パソコンの空き容量が減ってくると単にデータを保存できなくなるだけではなく、システム動作も不安定になってくる。容量不足を解消する手軽な方法として「ディスククリーンアップ」があげられるがそれ以外にも方法はいくつかある。不要なファイルをひとつずつ削除していくのは非常に手間がかかるが、Windows11パソコンなら標準機能だけでも簡単に空き容量を増やすことが可能だ。

パソコンの空き容量を増やして快適化!

写真や動画、書類など、パソコンを使っていると保存データがどうしても増えていきがち。さらに、こうした保存データ以外にも、パソコンには使っているだけで知らず知らずのうちに溜まっていく、システム関連のファイルも多数ある。

容量不足の状態でパソコンを使っている人も多いかもしれないが、それは決しておすすめできない。

なぜパソコンに空き容量が必要なのか

その理由はふたつ。まずひとつには、ごくあたり前のことだが、容量が足りないといざというときにパソコンにデータを保存できなくなるからだ。
スナップ写真などの私的なデータならともかく、仕事中に容量不足に陥ってデータ整理を余儀なくされると非常に作業の妨げになる。こうした事態にならないように、空き容量は余裕をもたせたい。

もうひとつには、パソコン動作の安定性の問題がある。というのも、Windowsの基本動作には通常、起動ドライブとして使用しているストレージにある程度の空き容量が必須だからだ。
詳しく説明すると、Windowsではアプリの実行時などにメモリーを消費するが、こちらが足りなくなってくるとストレージに「仮想メモリー」を作成する。この際、ストレージに空きがないと仮想メモリーを作成できないため、メモリー不足のままでの動作を余儀なくされる。
こうした状態では、当然パソコンは本来のパフォーマンスを発揮することができず、動作も不安定になるというわけだ。

Windows11パソコンで容量不足はなぜ起こる?

容量不足の原因は様々だが、もっともありがちなのが「無計画なデータの溜め込み」。大容量のストレージを使っていても、日々、少しずつデータを溜めていけば、やがては莫大なサイズとなる。
しかも、無計画に溜めたデータはファイル数自体も膨大になるため、ひとつずつ精査して要不要を見極めるのも困難だ。かくして、削除のしようがないデータの山が出来上がり、延々とストレージを圧迫し続けることになる。

さらにWindowsパソコン特有の事情としては、パソコンを使用する際に発生する「キャッシュファイル」の存在がある。

キャッシュファイルとはわかりやすくいえば「一時ファイル」のことで、具体的にはブラウザーが再表示用に保存しているWebページのデータのほか、Windowsアップデートの際に必要となるアップデートファイル、アプリのセットアップファイルなど、様々な種類がある。
共通していえるのが、こうしたキャッシュデータはあくまで一時的に使用するだけのもので、使い終わったらパソコンに保存しておく必要はないという点だ。キャッシュファイルは自動消去される場合がほとんどだが、やっかいなことに手動で削除しないとパソコンに残り続けるものもある。

現在の容量を確認する

パソコンの容量を把握する方法はひとつではない。例えば、エクスプローラーの「PC」→「デバイスとドライブ」から大雑把に確認できるし、さらに詳しい情報は各ドライブのプロパティから参照することも可能だ。

画像: ドライブのプロパティは空き容量の確認には便利だが、具体的な使用状況まではわからない。

ドライブのプロパティは空き容量の確認には便利だが、具体的な使用状況まではわからない。

ただし、どちらも確認できるのは「使用領域と空き領域」のみなので、実際にどんな種類のファイルがストレージを圧迫しているかまではわからない。ストレージを圧迫している原因を特定したいときは、Windows11の設定から利用できる「記憶域」を使おう

記憶域は、設定の「システム」から使用できるストレージ管理機能で、ストレージの空き容量はもちろん、ストレージを消費しているファイルの種類のほか、デスクトップやドキュメントなど、特定フォルダーの保存データサイズについても棒グラフでわかりやすく示してくれる。

画像: 大雑把ながらもストレージの使用状況をひと目で把握できる。

大雑把ながらもストレージの使用状況をひと目で把握できる。

ストレージを消費しているファイルの種類に加え、多くのファイルを溜め込んでいるフォルダーまでも把握できるので非常に便利だ。

Windows11パソコンの容量不足を解消する方法

Windows11には、ストレージの容量不足を抑える機能が標準で備わっている。なかでも空き容量を増やすといえばやはり「ディスククリーンアップ」は外せない。馴染み深い人も多いとは思うが、おさらいで紹介しておこう。

空き容量を増やす王道手段「ディスククリーンアップ」

「ディスククリーンアップ」とは、不要と思われるデータ候補を自動でピックアップ&削除してくれる便利なツールだ。削除可能なファイルは、ごみ箱内のファイルといったオーソドックスなものから、Webブラウザーのキャッシュファイルなど、実に多種多様だ。

ドライブのプロパティなどからディスククリーンアップを起動したら、リストから削除したい項目をチェックし、「OK」ボタンをクリックすればOK。これでチェックした項目のファイルを自動的にまとめて消去してくれる。

画像: リストでチェックした項目のみ削除を実行してくれる。

リストでチェックした項目のみ削除を実行してくれる。

さらに不要なファイルを削除したい場合は、画面の「システムファイルのクリーンアップ」をクリック。ここでは、Windowsアップデートで使用した更新プログラムのコピーのほか、Windowsアップグレードのログファイルなどのシステムファイルを削除可能だ。

これらのデータを削除することでWindowsの基本動作に支障をきたすことはないが、ユーザーの環境によっては利便上、残したほうがいいものもある。必要に応じて取捨選択しよう。



This article is a sponsored article by
''.