街角で、「ビッグイシュー」という、A4判の薄い雑誌を売っている人を見かけたことはありませんか?「ビッグイシュー」は、ホームレスの人たちが路上で売っている雑誌です。安定した家を持たない人たちが、1冊450円の雑誌を1冊売るごとに230円の収入を得て、自立への足がかりにするしくみになっています。コロナ禍での販売者さんの状況や、雑誌を作るうえで大切にしていることなどを、ビッグイシュー東京事務所所長の佐野未来さんに伺いました。

【関連記事】▶ビッグイシューとは?ホームレスが売る32ページの雑誌に込められたもの

取材はビッグイシュー東京事務所で行いました。お話を伺った佐野未来(さの・みく)さんは、雑誌『ビッグイシュー日本版(以下、「ビッグイシュー」)』立ち上げの中心人物。2002年、「質の高い雑誌を発行し、ホームレスの人の独占販売とすることで、すぐにできる仕事をつくる」というビッグイシューUKのしくみに出会い、2003年にビッグイシュー日本を3人で創業。2007年まで編集部で国際部門を担当していました。2008年からは東京事務所で、個人が孤立せずに生きられる社会のため、さまざまなセクターの人たちとの協働を進めています。

画像: 東京事務所所長の佐野未来さん。

東京事務所所長の佐野未来さん。

売上の半分以上は販売者へ

――初っ端から率直にお聞きしてしまいますが、現在「ビッグイシュー」はどれくらい売れているのですか?

佐野 25,000部前後刷って、実売が20,000部弱くらいでしょうか。多めに刷るんですよ。

――えっと、それは実売率80%ということですね?ものすごく優秀でうらやましい数字です!

佐野 雑誌の定価450円のうち230円が販売者に入るしくみなので、売り切れると販売者さんの収入がなくなってしまうんです。「売り切れごめん」にできない。余るくらいを見越して刷っています。

――1996年をピークに、出版物の売り上げが右肩下がりになっています。特に雑誌が大きく落ち込んでいて、出版各社は頭を抱えている状況のなか、本当にうらやましい……。特集によっては、もっと売れたりするんですか?

佐野 2019年1月15日発売の351号はすごく売れて、少し多めに27,000刷ったけど完売。5,000刷り増ししたけど、それも売り切れて、完売や増刷が新聞で報道されたりしました。フレディ・マーキュリーが表紙を飾り、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でマーキュリー役を演じたラミ・マレックのインタビュー記事を掲載したんです。その号は特別でしたが、たしかに、「雑誌としてはすごくよく売れている」と言われます(351号のバックナンバーはPDF版で購入できます)。

――雑誌は広告が大きな収入源ともいわれますが、ビッグイシューには……

佐野 広告は少ないですね。ビッグイシューの理念に共感してくださる方からしか、相手にされないからかな。ただ、裏表紙の裏(表3)で、企業や団体、個人を対象に「広告サポーター」を募ってお名前を掲載していて、こちらは年々増えています。「ビッグイシュー」を各号3冊、1年分送付などの特典で、10万円からのサポートをお願いしています。

――32ページ・オールカラーの雑誌を月に2冊出すのって大変ですよね。INSP(ストリートペーパーの国際ネットワーク)で共有できる記事があるとはいえ、インタビューや特集は独自記事も多いですし、ものすごく深く取材しているのがわかります。どのくらいの人数で作っているんですか?

佐野 雑誌編集は大阪の本社でやっていますが、編集者4人+デザイナー1人。あとは外部スタッフのライターさんやデザイナーさんにもお願いしています。

――ものすごく下世話で恐縮なんですが、雑誌の定価450円のうち230円を販売者さんに渡すと、残りは220円ですよね。そこから人件費って、出るんですか?

佐野 いやあ、もう正直大変です。薄利多売でなんとかやっている感じです。2020年4月に350円から450円に値上げしたんですが、それまでは若干の赤字でしたね。25,000部くらいあった実売が、徐々に落ちてきて。2014年に消費税が8%になったとき、将来10%になることを見込んで300円から350円にしました。「これでもう、値上げしなくて済むね」と言ってたんですが、そうもいかなくなってきまして。これは販売者数が減っているのが一番の要因なのですが、会社の経営は大変で、「ビッグイシューのジレンマ」と呼んでいます。

それと、販売者さん1人の売り部数は、大阪だと1号につき150~170冊くらい。東京はもう少し多い(ビッグイシューの販売場所は大阪・東京のほかにもあります)。1号200冊売れたとして、1ヵ月で400冊。350円のときは180円が販売者さんに行くので、単純計算すると72,000円。東京都の生活保護の生活補助費が70,000円なので、それと同じくらいになる計算です。「1号200冊」というのは東京ですごく売れたときの数で、大阪はもっと少ない。

雑誌の定価は、販売者さんが「がんばって売れば生活できる」ようにするのが目標なんです。ただ、「販売者さんの生活の持続」と同時に、「会社の持続可能性」も考えなきゃいけない。1冊450円に値上げをすれば、販売者さんに230円。月に400冊売れば92,000円。販売者さんの生活と会社を持続させるために値上げをしよう、ということになりました。

販売者が胸を張って売れるものを作る

――値上げはすんなり決まったのですか?

佐野 いえいえ、スタッフと販売者が集まって、長時間議論しました。現在はコロナ禍で停止していますが、月に1回、「定例サロン」をやっていて、スタッフと販売者、ボランティアが顔を合わせます。1月なら新年会、12月ならクリスマス会などをやったりして、交流を兼ねた感じの集まりですが、スタッフと販売者のみで話し合う販売者会議を開催することもあります。「なぜ売上が落ちているのか?」「どうしたら売上を伸ばせるか?」「雑誌の内容は?」といった販売に関する議題を話し合います。350円から450円に値上げする際にも、まずは読者にアンケートを取ることから始めて、そのあと販売者会議で数回、時間をかけて半年ほど議論しました。準備も含めると半年以上かけたと思います。

――半年も!白熱したんですね。値上げについて、販売者さんからの意見も出ましたか?

佐野 反対意見もけっこうありました。「ページ数も増えない、内容も変わらないのに100円上がったら売れなくなる!あり得ない!」って。販売者さんは、実際にお客さんと顔を合わせてますからね。値上げの理由を聞かれるでしょうし、説明できないと困るわけです。会社としては「デザインも変えるし、内容も変わる。さらによくするようにがんばる!」という雑誌本体の話と、「会社がつぶれるかもしれない」という台所状態も正直に説明しました。

そうしたら、販売者さんたちから「僕らがあと何冊余計に売れば、値上げしなくて済むんですか?」という声があったりして。本当にありがたいんですけど、そうはいっても、今8時間立っているところを10時間12時間にしても数が売れるとは限らないし、それをずっとは続けられないでしょう。

そう言ったら今度は、「じゃあ、50円の値上げにして、それは会社分にして、ぼくらはゼロでいい」って言う人もいて。でもそれは、ビッグイシューの理念(定価の半分以上は販売者に渡す)に反するからできないんです。

――なんだか胸が熱くなります。販売者さんたちのそこまでの思いとは、いったいどこから生まれるのでしょうか。

佐野 買ってくださる方々のなかには、ギリギリの状況の人もいます。「100円の値上がりで買ってくれなくなるかも」と、販売者さんたちは肌で感じているんです。販売時のお客さんとの雑談で、「派遣切りに遭った」とか「職場を変えざるを得なくなった」とか、いろいろと聞いているみたい。販売者さんは、自分にとっても大きい50円100円だけど、買ってくれる人にとっても大きい金額だと実感しているんです。

――それにしても、経営判断をする人と、現場で売っている人が集まって、忌憚のない意見を直接言い合える関係っていいですね。

佐野 ビッグイシューは、販売者さんあってこそのものなんです。販売者さんが街角に立って売ってくれているからこそ、目立つし、話題にもなる。そして、そのことがホームレスという課題に対する社会の認識を変えていく。

買う側にとっても、販売者さんから直接買うことで応援の形が目に見えるし、買ってみたら雑誌自体もおもしろい、という一つひとつが、20,000部という数字につながっている。多くの方は「ビッグイシュー自体を読みたい」というのと「販売者さんを応援したい」という両方の気持ちがあって、買ってくれるんだと思います。だからこそ編集部も、「販売者さんが胸を張って売れるものを」という意識を持って作っています。

ビッグイシューは売上の半分が販売者さんに行き、消費税は会社持ち、そのほか送料とかいろんなものを含めると、7割くらいが販売にかかわる費用で、会社に入るのは3割程度です。書店で売られている雑誌と、構造が真逆。普通の雑誌の2倍売らないと、収支が合いません。

でもね、ビッグイシューを書店に置いても、そこまで売るのは難しいと思うんですよ。今の数字を維持できているのは、販売者さんが路上で売ってくれているからだと思っています。

――ビッグイシューは慈善事業ではなくビジネスである、ということがよくわかるお話ですね。販売者さんたちも、より多く売るための工夫をしているんでしょうね。

佐野 ポスターはこちらで用意しますが、ディスプレーの仕方とかバックナンバーの見せ方だとかは、個人でいろいろと考えてやってらっしゃいますね。なかには、オリジナルポスターを自分で作っている方もいらっしゃいますよ。東京は声を出さずに売っている方が多い印象ですが、場所によっては「今回の号の内容は〇〇です」と言いながら売る人もいます。そういえば昔、バナナのたたき売りをやっていたことがあるという方がいて、名物販売者さんでしたね。

また、定例サロンのときや、仕入れで事務所に来たときに、「こういうポスターを作ってほしい」というオーダーをされる方もいます。コロナの前は、ポップの作り方講座を開きました。手書きだと、親しみやすい感じが出るので。

ホームレスである販売者が問題解決の牽引役

――私は以前の職場が御茶ノ水だったので、ビッグイシューの販売者さんの存在は知っていました。

佐野 目立ちますよね。それがいいんです。販売者さんが街に立って売ってくれることで、「あのおっちゃん、なんだろう。何をしてるんだろう」と視界に入る。暑い日も寒い日も街角に立って雑誌を売っている。それも何の雑誌かよくわからない。「宗教の雑誌かと思った」とよく言われます。でも、何かのタイミングで、テレビやネットなどでビッグイシューを知って、「あ、あのおっちゃん!」と、その光景とつながってくれればいい。本当はもっと広報や広告ができて、イギリスのビッグイシューのように「誰もが知っている雑誌」になれると、さらに良いんですけど。

画像: ビッグイシューの販売者は目立つことが大事。 www.bigissue.jp

ビッグイシューの販売者は目立つことが大事。

www.bigissue.jp

――ビッグイシューの販売者さんの姿は、一般の人がホームレスに抱いているイメージと、ちょっと違う感じがしますよね。

佐野 新聞やニュースで見る「ホームレス」は自分とは無関係で、ときには恐怖すら覚える存在、という人が多いかもしれません。でも、実際に顔が見えると、「ホームレス」ではなく、「街角で雑誌を売っているおっちゃん」になりますよね。「私と同じ街で働くあの人が、ホームレス」という状況に、「え、なんで?」と疑問が湧き、なかには「なぜ、この人がホームレスにならざるを得なかったのか?」という考えにまで及ぶ人もいるでしょう。

私も、「この豊かな日本で、路上に寝ざるを得ない人がいるのはなぜ?しかもこんなにたくさん」という素朴な疑問からスタートしました。失業からホームレスになる方が多いことを知り、「ビッグイシュー日本」の立ち上げに参画したんですが、私が100の言葉で語るより、販売者さんが街角で立って売ってくれる方が強力なんです。そういう意味ではすごいスポークスパーソンだし、彼らがこの問題解決の牽引役になっているんです。

――ビッグイシューでは、読者の相談に販売者さんが回答する「ホームレス人生相談」のコーナーがありますね。

佐野 料理家の枝元なほみさんの「悩みに効く料理」のレシピもついていて、すごく人気のあるページです。編集部に寄せられた相談を、販売者さんに見せて答えてもらうんですけど、厳しい状況も乗り越えてきた、人生の厚みを感じる回答が出てくるんですよね。「俺なんかが相談に答えるのはおこがましいけど、反面教師にしてもらえたら…」みたいな人や珍回答もあって、「これまでになかった下から目線の人生相談」がとてもいいと言ってくれる方もいます。このページを読んでもらうだけでも、「ホームレス」が一括りではなく、一人ひとり違う、さまざまな人生を歩んできたことがわかると思います。

This article is a sponsored article by
''.