新規格や最新ルーターなど、日々変化するWi-Fiの導入や買い替えのポイントをわかりやすく解説しよう。現在はWi-Fi 4~6の3世代がある。新しい世代ほど性能が高く、最新のWi-Fi 6は最大通信速度や同時接続数など、規格上、すべての面で前世代を上回る。

Wi–Fiには、いろいろな規格があるけど何が違う?

▶最新規格は、通信速度や安定性などが向上している

Wi-Fiの規格というと、「Wi-Fi6」や「IEEE(アイトリプルイー)802.1ac」など、いろいろあって少々ややこしいが、基本的には新しい規格ほど、通信速度が速くなり、安定性や同時接続性を向上させている。

以前、Wi-Fi規格は「IEEE802.11××」という長い表記で示されていたが、一般ユーザーにも親しみやすい「Wi-Fi」から始まる略称を導入。これにより、ナンバリングで示された「世代」をチェックするだけで、Wi-Fi規格の新旧を簡単に見分けられるようになった。

現時点で、最新のWi-Fi規格は第6世代の「Wi-Fi6」。正式な規格名称は「IEEE802.11ax」で、最大9.6Gbpsの通信速度を実現している。その次に新しいのが「11ac」の「Wi-Fi5」、さらに「11n」の「Wi-Fi4」が続く。なお、それ以前の「11a」や「11g」などの規格については世代がついていないため、従来どおりに呼称される。

Wi-Fi 4以降の主な規格と最大通信速度

現在はWi-Fi 4~6の3世代がある。新しい世代ほど性能が高く、最新のWi-Fi 6は最大通信速度や同時接続数など、規格上、すべての面で前世代を上回る。

世代別名称規格名周波数帯最大通信速度
Wi-Fi6IEEE802.11ax2.4GHz/5GHz9600Mbps
(9.6Gbps)
Wi-Fi5IEEE802.11ac5GHz6900Mbps
(6.9Gbps)
Wi-Fi4IEEE802.11n2.4GHz/5GHz600Mbps

●解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.