サブスクリプションを解約したときに、アプリをアンインストールするだけでは、有料プランの契約を解除したことにはならないので注意が必要だ。iPhoneは「App Store」、Androidは「Playストア」でサブスクリプション(定期購入)の解除をしよう。Androidなら

スマホのアプリ編
アプリを削除したのに課金が続いている!

継続的に課金されるアプリを使っている場合、アプリをアンインストールするだけでは、有料プランの契約を解除したことにはなりません。iPhoneは「App Store」、Androidは「Playストア」でサブスクリプション(定期購入)の解除が必要です。

iPhoneは「設定」→「自分のApple ID」→「サブスクリプション」で、継続課金のアプリの利用状況を確認でき、不要なアプリの契約を解除できます。

Androidは、「Playストア」のメニューを開いて、「お支払いと定期購入」→「定期購入」で確認および解除ができます。

なお、携帯電話事業者が提供するサービスは各社のサポートサイトで、また、一部のアプリは提供会社での解約手続きが必要な場合もあります。

有料プランは解約手続きが必要

iPhoneの場合は、「設定」→「自分のApple ID」→「サブスクリプション」に進むと、有料で契約しているアプリがわかる。

iPhone

画像1: ● 有料プランは解約手続きが必要

Androidは、「Playストア」を起動して、自分のアイコンをタップ。「お支払いと定期購入」→「定期購入」と進むと、有料契約中のアプリがわかる。

Android

画像2: ● 有料プランは解約手続きが必要

◆解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.