9月15日(日本時間)に発表された「iPhone 13」。昨年のiPhone 12シリーズからの進化ポイントと、各モデルの違い、買い換えたほうがよいのはどんな人かについて解説します。
画像: 発表会はオンラインで世界同時中継された。

発表会はオンラインで世界同時中継された。

iPhone 13はどこが進化した?

今回発表されたのは、「iPhone 13 mini」「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4モデルです。まずは、前モデルと比べて進化した点をご紹介します。

【デザイン】前面のノッチがコンパクトに

まず、前面カメラ部分の切り欠き(ノッチ)の幅がこれまでより狭くなり、少しすっきりした印象に。高さはほとんど変わっていませんが、幅は約20%小さくなっています。

また、iPhone 13 miniとiPhone 13の背面カメラは、前モデルまでの縦並びから、対角線上に2つのカメラが並ぶ配置に変更されました。

カラバリには、iPhone 13および13 miniの新色として「ピンク」「スターライト」が、iPhone 13 ProとPro Maxの新色として「シエラブルー」が登場しています。

画像: ピンクが追加されたiPhone 13のカラーバリエーション

ピンクが追加されたiPhone 13のカラーバリエーション

【カメラ】光学手ブレ補正が全モデルに!

カメラには、これまでで最大サイズのセンサーを搭載。暗い場所でもノイズの少ない美しい写真の撮影が可能になりました。

そして、昨年のiPhone 12シリーズでは最上位モデルの Pro Maxにだけ搭載されていた高度な手ブレ補正機能「センサーシフト光学式手ブレ補正」が、今年は全モデルに搭載されています。

また、「フォトグラフスタイル」という新機能も登場。鮮やかさや暖かみなど、自分の好きな写真のスタイルを設定すると、その後は撮影時に毎回それに合わせた撮影が可能になります。

【動画】映画のような撮影ができる新機能が登場

そして、もっとも注目すべきは、動画撮影の新機能「シネマティックモード」でしょう。これは、被写体に自動でピントを合わせ、その動きに合わせて自動でピントを変化させることができる機能。

たとえば、主演者がカメラのほうを見ているときはその人にピントが合って背景がボカされ、主演者が後ろを振り返ると、背景にいる人にピント合うといったことを、自動で行うことができます。

さらに、ピントを合わせる場所は撮影後に選び直すことも可能。映画のような本格的な映像を、簡単に撮ることができます。

画像: シネマティックモードは、自動でピント調整が行われる。

シネマティックモードは、自動でピント調整が行われる。

【Pro/Pro Max】上位機種ではマクロ撮影も可能に

さらに、上位機種のiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは、映像の滑らかさを決めるリフレッシュレートが最大120Hzに向上。使用状況に応じて、リフレッシュレートを自動で変化させて最適化してくれるとのことです。

また、これらの上位2機種は超広角カメラを使ったマクロ撮影にも対応。被写体から2cmの距離での撮影ができるようになります。

さらに、これまではナイトモードに対応していなかった望遠カメラでも、ナイトモードが使用可能になっています。

【その他】バッテリの持ちも向上

iPhone 13シリーズには、最新のチップ「A15 Bionic」を搭載。発表会では、他社スマホに比べて高速な処理が可能であることが強調されていました。

また、バッテリ持ちの長さも向上。iPhone 13で2.5時間、13 miniで1.5時間など、各モデルとも前モデルより長い時間の駆動が可能になったとのことです。

指紋認証やType -Cは搭載されず

ただし、ユーザーからの期待の声が大きかった指紋認証機能は搭載されず、ロック解除などはこれまで通り顔認証の「Face ID」のみとなります。

また、外部接続端子にLightningが採用されている点も従来と同様。iPad Proなどで採用されているType-C端子に切り替わることはありませんでした。

各モデルの違いは?

各モデルの画面サイズと価格は下記の通りです。

■iPhone 13 mini:5.4インチ/8万6800円〜

■iPhone 13:6.1インチ/9万8000円〜

■iPhone 13 Pro:6.1インチ/12万2800円〜

■iPhone 13 Pro Max/13万4800円〜

このうち基本モデルにあたるiPhone 13 miniとiPhone 13は、デザインや性能は同じでサイズが異なります。また、上位モデルのiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの2機種も、スペックは同じで違いは画面サイズのみ。そのため、まずは性能面で「基本モデルか上位モデルか」を決めて、その次に自分の使い方や好みに合った方のサイズを選ぶのがよいでしょう。

画像: www.apple.com
www.apple.com

買い換えがおすすめなはどんな人?

いずれのモデルも最大の進化ポイントはカメラまわりなので、手ブレ補正やシネマティックモードなどの機能に魅力を感じる人なら、買い換えを検討する価値がありそうです。

特に動画撮影をよく行う人にとっては、簡単に美しい映像の撮れるシネマティックモードは、かなり利用価値の高いものとなるのではないでしょうか?逆に、この数年以内に発売されたiPhoneを使っていて、特に不具合もなくカメラ性能も今の端末で十分という人なら、あせって買い換える必要はないかもしれません。

まとめ

「iPhone 13 mini」「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4モデルが登場したiPhone 13シリーズ。光学手ブレ補正の全モデル搭載や、動画撮影の新機能「シネマティックモード」など、カメラ関連が着実に進化しました。

4モデルとも9月17日予約開始、24日発売。Appleの公式サイトでは、すでに価格やスペックを見ることができます。また、例年同様、キャリアのサイトにも販売ページが間もなく登場するはずなので、購入を考えている人は要チェックです。

文◆酒井麻里子(ITライター)
スマホ、PC、ガジェットなどのデジタル製品レビューや、アプリ・サービスの解説記事などを執筆。Twitter(@sakaicat)では、デジタル関連の気になる話題や、ちょっと役立つ小ネタを発信。

This article is a sponsored article by
''.