【REIT(リート)とは】不動産投資信託の仕組み・メリットデメリットを解説

暮らし・生活・ペット

株や債券、投資信託以外にも、金融商品にはREIT、先物取引、FX、仮想通貨などがあります。ここでは、REIT(不動産投資信託)の基本的な仕組みについて解説します。REITの多くは上場しているので、証券会社を通じて売買が可能です。

REIT(不動産投資信託)

REIT(リート)は不動産投資の一種ですが、直接不動産を保有するのではなく、投資法人と呼ばれる会社が保有する不動産に対して投資信託の形で運用を行うものです。

REITを保有していると、投資法人が保有する不動産から得られる賃貸料や売買益をもらうことができます。

REITの多くは上場しているので、証券会社を通じて売買が可能です。

REITの収益源はそのほとんどが投資先の不動産賃料なので、リスクが小さいといえます。そのため、投資家のリスク分散のためによく利用されます。

購入するREITを決めるための指標としては、不動産の稼働率、築年数、物件数、投資法人の信用格付け、分配金や純営業利益の利回りなどを確認します。

●REITのメリット、デメリット

REITには、「少額で購入可能」「複数の不動産への分散投資が可能」「収益のほとんどが投資家へ分配される」といったメリットがあります。

一方で、価格変動や収益変動、金利変動、投資法人の倒産および上場廃止といったリスクも存在します。

一般的な上場REITの仕組み

REITは、賃貸料収入や売買損益からコストを差し引いた後の収益を配当として投資者に還元する(インカムゲイン)。もちろん、値上がりすれば、売却によって利益(キャピタルゲイン)を得ることもできる。

コラム
先物取引とは?

将来を予想して投資する
先物取引は、取引する商品の数量と価格を決定し、将来の売買を約束して、あらかじめ定めた取引期限に達したときに実際に売買を行います。

将来、値が上がると予測すれば買い、下がりそうなら売ります。その際、手元に現物の商品がない状態で売買を行うのが先物取引の特徴です。

先物取引で売買できる商品の種類は、金や貴金属、原油、農作物などの商品先物と、株や債権、通貨(為替)や金利を扱う金融先物の二つに分けられます。

※本書および本記事に記載された内容は、特に記載のない限り、2021年10月現在のものです。
※本書および本記事に記載された内容は情報提供を目的としています。生じた損害については、著者及び弊社は一切の責任を負いかねます。投資については個人の責任で判断してください。
※最新の情報や商品の詳細については、弊社ではお答えいたしかねます。

この記事は『60歳からはじめる株&投資信託』(マキノ出版)に掲載されています。

www.amazon.co.jp

暮らし・生活・ペットビジネス
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース