、場を盛り上げるためのショーでした。

ビールの入ったグラスに焼酎グラスごと落とす

もう1つのパターンが、ビールが入ったグラスに焼酎グラスをそのまま落とす作り方です。

韓国ドラマの数ある爆弾酒のシーンの中で、個人的にいちばん好きなのが、「私のおじさん」でイ・ソンギュンが作る爆弾酒です。映画「パラサイト」では成功者として登場したイ・ソンギュンですが、このドラマでは、うまくいかない現実に黙々と絶える役を見事に演じています。

▼私のおじさん

ある日、留学中の小学生の息子から、「お父さんの特技を動画で提出する宿題が出た」と連絡が来ます(韓国では、小学生が海外留学するのはそれほど珍しいことではありません)。考えた末に送ったのが、爆弾酒を作る動画でした。

行きつけの飲み屋で、町内サッカーチームのメンバーであるおじさん仲間に見守られるなか、動画撮影が行われます。すきまなく並べた7つのビールグラス。その上には、焼酎を入れたショットグラスも、すきまなく乗っています。

一番手前のショットグラスを目がけて、スーパーボールを当てることで、ドミノ倒しのように、焼酎のグラスがビールグラスにドボンドボンと落ちていきます。そのときのおじさんたちのはしゃぎようは、見ているこちらも嬉しくなるほどです。それぞれ悩みを抱えた中年男性が集まり、爆弾酒を作るだけで盛り上がる様子は、爽快ですらあります。ドラマの内容とともに、この技も必見です(チャレンジしたくなります)。閉塞感や鬱屈した気持ちを、一瞬、打ち破ることができる。爆弾酒にはそうした効果もあるのでしょう。

初心者向け 「映える爆弾酒」の作り方

最近は、日本でも韓国焼酎が手に入るようになり、通販では「爆弾酒用のビールグラス」も売られています(筆者も手に入れました)。

画像: 焼酎を入れる目盛りと、出来上がる爆弾酒のアルコール度数が書いてあります(見えやすいように白い紙を入れました)。

焼酎を入れる目盛りと、出来上がる爆弾酒のアルコール度数が書いてあります(見えやすいように白い紙を入れました)。

ここでは、初心者でもできる爆弾酒の注ぎ方をご紹介しましょう。韓国ドラマではよく出てくる(別に珍しくない)シーンですが、日本ではあまり目にしないので、やってみたらウケるかも。

まず、ビールグラスに韓国焼酎を入れます。

画像: 左端の缶は韓国で人気のソーダ「チルソンサイダー」。爆弾酒に加えるとマイルドになります。

左端の缶は韓国で人気のソーダ「チルソンサイダー」。爆弾酒に加えるとマイルドになります。

そこに、普通にビールを注いでください。

画像: ビール瓶はシェイクしなくていいです。

ビール瓶はシェイクしなくていいです。

次に、長めのスプーンを突き刺すようにグラスに入れ、そのスプーンの柄を、別のスプーンの柄で「カーン!」と、ひとたたきします。焼酎とビールを混ぜるのが目的なのですが、爆弾酒がブワーッと泡立ちます。ビールともサワーとも違う泡立ち方なので、ちょっと興奮します。お試しください。

画像: おもしろいほど泡立ちます。

おもしろいほど泡立ちます。

まとめ

ドラマに爆弾酒が出てきたら、「なぜ、このシーンに爆弾酒なのか?」をちょっと考えてみるとおもしろいと思います。韓国の社会的背景や登場人物の立場、人間関係などをうかがい知ることができ、ドラマをより深く理解できるでしょう。

This article is a sponsored article by
''.