Windows 11には、長い歴史を持つもの「インターネットエクスプローラー」(IE)が廃止され、搭載されていない。ここでは、Windows 11で削除・変更された機能や標準アプリを解説する。あまり人気がなかった機能、使い勝手の評価が低かった機能が廃止されているが、これらの機能を必須とする人は、Windows 11へのアップデートを延期するか、11での代替策・対応策を検討するといいだろう。

別記事【Windows11】どんなOS?何が変わった?10との違いを丁寧に解説!→

「IE11」などなくなった機能やアプリもある

Windows 11で廃止された機能やアプリもある。

長い歴史を持つものとしては、「インターネットエクスプローラー」(IE)が廃止され、Windows11には搭載されない。どうしてもIEの機能が必要な人は「Edge(エッジ)」に搭載された「IEモード」を使うことになる。

Windows 10の特徴だった音声アシスタントの「Cortana」も、タスクバーに常駐する標準機能からアプリに降格。また、Cortanaの開発自体が停滞しているようで、アプリ版も実用的なレベルではない。

期待の音声アシスタントだったが……

アップルの「Siri」やGoogleの「OK Google」、Amazonの「Alexa」と並ぶ代表的な音声アシスタントだった「Cortana」は、OSの中枢からアプリに降格。開発も滞っているようで、アプリを起動しても実用レベルでは使えない印象だ。

画像: 「IE11」などなくなった機能やアプリもある

キーボードを装備しない端末用の「タブレットモード」も廃止され、2in1(ツーインワン)パソコンでも操作方法はデスクトップモードのみとなる。また、スタートメニューの「ライブタイル」も廃止されている。

そのほか、過去の操作をさかのぼれる「タイムライン」も廃止。タスクバーにあったタイムラインや「People(ピープル)」のボタンもなくなっている。

Windows 11で削除・変更された機能や標準アプリ

基本的には、あまり人気がなかった機能、使い勝手の評価が低かった機能が廃止されている。これらの機能が必須という人は、Windows 11へのアップデートを延期するか、11での代替策・対応策を検討するといいだろう。

インターネット
エクスプローラー(IE)
Windows 10ではアクセサリーの一つとして残されていたが、
Windows 11では完全に廃止されている。
Cortana(コルタナ)Windows 10ではタスクバーに組み込まれていたが、Windows 11ではア
プリの一つとして提供されるようになった。
アクションセンタータスクバーの右端にあったアクションセンターはなくなり、類似機能の
「通知センター」や「クイック設定」が搭載された。
タブレットモードタッチ操作に最適化したタブレットモードは廃止され、キーボードの取
り付けと取り外しに対応する新しい機能が追加された。
ライブタイルスタート画面にニュースなどの情報を表示するライブタイルは廃止され、
代わりにスマホのような「ウィジェット」が導入された。
リボンUIエクスプローラーでタブを選択すると複数の選択肢が一度に表示される
リボンUIが廃止され、シンプルなアイコン表示となった。
タイムライン過去の操作をさかのぼれる「タイムライン」が廃止され、タスクバーか
らもボタンが削除された。
Skype、
ペイント3Dなど
「Skype」などはWindows 11ではプリインストールアプリから削除さ
れた。また、「Snip and Sketch」は「Snipping Tool」に統合された。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

画像: この記事は『誰でもわかる!Windows11』(マキノ出版)に掲載されています。 www.amazon.co.jp

この記事は『誰でもわかる!Windows11』(マキノ出版)に掲載されています。

www.amazon.co.jp

別記事【Windows 11】どんなOS?何が変わった?10との違いを丁寧に解説!→



This article is a sponsored article by
''.