甘トウガラシの一種で辛みがないのがシシトウ、ピリリと辛いのがトウガラシで、いずれも暑さに強く病害虫もつきにくいので、育てやすい野菜です。ビタミンCやβ-カロテン、カリウムなどを豊富に含み、免疫機能を高める効果があるので、夏バテ対策に効果的です。【解説】加藤正明(東京都指導農業士)

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

加藤正明(かとう・まさあき)

東京都練馬区農業体験農園「百匁の里」園主。東京都指導農業士。日本野菜ソムリエ協会ジュニア野菜ソムリエ。34歳まで民間企業に勤務したのち、家業の農業を継ぐ。2005年に「百匁の里」を開園、野菜づくりのノウハウからおいしい食べかたまで伝授している。野菜ソムリエ協会主催の第2回ベジタブルサミット枝豆部門で最高得点を得て入賞。NHK趣味の園芸「やさいの時間」では、番組開始時より栽培管理と講師を務める。著書に『加藤流 絶品野菜づくり』(万来舎)がある。
▼百匁の里(公式サイト)
▼やさいの時間(みんなの趣味の園芸)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

本稿は『達人が教える!農家直伝 おいしい野菜づくり』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

イラスト/小春あや、まんが・イラスト/上田惣子

シシトウ・トウガラシ

画像: シシトウ・トウガラシ

難易度

気をつけたい病害虫

  • モザイク病
  • 斑点病
  • 黒あざ病
  • アブラムシ
  • カメムシ
  • オオタバコガ
    など

成功&おいしさの決め手

苗は、葉の色が濃く、葉と葉の間がつまったものがよい。
実つきがよいので肥料切れさせないこと。定期的に追肥して、長く収穫できるようにする。
実が多くついたところは小さいうちに間引くように摘みとる。残した実が充実する。

畝づくり

植えつけの1~2週間前に、溝を掘って元肥を施し(溝施肥)、畝を立てます。穴なしの黒マルチを張ります。

画像: 畝づくり

元肥を施す

畝の中央となるところに深さ20㎝の溝を掘り、元肥を均等に入れ、土を戻して埋める。

元肥 溝1mにつき
牛ふん堆肥 0.5ℓ
有機配合肥料 40~50g
熔成リン肥 50g
米ぬか 0.2ℓ

画像: 元肥を施す

畝を立ててマルチを張る

高さ5~10㎝の畝を立て、穴なしの黒マルチをピンとシワなく張り、畝の周囲に土を盛ってマルチを固定する。黒マルチは泥はね、乾燥、雑草を防ぐ効果がある。

画像: 畝を立ててマルチを張る

①植えつけ

苗に最初に咲く一番花が咲きはじめたころが植えつけ適期。畝の中央に、株間を70〜80㎝とって植えつけます。

画像: ①植えつけ

畝の中央に約70~80㎝の間隔をとり、穴あけ器をさし込んでマルチに穴をあけると同時に、植え穴をあける。ハス口を外したジョウロで植え穴に水を注ぎ、水が引いたら苗を植えつける。

②仮支柱、防虫ネット

植えつけ後すぐに、仮支柱を立てて苗を支えて安定させ、根が張るのを促します。また、幼苗期は防虫ネットをトンネルがけして、害虫の食害や強風から守りましょう。

仮支柱を立てる

長さ50㎝程度の仮支柱を1本、斜めに15㎝ほど土中深くまでさし込み、ひもでゆるく結んで誘引する。苗を支えることで、風や雨に当たってもぐらつきにくくなり、根が張りやすくなる。

画像: 仮支柱を立てる

防虫ネットをかける

防虫ネットをトンネルがけにする。トンネル用の支柱を畝をまたぐように70~80㎝間隔でさし、骨組みにする。防虫ネットの片端を結んでから骨組みにかぶせ、もう片端を結んでピンと張る。ネットのすそに土をのせて固定する。害虫の侵入を防ぐとともに、強風から苗を守る効果もある。

画像: 防虫ネットをかける

③わき芽かき、支柱立て

最初の実(一番果)がつき始めたら防虫ネットを外し、支柱を設置します。一番果よりも下から出るわき芽はすべて摘みとり、一番果も早めに摘みとります。

重要!
一番果は早めにとる

株を疲れさせずに、長期にわたって収穫を楽しむために、最初のころにつく実は若どりするのがポイント。特に一番果は小さいうちにとる。

画像: 150㎝の支柱を、土中に深さ40~50㎝までまっすぐさし込んで、ひもで茎を支柱に結ぶ(誘引)。一番果より下から出るわき芽は、すべて手で摘みとる。

150㎝の支柱を、土中に深さ40~50㎝までまっすぐさし込んで、ひもで茎を支柱に結ぶ(誘引)。一番果より下から出るわき芽は、すべて手で摘みとる。

ココが決め手!
込みあっている花や実は早めに摘みとる

シシトウはよく花芽をつけますが、数が多いと栄養が分散し、ひとつひとつの実がなかなか大きく育ちません。多くついているところは花のうちに摘みとり、実がつきすぎた場合も、もったいないと思わずに、適宜摘みとって、ひとつひとつの実を充実させましょう。

画像: ココが決め手! 込みあっている花や実は早めに摘みとる

④追肥

支柱を立てるタイミングで、追肥をして生育を促します。

追肥1㎡につき
化成肥料 40~50g

画像: マルチを外して、畝の肩に化成肥料を均一にばらまいて土に混ぜ込む。その後、マルチは元に戻す。

マルチを外して、畝の肩に化成肥料を均一にばらまいて土に混ぜ込む。その後、マルチは元に戻す。

⑤収穫、追肥2、中耕

6月下旬〜10月に収穫できます。シシトウはとり忘れると大きくなりすぎるので、タイミングを逃さずに。トウガラシはいつでも収穫できます。株を充実させて長く収穫を続けるために、2〜3週間に1回を目安に、株の状態を見て追肥と中耕をします。

ハサミで収穫

シシトウは、株がまだ若いうちは実が小さめのうちに収穫し、株を疲れさせないようにする。安定して収穫できるようになったら、長さ5~6㎝まで育てて収穫するが、品種により長さ15㎝ほどになるものもある。

トウガラシは実が大きくなったら、いつでも収穫してよい。赤トウガラシを得るには、完熟するまで待つ。

画像: ハサミで収穫

追肥1㎡につき
化成肥料 40~50g

周囲を耕す

畝の周囲のかたくなっている通路の土をスコップで掘り返す。追肥を土の上に均等にばらまき、クワかスコップでよく混ぜるように中耕する。

画像1: 周囲を耕す
画像2: 周囲を耕す

保存&おいしい食べ方

へたをとって冷凍保存

シシトウは、食べきれないほど収穫できたら冷凍保存を。軽く洗って水気を切り、へたをとって保存袋に入れて冷凍庫へ。解凍すると水分が出るので、炒めものなどには冷凍のまま刻んで投入します。冷蔵の場合も同様にして野菜室へ。

冷蔵保存:1週間
冷凍保存:1カ月

画像: へたをとって冷凍保存

シシトウは焼いたり炒めたり、
トウガラシはオイル漬けがおすすめ

シシトウは焼くのはもちろん、油で甘辛く炒めるのもおすすめ。ご飯が進むおかずになります。青トウガラシは、輪切りにして瓶に入れ、ひたひたにつかるまでオリーブオイルを注いで2〜3日おき、オイル漬けに。サラダやパスタに利用すると美味! あっさりとしたラー油代わりにも。

画像: シシトウは焼いたり炒めたり、 トウガラシはオイル漬けがおすすめ

なお、本稿は『達人が教える!農家直伝 おいしい野菜づくり』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【初心者向け】シシトウ(トウガラシ)の育て方 支柱の立て方や肥料のやり方 保存方法も紹介
達人が教える!農家直伝 おいしい野菜づくり
¥4,335
2020-12-23 6:01

※⑲「初心者向けの人気野菜 オクラの育て方」の記事もご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.