音声のみでやり取りする人気のアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」は、さまざまなテーマが設定された「ルーム」が存在する。自分が気になるルームを選ぶと、複数の人が雑談している様子を聞くことができる。会話をじっと聞いているだけでなく、挙手ボタンを押すと、ルームの主催者に通知が飛ぶので、会話している人たちに混ぜてもらうということも可能だ。

音声だけのやり取りが新鮮!たちまち人気になったコミュニケーションツール

2021年1月下旬、「Clubhouse(クラブハウス)」という音声のみでやり取りするSNSが、突如、ブームとなった。

アプリを開くと、さまざまなテーマが設定された「ルーム」が存在する。自分が気になるルームを選ぶと、複数の人が雑談している様子を聞くことができる。ただ、その会話をじっと聞いているだけでもいいし、挙手ボタンを押すと、ルームの主催者に通知が飛ぶので、会話している人たちに混ぜてもらうということも可能だ。この仕組みで、芸能人をはじめ、多くの有名人が大挙して参加し、ふだん見られないような関係性で雑談している様子が聞けるとあって、一気に普及した。

Alpha Exploration Co.
Clubhouse
「App Store」で配布中

AppStoreからダウンロード

パジャマのままでも参加できる!

「Clubhouse」の活動の場となる「ルーム」では、画面上部に話している人が表示される。中段には、話している人とつながっている人が表示され、さらに下段につながりはなく、ただ聞いている人が表示される。

画像: ※上の画像は参加者の許諾を得て掲載しています。

※上の画像は参加者の許諾を得て掲載しています。

ルール上、ルーム内で語られた内容をネット記事に載せるなど、口外することは禁じられている。そうした規約があるため、有名人が本音で語っている点も、ユーザーを引きつけているものと思われる。もちろん、有名人だけでなく、自分の友達や知り合いだけで雑談するというのも可能だ。誰でも参加できる状態で会話をすることもできるし、クローズドにして、ひっそりと話すこともできる。

画像: プロフィール画面には自分がフォローしている人、フォローされている人の人数とともに、入会するに当たって、紹介した人が表示される。

プロフィール画面には自分がフォローしている人、フォローされている人の人数とともに、入会するに当たって、紹介した人が表示される。

執筆時点ではiOS向けアプリしかなく、Androidスマホでは使えない。参加するには携帯電話番号が必要で、しかも、誰かから招待してもらう必要がある。参加できたとして、他人を招待したくても、最初の枠は2名までしか割り当てられない。参加するうえでのハードルの高さ、そして参加できた優越感で人に自慢したくなる点など、承認欲求をうまくとらえたことが、人気の要因だろう。

画像: さまざまなトークテーマが並んでおり、興味のある部屋をタッチすると、音声が流れてくる。今、どんな人が話しているか名前の一覧が出ているので、有名人の名前を見つけて、参加することも可能だ。

さまざまなトークテーマが並んでおり、興味のある部屋をタッチすると、音声が流れてくる。今、どんな人が話しているか名前の一覧が出ているので、有名人の名前を見つけて、参加することも可能だ。

コロナ禍で「Zoom飲み」がはやっているが、Clubhouseは音声のみで、それこそパジャマのままでも参加できるとあって、「気軽に参加できるSNS」としてユーザーを増やしそうだ。

※価格は記事作成時のものです。

TEXT●石川温(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.