今回はY2Kについてご紹介します。2000年代に流行したいわゆる"Y2K"なファッションが、古着として現在ひそかな注目を集めています。当記事では、90年代後半~ゼロ年代初頭にかけて流行した代表的なファッションブランドをご紹介しつつ、国内外で人気を博している理由や、独特の魅力に迫ります。

「Y2K」なファッションの人気が急上昇中

ファッションの主流が変わってきた

突然ですが、最近街を行き交う人々やインターネット上に溢れるセルフィー(自撮り)に、なんとなく変化を感じることはないでしょうか?

ZARA、H&M、ユニクロに代表されるファストファッションが火付け役となった「ノームコア」なスタイルが主流だったのは既に過去の話。現在は再び、スポーティなデザインの服や「ダッドシューズ」とも称されるハイテクスニーカー、オーバーサイズなシルエットなどが一般的になりつつあります。

なかでも、近年静かな注目を集めているのが、「Y2Kファッション」という90年代~2000年代のトレンドを再評価するムーブメントです。特に、日本発の「Y2Kビンテージ」な古着にも注目が集まっており、海外からの買い付けとInstagramなどのSNSでの共有も盛んであるように見えます。

少し前だったらNGにも見えるオンリーワンで攻めたスタイルが、現在では当たり前のように受け入れられているようです。

そもそも「Y2K」とは?

ファッションの変遷に触れる前に、まずは「Y2K」の意味や定義を簡単に整理していきます。

そもそもY2Kとは「Year 2 Thousand」の略語で、当初は「2000年問題(※注1)」 というコンピュータートラブルにまつわる文脈で用いられていたスラングでした。

(※注1)1999年→2000年を迎えた際、データ処理上さまざまなエラーが発生することへの懸念から起こった問題

昨今、ファッションをはじめとするさまざまな領域で用いられる「Y2K」は、上記の意味とは異なり、「2000年を想起させるデザインを主軸とするコンテンツ全般」を総称するスラングとして用いられることが多いようです。

TwitterやTumblr、PinterestなどのSNSや、海外のフォーラムで提唱されはじめた概念で、「Y2K Aesthetic Institute(直訳:Y2K美学研究所)」という、2000年代のプロダクトデザインについての魅力を発信するアカウントが源流にあると考えられます。

ハッシュタグ #y2kaesthetic とサブカルチャーの関係

ここまで、「Y2Kファッション」の流行やスラングの意味、それらを構成する要素の一部について整理しました。ではなぜ今、「Y2K」が大きなトレンドになりつつあるのでしょうか?

やや掴みどころのない概念であるようにも見えますが、Instagramのハッシュタグ#y2kaestheticなどをチェックすれば、おおよそのイメージは付くでしょう。

そもそも、美学を意味する「aesthetic」という単語を目にしたことのない方も多いかと思います。このaestheticは、主に2010年代にWeb上で世界的な流行を見せたムーブメント「Seapunk(※注2)」や「Vaporwave(※注3)」の文脈で多用されていたものです。

(※注2)トラックメイカー/DJとして活動するUltrademon氏によって提唱された、海やリゾート地のイメージとインターネットやサイバーパンクを融合した概念。2013年に同氏がリリースしたアルバム『Seapunk』等が代表的な作品として知られる。

(※注3)2010年代初頭にSeapunkと呼応するように発生したムーブメント。80年代~90年代の文化へのノスタルジーを前面に押し出しつつ、大量消費社会へ批評的な目線を向けたことも特徴。2011年にアメリカの音楽家VektroidがMacintosh Plus名義でリリースした音楽作品『Floral Shoppe/フローラルの専門店』が同ジャンルを代表する作品として知られる。

SeapunkやVaporwaveが80年代~90年代カルチャーを参照したのに対して、Y2Kはあくまでも2000年代前後の文化をリバイバルする流れではあるものの、発案者が「aesthetic」という表現を多用していることや、インターネットとの密接な関係などを鑑みると、源流には上記のムーブメントが密接に関係していることが推察できます。

ほかにも、日本発のアニメがアメリカ全土で広く放映されていたことや、それに影響された若手アーティストの活躍なども、Y2Kカルチャーの発展と深く関わっていると考えられます。

海外で20年前に放映されていたとされる日本のアニメ作品例

Twitter: @TheLookoutRNC tweet

twitter.com

Y2Kからの影響を感じさせる日本のラッパー・Tohji

Instagram

www.instagram.com

人気再燃!90年代~2000年代を象徴する「Y2K」なブランド

さいごに、いわゆるY2Kファッションの中でも、特に古着市場で人気度が高まっているブランドをいくつかご紹介します。この年代のブランドだと、「UNDERCOVER」や「A BATHING APE」など、いわゆる「裏原系」が思い浮かぶ方も多いかもしれませんが、ここでは特にY2Kな雰囲気を感じさせる、知る人ぞ知るデザイナーズブランドをご紹介します。

20471120(トゥーオーフォーセブンワンワントゥーオー)

20471120は、90年代の原宿から現在のY2Kムーブメントまでを代表する、伝説的な存在です。デザイナー中川正博氏とごく少数のチームが大阪で立ち上げた後、瞬く間に当時のクラブシーンや原宿のストリートからヴィジュアル系アーティストにまで幅広く流行しました。「6ポケットデニム」や「怪獣ブーツ」「エヴァジャージ」などの名作を多数生み出しています。同ブランドのアイコンとも言える「ヒョーマ君」に懐かしさを覚える方も多いのではないでしょうか?

beauty:beast(ビューティビースト)

beauty:beastは20471120と同じく、大阪発祥ながらその後東京のファッションシーンを牽引する存在として発展したブランドです。デザイナーの山下隆生氏は、テクノ系の同人音楽サークル「日本國民」のメンバーとしても知られ、アニメやゲームを「カウンターカルチャー」として咀嚼する、現代にも通ずる先進的な感覚のもと、個性的なアイテムを多数リリースしていました。

画像: beauty:beastのリング。筆者私物

beauty:beastのリング。筆者私物

特に有名なのが「ダークナイト期」のオリジナルの兎グラフィックが配されたアイテムや、キャラグッズメーカーのCOSPAとコラボ「COSPA vs beauty:beast」など。2020年には長年の時を経て復活し、今後の新作にも注目したいところです。

This article is a sponsored article by
''.