ペンキ塗りDIYで室内ドアをイメージチェンジしてみました。雑誌やテレビ、インターネットで見かけるおしゃれな家は、もれなくドアに個性があります。ドアをおしゃれにしたら、部屋もおしゃれに見えるもの!そこで数ある室内ドアのDIY方法の中から、簡単で仕上がりも良さそうな「ペンキ塗り」にチャレンジ。ペンキを塗るだけで、まるで別のドアのように生まれ変わりました。

室内ドアをオシャレ化したい

建具は空間の印象を大きく変化させる

窓やドアといった建具が空間に与える印象は大きいものです。建具のデザインをほんの少し変えるだけで、部屋全体のイメージが変化する、といったことも珍しくありません。

わが家のリビングにおけるメインの建具は2つのドアです。この2つのドアはそれぞれ木目の化粧板シートが貼られた、よく見る普通のドアと言えます。

画像: ドアを挟んだ壁それぞれ色が違います

ドアを挟んだ壁それぞれ色が違います

2つのうち廊下からリビングに続くこちらのドアは、ドアに面した壁が左右それぞれ色が違います。片側がネイビーの壁紙、もう片側が白の壁紙と、どちらの壁紙ともドアの色が合っていません。部屋のインテリアを見渡してもドアに合う色がないため、薄い木目調のドアが空間からやや浮いた存在に見えます。

しかしインテリアに合わせたドアを購入しようと思うと、安価で手に入れるのは困難です。インターネットで値段を見てみると、安くてもドア1枚で2万円以上はかかります。デザインがおしゃれなタイプであれば、10万円以上かかるケースが多いようです。

ドア1つで10万円かぁ……

空間で浮いた存在になっているドアをイメージチェンジしたいものの金額がネックとなり、なかなか重い腰が上がらないでいました。

画像: ドアを新規で購入するとそれなりのお値段となってしまいます

ドアを新規で購入するとそれなりのお値段となってしまいます

リビングドアをDIY!
ペンキで塗ってイメージチェンジする

YouTubeでDIYネタを探していたある日、「自宅ドアをDIYしてみた!」系の動画をいくつか見つけました。木材で1からドアを作る内容やマスキングテープで色変えをするDIYもある中、気になったのは「ドアにペンキを塗る」という動画です。

どうやらわが家のドアのようにつるつるの化粧板が貼られたドアでも、ペンキを塗ることができる様子。ペンキなら安価でドアをイメージチェンジさせられそうだったため、さっそくチャレンジしてみました。

工程①. 部屋の養生

まず、ペンキが床や家具に付かないよう、部屋の養生からスタートします。わが家には家具がほとんど置いていない「作業部屋」があるため、そちらにブルーシートを敷きました。

工程②. 金具を取り外す

次に色を塗るドアを取り外します。ドアは想像よりも重いため、女性1人では危険が伴いそうです。夫に手伝ってもらい、作業部屋がある2階に運びます。

作業部屋でドアに付いている金具(蝶番とドアノブ)を外していきます。どの金具がドアのどの部分に付いていたのか、後でわからなくなってしまわないよう、写真を撮っておくと安心です。

蝶番の部分は、ビスで取れました。

画像: 金具(蝶番とドアノブ)を外していきます

金具(蝶番とドアノブ)を外していきます

ドアノブの部分は細い六角レンチが必要です。わが家には合うレンチがなかったため、急いで100均へ。6角レンチのセットを入手しました。金具を取り外したら、ブルーシートに寝かせます。

画像: ビスで取ることができました

ビスで取ることができました

工程③. マスキングテープを貼る

ペンキ塗り作業の中でもっともていねいにやるべき工程が、マスキングテープ貼りです。マスキングテープを貼ることで、「ペンキが付いてほしくない場所」を保護できます。

マスキングテープの貼り方が歪んでいたり曲がっていたりすると、ペンキが余分な部分に付いてしまうことや、ペンキを塗り損ねることがあります。ずれがないよう、慎重に貼りましょう

画像: 歪まないようマスキングテープを貼っていきます

歪まないようマスキングテープを貼っていきます

工程④. 下地材を塗る

マスキングテープが貼れたら、次は下地材を塗ります。わが家のドアのような、ルツルの化粧板シートが貼られた家具に、そのままペンキを塗ってもうまく馴染みません。そのためペンキにムラができやすくなったり剥がれやすくなったりします。

下地材の役割は、化粧板シートを始めとする「ペンキが剥がれやすい場所にペンキを密着させる」というもの。今回、塗料の下地材としてはポピュラーな「ミッチャクロン」を購入しました。シンナーのようなニオイがあるため、換気をしながら塗っていきます。

画像: 換気をしながら塗っていきます

換気をしながら塗っていきます

ミッチャクロンを塗る前に、ドアに付いた埃やゴミをしっかり取り除きましょう。下地材を塗った後にドアに付いたゴミを取り除くことは困難です。取り除けなかったゴミを残したままペンキを塗ると、ゴミの厚み分だけペンキが膨らみ、小さな凸ができてしまいます。

掃除機でドアの細かいゴミを吸い、仕上げに濡らした雑巾でドアを拭いてから下地塗りに移りましょう。なるべく薄く均一に下地材を塗っておくと、その後のペンキもきれいに乗りますよ。

画像: 一度雑巾で塗る工程を挟みます

一度雑巾で塗る工程を挟みます

工程⑤. ペンキを塗る

下地材がしっかり乾いたら、屋内用のペンキを塗ります。なるべくムラがないようにハケを動かしますが……どうしてもムラが発生してしまいます。下地の塗り方が悪かったのか、ハケが悪いのか、はたまた腕前が悪いせいかもしれません。

画像: ムラが無いように塗っていきます

ムラが無いように塗っていきます

しかし乾くと目立たなくなるためあまり気にせず、塗り残しだけはないように気をつけながらハケを動かしていきます。表面&側面を塗ったら乾くのを待って、裏面にも同じようにペンキを塗っていきましょう。

工程⑥. 金具を再び付け直して完成!

ペンキが完全に乾く前にマスキングテープを剥がしておきます。生乾きで剥がす理由は、ペンキが完全に乾いてしまうと他の部分のペンキも一緒に引っ張って剥がしてしまう危険性があるためです。

画像: 完全に乾く前にマスキングテープを剥がします

完全に乾く前にマスキングテープを剥がします

This article is a sponsored article by
''.