一人暮らしを始めてWi-Fiの契約を検討している方は多いと思います。しかし光回線やポケットWi-Fi、置くだけWi-Fiなど、インターネット回線の種類は様々です。どれを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、一人暮らし向けのインターネット回線を解説し、おすすめのサービスを2種類ご紹介します。ぜひ参考にしてください。

一人暮らし向けのインターネット回線は2種類

一人暮らし向けのインターネット回線は大きく2種類に分けられます。それぞれ詳細をチェックしていきましょう。

光回線

画像: 光回線

光回線とは「光ファイバーを利用したインターネット回線」のことです。電柱や地下から光ファイバーを自宅に引き込み、ルーターなどを介して端末をインターネットにつなげます。各インターネット回線の中で最も速く、安定感のある通信が特徴です。

ポケットWi-Fi

画像: ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiとは、持ち運び可能なルーターを利用したインターネットサービスのことです。正確にはSoftbankの商標なのですが、ここでは他社サービスもポケットWi-Fiと表記します。外出時もWi-Fiを利用でき、工事が不要という点が特徴です。

光回線とポケットWi-Fi以外はおすすめしない

光回線やポケットWi-Fi以外にも、一人暮らし向けのインターネット回線として「置くだけWi-Fi」「テザリング」などが存在します。

  • 置くだけWi-Fi:自宅にルーターを設置するだけでインターネットを利用できる
  • テザリング:スマホをルーター代わりに利用し、パソコンやタブレットにつなげる

ただ置くだけWi-Fiの場合、通信速度が遅いといったデメリットがあります。通信制限もあるので、外出時も利用できるポケットWi-Fiの下位互換です。またテザリングに関しても、心置きなく利用するためにはスマホの大容量プランを契約する必要があります。こちらも別途ポケットWi-Fiを契約した方がお得でしょう。

光回線とポケットWi-Fiの比較

一人暮らしにはどっちがおすすめ?

一人暮らしの方がインターネット回線を用意する場合、光回線かポケットWi-Fiの2択になります。ここでは、どちらを利用した方がいいのか判断するために、それぞれのメリット・デメリットを比較するので参考にしてください。

メリットデメリット
光回線・通信速度が速い
・通信制限がない
・自宅でしか使えない
・工事が必要
ポケットWi-Fi・外出時も利用できる
・工事不要
・ネットで申し込みが完結
・通信速度が遅い
・通信制限がある

テレワーク用なら光回線

画像: テレワーク用なら光回線

光回線の最大のメリットは通信速度の速さです。ポケットWi-Fiの平均速度が20~40Mbps程度なのに対し、光回線は150Mbps以上を出すことができます。

画像: 自宅の光回線で計測 fast.com

自宅の光回線で計測

fast.com

また、スマホやポケットWi-Fiのように通信制限がないのもポイントです。一般的なポケットWi-Fiは3日で10GBまでという制限があります。10GBだとYoutubeを20時間程度しか見れません。そこにビデオ会議や写真の閲覧が加わるとかなり厳しいでしょう。参考までに10GBでできることの目安を作成しました。

【10GBの目安】

  • YouTube:約20時間
  • Zoom:約20時間
  • Instagram:約12時間

一方、光回線ならYouTubeで動画を見たり、Instagramでどれだけ写真をチェックしたりしても問題ありません。テレワーク用のインターネット回線なら光回線一択でしょう。

ちなみに、光回線でおすすめのサービスはソネット光プラスです。月額約5,000円ですが、auスマートバリュー等を活用すれば1,878円(税込)まで抑えられます。具体的なサービス内容についてはこちらの記事【光回線】auユーザー必見!ソネット光プラスはおすすめ?テレワーク歴2年の私がメリット・申し込み方法を解説を参考にしてください(※)。

※こちらは過去に執筆した記事です。記載されている情報が古い場合があるのでご注意ください。

プライベート用ならポケットWi-Fiもアリ

画像: プライベート用ならポケットWi-Fiもアリ

プライベート用のインターネット回線をお探しの場合、ポケットWi-Fiも選択肢に入ります。平日の仕事終わりや土日にYoutube等を楽しんでも、3日で10GBは中々超えないでしょう。また、万が一通信制限にかかっても最大1Mbps程度のスピードは出ます。YouTubeの標準画質レベルであれば視聴可能です。

さらにポケットWi-Fiは、工事という光回線の最大のデメリットを解決できます。私は今まで2回にわたり光回線の工事を経験しましたが、どちらも3週間~1か月程度かかりました。賃貸に住んでいるので大家や管理会社への許可取りも必要でしたし、ルーターの設定方法でサポートセンターに電話したこともあります。

一方ポケットWi-Fiの場合、契約すればその日からインターネット回線を利用可能です。難しい操作は必要なく、マニュアルに従えばだれでも設定できるでしょう。通信速度も20~40Mbps程度なので、YouTubeレベルであれば十分なスピードを出してくれます。個人的には光回線を推奨しますが、工事などが心配ならポケットWi-Fiでも問題ありません。

また、おすすめのポケットWi-Fiは「UQ WiIMAX」です。月額4,000円程度で利用でき、WEB完結での申し込みに対応しています。詳細を知りたい方はこちらの記事【工事不要でWi-Fi導入】UQ WiMAX / WiMAX2+のメリット・デメリット テレワーク・在宅勤務にモバイルWi-Fiは使えるか?を参考にしてください。

※こちらは過去に執筆した記事です。記載されている情報が古い場合があるのでご注意ください。

まとめ

本記事では、一人暮らし向けのインターネット回線について解説しました。置くだけWi-Fiやテザリングなど選択肢は幅広いですが、光回線またはポケットWi-Fiを選んだ方が無難です。また、テレワーク用なら光回線、プライベート用ならポケットWi-Fiもアリという選び方をおすすめします。

This article is a sponsored article by
''.