いま一番熱いホビーといえば「ドローン」だろう。おもちゃに分類される「トイドローン」ならば、誰でも所有できて気軽に飛ばすことができる。しかしドローンに対する規制が強化され、いま市販されているトイドローンの一部は、近い将来「業務用ドローン」に分類されてしまう可能性が大きくなった。今回は、規制強化後でもトイドローンとして楽しめる機種を紹介する

ドローンとはなにか

いまさら説明する必要もないかと思うが、ドローンは複数(多くの場合4つ)のプロペラがついた無線操縦(ラジオコントロール:R/C)の航空機だ。飛行能力的にはヘリコプターの一種と考えればいいだろう。
近年では空中撮影の主役となり、テレビの旅番組でもドローンが撮影したと思われる映像がふんだんに使われるようになっている。

ドローンは規制されている

ドローンは、原則として「航空法」により、さまざまな規制を受けている。これを無視して飛ばす(運用)することは違法行為となる。売っているものなら、どれでも好きなをものを買ってきて、そのまま飛ばす、というわけにはいかないのである。

業務用ドローンとトイドローン

ドローンには、大きくわけて2つの種別がある。簡単にいうと「業務用ドローン」と「トイドローン」である。業務用ドローンは、空中撮影や農薬散布などの産業に利用されるものを指している。対してトイドローンは、おもちゃに分類される。古くからあるラジオコントロール(R/C)の飛行機やヘリコプターと同類に扱われているものだ。

業務用ドローンは届け出が必要

業務用ドローンを運用するには、さまざまな届け出が必要である。国が定めた免許は存在ないが、メーカーが実施する講習を受講しないと購入できないという機種も存在する。また、飛行時には国土交通省に飛行許可の申請が必要となる。法律の厳密な理解も必要であり、趣味や遊びで飛ばすのは、まず無理と考えたほうがいい。
ドローンの規制や法制がどんなものかは、後述する「トイドローン」で遊ぶ人でも、目を通しておいたほうがいい。国土交通省のサイトに「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」というページがあるので参照してもらいたい。

トイドローンは届け出の対象外

業務用ドローンは、事前に申請しなければ飛ばすことができないが、その規制の対象外となるドローンがある。それが「トイドローン」である。いわばおもちゃなので、基本的なルールやマナーを守れば、誰でも飛ばすことができる。
守るべきルールやマナーは
●公共空間で飛ばしてはダメ
●人が多い場所で飛ばすのはダメ
●プライベートなものが写ってしまう場所で飛ばすのはダメ
が基本と考えればいいだろう。
原則として私有地、つまり庭で飛ばすのが基本となる。詳しいルールについては「JRM日本ラジコン模型工業界」のサイトを読んでおくといいだろう。

規制はすべて屋外の話。屋内は規制対象外

業務用ドローンとトイドローンの分類や、それにともなう届け出などの規制は、すべて屋外を飛行させるときを想定しており、屋内を飛行させる場合は規制の対象外となる。そのため、屋内ならば無届けで業務用ドローンを飛ばすことも可能だ。業務用ドローンの操縦を習えるドローンスクールの多くが倉庫タイプの屋内スクールであるのも、それが理由である。
体育館など広い室内空間が確保できるのならば、規制は無関係となる。ちなみに室内の定義は、ドローンが絶対に屋外に飛び出さないことが条件となり、たとえばドーム型野球場の場合、閉鎖ドームである東京ドームは屋内扱いとなるが、野外球場に屋根を掛けたスタイルで屋外へ抜ける大きな隙間がある西武ドームは屋外扱いになるので、その点は注意したい。

業務用ドローンとトイドローンを分けるライン

業務用ドローンとトイドローンは、どんな基準で分類されているのか。飛行高度や飛行速度など細かい基準があるのだが、最もわかりやすい基準は飛行できる状態での機体の重量である。
現時点で、トイドローンは200グラム未満の機種が「トイドローン」に分類されている。

200グラム未満でイチオシの機種
DJI「Mavic Mini」

画像: アームを折り畳んでコンパクトに収納できるタイプながら、飛行性能と撮影性能は業務用並の本格派。飛行時間約18分と、このサイズのモデルでは長時間フライトが可能。参考価格46200円

アームを折り畳んでコンパクトに収納できるタイプながら、飛行性能と撮影性能は業務用並の本格派。飛行時間約18分と、このサイズのモデルでは長時間フライトが可能。参考価格46200円

現行でトイドローンに分類される機種でイチオシとなるのは、ドローンメーカーのトップランナーで最大手となるDJIのトイドローン最新モデル「Mavic Mini」である。
重量199グラムと、規制枠ギリギリを狙った日本専売モデルであり、フルHDを超える2.7Kの動画撮影が可能。高価ではあるが、実質的に業務用ドローンの代替えとして利用できる本格派である。

画像1: 【ドローン初心者におすすめ】規制強化後でも飛ばせる!初めてでも楽しめるトイドローン7選
【国内正規品】DJI Mavic Mini コンボ ドローン カメラ付き 小型
200 g以下の軽量、コンパクトな高性能ドローン。2.7Kカメラと3軸ジンバルを搭載し、映画のような美しい映像を撮影できます。
自動ホバリング&自動撮影モードで初めてでもプロのようなカメラワークで撮影。
撮影した映像はDJI Fly アプリで簡単編集。豊富なテンプレートとBGMから選ぶだけなので、編集が初めてでも心配はいりません。
編集が終わったらタップ1回でSNSにすぐにアップして、家族や友達と作品を共有できます。
画像キャプチャ形式:MPEG
【飛行性能】運用限界高度 3000m (海抜)●最大飛行時間 18分(14km/h一定速度で飛行時/ 無風時)●13m/s(Sモード)、8m/...
¥54,219
2021-05-28 11:50

 

【重要】ドローン規制が改正されそう

現行のドローン規制は、2015年の航空法改正により施行されたものだが、2022年施行を目指して内容が改正されそうだ。多くのメディアで改正について報道されている。

その内容は多岐にわたっているのだが、トイドローンユーザーにとって大きいのが業務用ドローンとトイドローンの境目が変わる可能性が高いことにある。

トイドローンが100グラム未満になる

2022年施行を目指している改正案では、業務用ドローンとトイドローンの境目となる機体重量が100グラム未満になる。これは航空法改正から5年以上経過して、200グラム未満のドローンでも、高性能化が進んで人がケガをしたり建築物が破損する事故が多発していることに起因する。より安全性を考慮してトイドローンを小さく・軽くしたいという思惑のようだ。

100グラム以上200グラム未満の機種に届け出が必要になる

改正が施行されれば、いまユーザーの手元にある100グラム以上のトイドローンも、業務用ドローンと同等の扱いを受けることになり、飛ばすのに届け出が必要となる。
業界団体やR/C飛行機、R/Cヘリコプターの愛好者団体が改正反対の署名を集める運動をしているものの、予定どおり2022年施行の可能性が高いため。室内飛行しかしないという場合を除き、いま初心者が100グラム以上200グラム未満のモデルを購入するのは避けたほうがいい。

2021年版ドローンの選び方

2022年のドローン規制の改正も踏まえて、これからドローンを始めようという人の最初の一台を選ぶポイントを上げていこう。

操縦モードは「モード2」がいい

ドローンの操縦は、専用の操縦装置か、専用アプリをインストールしたスマホで行うが、原則として左右の親指で2本の操縦桿(スティック)を扱うことなる。このとき右手で上昇下降を操縦するものを「モード1」といい、左手で上昇下降を操縦するものを「モード2」という。
モード1は古くからある日本のR/Cヘリコプターの操縦方法を踏襲したもので、日本独自のやり方。海外ではモード2が主流で、多くのドローン製品もモード2を採用している。モード1とモード2を切り換えられる製品も多いが、初心者はモード2を練習したほうが、機体を買い換えたときに対応しやすい。

画像: モード1は日本独自方式。モード2が世界的主流。これから練習するならモード2でやるべき。モード2なら機種を買い換えたときにも同じ操縦方法が使える toy-drone.com

モード1は日本独自方式。モード2が世界的主流。これから練習するならモード2でやるべき。モード2なら機種を買い換えたときにも同じ操縦方法が使える

toy-drone.com

カメラ必須!飛行時のリアルタイム映像が楽しい

ドローンは、すべての機種にカメラが付いているわけではない。トイドローンのなかにはカメラ未搭載の機種もあるし、静止画の撮影しかできないものもある。ドローンを楽しむには、飛行中にカメラがとらえた映像をスマホでリアルタイムに観ることができる機種を選ぶこと。いわゆる「一人称視点」(FPV)に対応したものがいい。

画質は720pが主流

100グラム未満の機種に限定すると、映像画質は1280ドット×720ドットの「720P HD画質」が主流である。例外的にフルHD(1920ドット×1080ドット)に対応した機種もあるが、飛行性能を無視して画質で機種選択をするのはやめたほうがいい。

屋外飛行なら少しでも重たい機種を

ドローンは、重たい機種ほど横風等に強く飛行安定性が高い。実質的に100グラム未満のトイドローンは、無風状態でないと屋外飛行は無理と考えたほうがいいだろう。さらにいえば50グラム以下のドローンは無風状態でも屋外飛行は適さない。小さい機種は室内専用と割り切ったほうがいい。

This article is a sponsored article by
''.