100均の掃除グッズを使ってどこまでキッチン・水回りがきれいになるのか、気になる製品を試してみました。100均の掃除道具には便利なアイテムが多くあるとされています。しかし本当に機能するのでしょうか? 実際に使用してみた率直な感想をレポートします。

100均の「掃除アイテム」を試してみた

100均の掃除コーナーに足を運んでみたことはあるでしょうか?

100均の掃除コーナーにはゴミ袋やスポンジなど、一般家庭で使う掃除グッズのほかにも、ユニークな掃除アイテムが多くあります。

しかし気になるのは「100円で本当にきれいになるの?」という点です。掃除グッズはドラッグストアでも手に入りますが、100均で同じだけきれいになるのなら、かなりお得です。

そこで100均で気になるお掃除グッズを実際に購入し、本気でお掃除にチャレンジ! どれほどお得に&きれいになるのか、また、どれほど掃除がラクになるかも試してみました。

油汚れがひどいところ

100均のシートクリーナーでパパッとキレイ

キッチンの汚れの中でも気になるのが、レンジフード周りの油汚れです。

これまでレンジフードの油汚れの掃除は油汚れ用洗剤をふりかけ、台所用の雑巾で拭いていました。汚れはしっかり落ちるものの、洗剤が垂れてコンロ周りに落ちるのがネックです。

100均で見つけたシートタイプの油汚れクリーナーなら、そんなレンジフード掃除における弱点を克服できるかもしれません。

画像: レンジフード掃除に大活躍しそうです

レンジフード掃除に大活躍しそうです

シートタイプの油汚れクリーナーは、シートに洗剤が染み込んでいるようで、かなりしっとりしています。サイズも大きく丈夫そうなため、期待できそうです。

さっそく拭いてみたところ……

画像: しっかり汚れが落ちています

しっかり汚れが落ちています

しっかり汚れが落ちているのが確認できました。これまでのスプレータイプのように液が垂れてくることもないため、手間がかかりません。

シートタイプの油汚れクリーナーは、優秀な掃除道具と言えるでしょう。

水回りの水垢をとる

100均のクエン酸配合シートでピカピカ

100均の水回り掃除用品で気になったのが、こちらのクエン酸配合シートです。

画像: こちらのクエン酸配合シートも気になりました

こちらのクエン酸配合シートも気になりました

どうやらこちらの製品、水に浸したシートでこするだけで水垢がきれいになるのだとか。風呂場の鏡や蛇口についた鱗状の水垢は、洗剤とスポンジでこすったくらいではきれいにならず、困っていました。

そんなやっかいな水垢が、この小さなシートだけで取れるのでしょうか?

中を開けてみると、ほんのりお酢のような酸っぱい香りがします。どうやらこれがクエン酸のにおいのようです。クエン酸は酸性なため、水垢といったアルカリ性の汚れを中和させる作用があるとされています。

風呂場の中でもとくに水垢のひどい場所といえば、わが家では給湯器スイッチが該当します。

画像: 給湯器スイッチの水垢が酷いです

給湯器スイッチの水垢が酷いです

給湯スイッチの画面部分には、洗っても落ちない鱗汚れがびっしりです。これをシートでこすってみます。

画像: 一見するときれいになっていますが、鱗汚れが現れるのはしっかり乾いてからです

一見するときれいになっていますが、鱗汚れが現れるのはしっかり乾いてからです

一見するときれいになっていますが、鱗汚れが現れるのはしっかり乾いてから。シートで拭き取った後に水で流し、から拭きをしてから再び確認してみます。

画像: しっかり落ちました!

しっかり落ちました!

どうやら鱗汚れはしっかり落ちたようです。軽くなでるようにこすっただけなのに、思いのほか汚れが落ちたことには、驚きました。

ただしこちらのシート、使い捨てタイプな上に1枚あたりが小さく、広い範囲の水垢取りをするのは骨が折れそう…というのが本音です。

金銭的コスパと作業コスパの両方が良いとは言えないため、水道周りといった部分的な箇所に使うと良いでしょう。

コンロのコゲを落とす

100均の「お掃除消しゴム」でこすり落とす

コンロ周りの焦付きは、どうやって落としていますか?

重曹を使ったりスポンジで丹念にこすったり、どうしても落ちない焦付きは、金だわしでこすってしまう人もいるのではないでしょうか。しかしこすりすぎはコンロの素材に傷をつけてしまいます。

100均では、コンロに傷をつけず焦付き汚れを落とすアイテムが売られていました。

その名も「お掃除消しゴム」です。

画像: 「お掃除消しゴム」も気になりました

「お掃除消しゴム」も気になりました

こちらのお掃除消しゴムは、消しゴムのように焦げ部分をこすることで、器具を傷ませず汚れを落とせるのだとか。さっそくわが家のコンロに使ってみます。

画像: 我が家のコンロに使ってみます

我が家のコンロに使ってみます

この焦付き汚れを消しゴムでごしごしとこすると……

画像: 本当に消しゴムのように消えました

本当に消しゴムのように消えました

焦付き汚れが、本当に消しゴムを使ったように消えました!これは気持ちが良い!

その後、鼻歌まじりでコンロ周りに消しゴムをかけること3分。焦げ汚れを含んだ消しゴムカスが、コンロ周りに溜まってきました。

カスを取り除いて、残った焦付きにさらに消しゴムをかけて……

画像: 細かい隙間以外綺麗に落とすことができました!

細かい隙間以外綺麗に落とすことができました!

焦付きの部分だけを、落とすことができました。さすがに隙間に入り込んですっかり年月が経ってしまった焦付きを落とすのは大変ですが、表面に残った焦付き程度であればきれいに落とせます。

使用後の消しゴムは水洗いをして乾燥をさせれば、再び使えるそうです。

焦付き汚れは定期的に溜まるものの、掃除でコンロを傷つけることは避けたいため、今後はこの消しゴムで掃除をしようと思います。

レンジフード

100均フィルターで汚れ防止

わが家ではレンジフードにフィルターをつけています。フィルターは薬局で購入したものですが、もうかなり汚れてしまいました。

画像: フィルターはすっかり汚れてしまいました

フィルターはすっかり汚れてしまいました

100均にもフィルターが売っていたので、掃除ついでに今回はこちらに付け替えてみます。

画像: 100均にもフィルターが売っていました

100均にもフィルターが売っていました

薬局で購入したフィルターよりも薄いようですが、大きさは充分です。マジックテープと磁石もついているため、簡単に取り付けられます。

画像: マジックテープと磁石で簡単に装着できました

マジックテープと磁石で簡単に装着できました

見た目は薬局で購入したフィルターと大差ありません。今まで1,000円近いフィルターを使用していましたが、次からは100均のでも充分事足りそうです。

<おまけ>排水溝フィルター

交換がおすすめ

排水溝のフィルター汚れを落とす便利な掃除道具を探していたところ……

画像: 排水溝フィルターそのものが売られていました

排水溝フィルターそのものが売られていました

排水溝フィルターそのものが売られていました。

これは掃除をするよりも、まるっと交換をしてしまったほうが早そうです。さっそく、わが家の排水溝にセットしてみます。

画像: 早速セットしてみましたが、サイズが合わず・・

早速セットしてみましたが、サイズが合わず・・

ああ、残念!
サイズが合わず、浮いてしまいました。

どうやらV字の先端が、排水溝の蓋部分にあたってしまうようです。しかしダイソーにはV字型以外にも、バケツ型の浅型や深型が販売されています。排水溝フィルターは掃除をしてもすぐに汚れてしまうため、サイズが合う製品を見つけたなら交換してしまうのも手です。

まとめ

100均の掃除道具は、想像以上に便利な製品が多くあります。ただきれいにするだけでなく、素材を傷つけないように工夫がされているタイプが多いのも、嬉しいポイントです。

機能的でお得な掃除用品を探している人は、ぜひ、100均に足を運んでみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.