ポイント還元や保険など、現金払いよりお得に利用できるクレジットカード。利用している方も多いと思います。しかし、クレジットカードの世界は奥が深く、「どれを選べばいいかわからない」という方も多いはずです。そこで本記事では、利用店舗をコンビニ大手3社に絞り、ポイント還元率が高くなるクレジットカードをご紹介します。

セブンイレブンなら「JCB CARD W」

画像: www.jcb.co.jp
www.jcb.co.jp

「JCB CARD W」とは、JCBカードの中でも屈指の高還元率を誇るクレジットカードです。通常時は1,000円=2ポイント貯まり、セブンイレブンで利用すると1,000円=4ポイントになります。

ポイント制度はOki Dokiポイントなので、「JCBプレモカード OkiDokiチャージ(※)」(1ポイント=5円相当)を利用可能。つまり、1,000円=4ポイント=20円相当となり、2.0%のポイント還元率を実現できます。他にも、スターバックスやAmazon、ビックカメラなど、特定の店舗でのポイント還元率が高めに設定されています。

【高還元率の店舗】

店舗ポイント還元率
セブンイレブン2.0%
スターバックス5.5%
Amazon2.0%

入会できるのは39歳まで

「JCB CARD W」では年齢による入会制限を設けています。18~39歳までの方しか発行できないのでご注意ください。

年会費に関しては、39歳までの申し込みで永年無料です。24時間365日体制の不正検知システムをはじめ、セキュリティ対策にも力を入れています。また、最高2,000万円の海外旅行保険、Apple PayやGoogle Payに対応など、メインカードとして申し分ないスペックでしょう。

ファミリマートなら「ファミマTカード」

画像: ftcard.pocketcard.co.jp
ftcard.pocketcard.co.jp

「ファミマTカード」をファミリマートで利用すると、最大2.0%のポイント還元率を実現できます。具体的には、200円=1ポイント(ショッピングポイント)+3ポイント(クレジットポイント)貯まる仕組みです。

貯まるポイントの種類はTポイントなので、豊富な使いみちが用意されています。中でもおすすめしたいのが「Tポイント投資」です。1ポイント=1円として投資に利用でき、2021年5月時点で30万人以上の方が利用しています。もちろん、Tポイントをファミリマートで再利用するのもアリです。

「Fmai Pay」チャージでポイント3重取り

「Fami Pay」とは、ファミリマートが展開するスマホ決済のことです。ファミマTカードはFami Payにチャージできる唯一のクレジットカード。Fmai Pay利用分を合わせればポイントの3重取りを実現できます。

しかし、ファミリマートでの買い物に限定するなら、ファミマTカードの方がお得です。ポイントの3重取りとはいっても、「0.5%(Fami Payチャージ)+0.5%(ファミマTカード提示)+0.5%(Fmai Pay利用時)=1.5%」になるからです。

ファミリマート以外でファミマTカードを利用する場合、ポイント還元率は0.5%(200円=1ポイント)まで下がります。他店舗ではFami Pay+ファミマTカード、ファミリマートではファミマTカード単体という使い分けがいいでしょう。

ローソンなら「dカード」

画像: d-card.jp
d-card.jp

ローソンでdカードを提示すると200円=2ポイント貯まります(※)。dカード自体のポイント還元率は100円=1ポイントなので、合わせて2.0%のポイント還元率になる仕組みです。

さらに、dカード特約店での買い物なら「特約店ポイント」を獲得できます。例えばJALの場合、通常ポイントと合わせて100円(税込)=2.0%のポイント還元率です。他にもメルカリ、マツモトキヨシ、dショッピングなどの特約店があります。

※16:00~23:59までの場合。0:00~15:59だと200円=1ポイントになります。

d払い活用でさらにお得

d払いの支払い先にdカードを登録すると、100円=1ポイントの還元率になります。ローソンではdカードの提示で1.0%分のポイントを獲得可能。d払い自体のポイント還元率が0.5%なので、合計2.5%のポイント還元率になる仕組みです。

Visa LINE Payクレジットカードは期間限定で最強

画像: www.smbc-card.com
www.smbc-card.com

コンビニでクレジットカードを利用する場合、基本的にはご紹介した3枚をおすすめします。しかし、2022年4月30日までならVIsa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)の方が便利です。まずは以下の表をご覧ください。

【ポイント還元率の比較】

ポイント還元率対象店舗条件
JCB CARD W2.0%セブンイレブン「JCBプレモカード OkiDokiチャージ」を利用
ファミマTカード2.0%ファミリマートなし
dカード2.0%ローソンdカードの提示(時間帯指定)
LINEクレカ2.0%全店舗対応2022年4月30日まで

ポイント還元率自体は他のクレジットカードと同じになります。しかし、LINEクレカはコンビニ縛りがなく、ポイント交換やカード提示といった手間もありません。貯まるポイントの種類はLINEポイントで、1ポイント=1円として支払いに利用可能です。

「セブンイレブンもファミリマートもよく利用する」「何も考えずに利用できるクレジットカードが欲しい」という場合、LINEクレカがぴったりでしょう。

まとめ

本記事では、大手コンビニ3社でお得に利用できるクレジットカードをご紹介しました。

【おすすめクレジットカード】

  • セブンイレブン:JCB CARD W
  • ファミリマート:ファミマTカード
  • ローソン:dカード

また、期間限定でも構わないのであれば、Visa LINE Payクレジットカードが最も便利です。ご自身のライフスタイルと照らし合わせて、最適な1枚を見極めましょう。

This article is a sponsored article by
''.