森の番人フクロウは人気のモチーフ。首をかしげたハート形の白い顔に、吸い込まれそうな黒い瞳。神秘的なフクロウを作りましょう。【解説】みのたけ製菓(河村愛子)

本稿は『切っても切ってもかわいい みのたけ製菓のアイスボックスクッキー』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

みのたけ製菓(河村愛子)

菓子制作。雑誌の編集部に勤めるなかで料理関係の編集者を志すようになり、ル・コルドン・ブルー東京校に入学。フランス菓子と料理を学び、グランディプロムを取得。2012年より手づくり市等のイベントで、こだわりの素材を使った焼き菓子を販売。カフェやデリのメニュー開発等も手がける。なかでも、愛嬌ある動物を中心としたオリジナルデザインのアイスボックスクッキーが話題となり注目を集めている。著書『切っても切ってもかわいい みのたけ製菓のアイスボックスクッキー』(マキノ出版)が好評発売中。
▼みのたけ製菓(Instagram)

冷凍時間は目安です。室温や冷凍庫の条件によっても異なるため、様子を見ながら調節しましょう。
焼き時間は、機種や条件によって異なります。様子を見ながら調節しましょう。
本記事で紹介しているクッキーの保存目安は、生地の状態で冷凍保存して2カ月です。焼成後は陽の当たらない室内で保存し、2~3週間を目安になるべく早く食べ切りましょう。
本記事のクッキーデザインの商業目的での利用はご遠慮ください。

画像: みのたけ製菓(河村愛子)

材料 (長さ6㎝/ 約7〜8枚分)

※生地は下記の分量を目安に多めに用意しましょう。
※カラー生地は少量で作ると計量しにくいため、使用する分量が少ない場合も、50g、100g単位で作るのがおすすめです。

▼プレーン生地(白) (できあがり約270g)
ベース生地 135g
薄力粉 112g
アーモンドパウダー 23g

▼きなこ(薄)生地(薄ベージュ)(できあがり約250g)
ベース生地 125g
薄力粉 90g
アーモンドパウダー 18g
きなこ(薄) 18g

▼ブラックココア生地(黒)(できあがり約30g)
ベース生地 15g
薄力粉 9g
アーモンドパウダー 3g
ブラックココアパウダー 2g
ココアパウダー 1g

▼ココア生地(茶) (できあがり約20g)
ベース生地 10g
薄力粉 7g
アーモンドパウダー 2g
ココアパウダー 2g

▼カボチャ生地(黄) (できあがり約20g)
ベース生地 10g
薄力粉 7g
アーモンドパウダー 2g
カボチャパウダー 2g

基本の作り方

1 色ごとにそれぞれ生地を作る。
2 Aの目、Bのくちばしのパーツを作る。

画像: 材料 (長さ6㎝/ 約7〜8枚分)

Parts 基本のパーツ

*長さはすべて6㎝

A[目]ブラックココア生地の円柱直径1.2㎝×2本

B[くちばし]カボチャ生地の三角柱1辺1.5㎝

C[茶色い模様]ココア生地20g

D[肉づけパーツ(くちばしの上用)]プレーン生地20g

E[肉づけパーツ(顔・内側用)]プレーン生地170g

F[肉づけパーツ(頭部・内側用)]プレーン生地80gをざっくりと三角柱に整えたもの

G[肉づけパーツ(顔まわり用)]きなこ(薄)生地250g

How to make 作り方

①パーツを用意する

Aの目、Bのくちばし、Cの茶色い模様、DGの肉づけパーツを用意する。ABは、使う直前まで冷凍しておく。

画像: ①パーツを用意する

②くちばしの上を作る1

ラップを敷き、Dの肉づけパーツ(くちばしの上用)を上底1㎝×下底2㎝×厚さ2㎝の台形の四角柱に整える。

画像: ②くちばしの上を作る1

③くちばしの上を作る2

ラップを敷き、Cの生地を伸ばして厚さ0.2㎝のシートを作る。その上にを横に倒してのせ、の厚さに合わせてシートをカットする。

画像: ③くちばしの上を作る2

④くちばしの上を作る3

反対側も同様に、Cのシートをつける。

画像: ④くちばしの上を作る3

⑤くちばしをつける

の上底にBのくちばしをのせ、ラップで覆って境目を指先でなじませる。

画像: ⑤くちばしをつける

⑥顔の内側を作る1

Eの肉づけパーツ(顔・内側用)をラップで挟み、生地の中央にのし棒を押し当ててくぼみを作る。

画像: ⑥顔の内側を作る1

⑦顔の内側を作る2

上にかぶせたラップを外し、のくちばしの先端を下にしてのせ、ラップごと包む。

画像: ⑦顔の内側を作る2

⑧目の位置をくぼませる

でかぶせた生地の内側に丸箸を押し当て、くぼみを作る。

画像: ⑧目の位置をくぼませる

⑨目をのせる

のくぼみにAの目をのせ、外側の生地で包み込むように埋め込む。

画像: ⑨目をのせる

⑩頭部を作る

Fの肉づけパーツ(頭部・内側用)をの目と目の間に差し込むようにしてのせる。

画像: ⑩頭部を作る

⑪丸く形を整える

でのせた生地を押し潰し、ラップで覆って丸く整える。

画像: ⑪丸く形を整える

⑫頭部に切れ込みを入れる

ラップを外し、ナイフで頭部にV字に切れ込みを入れる。

画像: ⑫頭部に切れ込みを入れる

⑬切れ込みをなじませる

ラップをかぶせ、で入れた切り込み部分を指先でこすり、角を滑らかにする。

画像: ⑬切れ込みをなじませる

⑭形を整える

頭部が写真のようなハート形になるように全体の形を整える。

画像: ⑭形を整える

15-20分 冷凍

⑮顔まわりを作る1

Gの肉づけパーツ(顔まわり用)を20gほど取ってざっくりとした三角柱に整え、のくぼみにのせる。

画像: ⑮顔まわりを作る1

⑯顔まわりを作る2

くぼみを埋めるように押し広げ、ラップをかぶせて丸く形を整える。

画像: ⑯顔まわりを作る2

15-20分 冷凍

⑰顔まわりを作る3

Gの肉づけパーツ(顔まわり用)の半量ほどをラップで挟み、ざっくりと広げてラップで挟み、生地の中央にのし棒を押し当ててくぼみを作る。

画像: ⑰顔まわりを作る3

⑱顔まわりを作る4

の上にを横にしてのせ、ラップごと包む。残りのGの肉づけパーツで反面も覆う。

画像: ⑱顔まわりを作る4

⑲顔まわりを作る5

ラップ越しにこするようにして全体の形を整える。

画像: ⑲顔まわりを作る5

30分以上冷凍

モチーフの完成

切りやすい固さになるまで冷蔵庫で解凍し、0.7〜0.8㎝にスライスする。くちばしの上に2カ所竹串を刺して鼻の穴を開け、目と目の間に線を引く。

画像1: モチーフの完成

170度に予熱しておいたオーブンで15分ほど焼き、温度を160度に下げ、さらに5~8分ほど焼いて完成。

画像2: モチーフの完成

なお、本稿は『切っても切ってもかわいい みのたけ製菓のアイスボックスクッキー』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【ふくろう】アイスボックスクッキーの作り方 かわいい動物キャラクター「メンフクロウ」のレシピ
切っても切ってもかわいい
みのたけ製菓のアイスボックスクッキー
▼切っても切っても同じ絵柄が現れる素朴でかわいいアイスボックスクッキーの作り方を大公開!▼初心者でも作れる丁寧なプロセス付き!▼天然素材で作るカラフルな生地を組み合わせて、かわいいモチーフが作れる!(楽天)

※④「アイスボックスクッキーのネコの作り方」の記事もご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.