【iPhone】iCloudにバックアップができない時の対処法 自動保存が不要なものはオフに!

ガジェット

iPhoneで撮った写真や動画、書類、連絡先などのデータは、アップルのオンラインストレージ「iCloud」に保存ができる。iCloudは5Gバイトまで無料だが、写真を保存しているといっぱいになりがち。写真のアップロードをやめるか、有料プランに変更するかの選択になる。

スマホ操作編
iPhoneに「バックアップができない」といわれた

iPhoneで撮った写真や動画、書類、連絡先などのデータは、アップルのオンラインストレージ「iCloud」に保存できます。機種変更時に、新しいiPhoneにデータを移すのに便利なサービスですが、無料で使えるのは5Gバイトまで。写真を撮ることが多い人が、撮った写真を自動でアップロードする設定にしていると、あっという間にいっぱいになることもあります。その場合、50Gバイトなど、有料プランに変更することができます。

無料で抑えたいのなら、「設定」→「自分のApple ID」→「iCloud」で写真のアップロードをオフにしましょう。すでにアップロードした写真は、Safari(パソコンのブラウザーでも可)で「iCloud.com」にアクセスして削除したり、ダウンロードしたりできます。

「iCloud」を無料で使うには工夫が必要

「設定」→「自分のApple ID」→「iCloud」で、利用状況を確認可能。自分にとって自動保存が不要なものは、オフにするといいだろう。

iPhone

iCloudストレージのプラン

iCloudは5Gバイトまで無料だが、写真を保存しているといっぱいになりがち。写真のアップロードをやめるか、有料プランに変更するかの選択になる。

容量 月額料金 ファミリー共有
5Gバイト 無料 ×
50Gバイト 130円 ×
200Gバイト 400円
2Tバイト 1300円

※価格は記事作成当時のものです。

◆解説/村元正剛(ITライター)

ガジェットAndroidiPhoneスマホ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース