みそは塗る、混ぜる、あえる、漬けるなど、さまざまな使い方ができます。食材にまんべんなく塗る、油となじませてから炒める、など少しの手間で、みそ味を普段の料理に取り入れやすくなります。食材に合わせた、おいしいみその使い方について、著者の飛田和緒さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

飛田和緒(ひだ・かずを)

2011年刊行のロングセラー『常備菜』(主婦と生活社)をはじめ、著書は100冊以上。誰でもおいしく作れる素材を生かしたシンプルなレシピが、幅広い世代から支持されている。味つけのベースとなっているのは、生まれ育った東京や、高校三年間を過ごした長野の味。現在は夫、娘とともに湘南で暮らし、地元の新鮮な食材を各地で出会ったお気に入りの調味料を使って料理する毎日。人柄やライフスタイルにもファンが多く、娘の日々のお弁当などを紹介するインスタグラムも人気を集めている。
▼インスタグラム

本稿は『塩、しょうゆ、みそで飛田式おかず』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

撮影/公文美和

●大さじ1は15㎖、小さじは5㎖です。
●1合は180㎖です。
●電子レンジの加熱時間は600Wの場合を基準にしています。機種によって加熱時間が異なるので様子を見て加減してください。
●レシピにある「油」は炒める用の油です。好みの植物油を使ってください。レシピでは「米油」をメインに使っています。
●塩は天日塩を使っています。しょうゆとみそは特に指定がない場合、濃口しょうゆ、米みそを使っています。
●だしは「かつお昆布だし」を使っています。

みそのおかず

みそはそのまま食べてもおいしい、万能調味料。
塗る、混ぜる、あえる、漬けるなど、さまざまな使い方ができるのも特徴です。
使いすぎてしまうとみそをそのまま食べているようなきつい味になってしまうので、食材に上手にからめることが大切。
食材にまんべんなく塗る、油となじませてから炒める、など少しの手間で、みそ味を普段の料理に取り入れやすくなります。
食材に合わせた、一番おいしいみその使い方を考えたレシピで料理のバリエーションを広げましょう。

画像: みそのおかず

本稿は『塩、しょうゆ、みそで飛田式おかず』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.