ここでは、上位5位までの値を目立たせる「条件付き書式」の設定方法をわかりやすく解説する。Excelでベスト5やワースト10など、上位や下位の値を見分けやすくするには、条件付き書式の「上位/下位ルール」で「上位10項目」や「下位10項目」を設定する。

「ベスト5」や「ワースト10」を強調する!

上位5位までの値を目立たせる

ベスト5やワースト10など、上位や下位の値を見分けやすくするには、条件付き書式の「上位/下位ルール」で「上位10項目」や「下位10項目」を設定しましょう。

セル範囲を選択してから()、「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックし()、「上位/下位ルール」→「上位10項目」をクリックする()。

画像1: 上位5位までの値を目立たせる

「上位10項目」画面の左側の欄で上位から強調表示する項目数を指定し()、必要に応じて「書式」のメニューで色を選んでから()「OK」ボタンをクリックする()。

画像2: 上位5位までの値を目立たせる

ここでは「合計」の上位5名の点数が強調表示されている。

画像3: 上位5位までの値を目立たせる

上位/下位ルールで選べるもの

 「上位/下位ルール」では「上位10%」「下位10項目」「下位10%」「平均より上」「平均より下」も選択できます。

「下位10%」ではパーセントを指定して、それに含まれるものを強調表示できる。

画像: 上位/下位ルールで選べるもの

※この記事は『エクセルが2週間で身につく(楽)上達講座』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.