筆記具は進歩と改良を積み重ね、技術革新がなされてきました。ここでは、そんな歴史に新たな1ページを刻むユニークなペンを、いくつか紹介しましょう。

最近人気の変わり種ペン

呉竹
からっぽペン

●ペン本体:220〜880円
●カートリッジセット:385円
●替えペン先:330〜660円

インクの入っていない、文字通り「からっぽ」のペン。好きなインクを入れて、簡単にペンを作ることができる。ペン先は、一体型で「ほそ芯」「ほそふで芯」、カートリッジ式で「毛筆」「細筆」から選択可能。

画像: 最近人気の変わり種ペン

パーカー
インジェニュイティ

●価格:8800〜2万2000円

第5世代の筆記具を標榜するペン。見た目は万年筆だが、背後に隠れたペン先はドローイングペンに近く、樹脂製の先端が筆記時に変形することでユーザー好みの書き味を実現する。

画像: ●長さ:154〜165ミリ ●直径:10〜13ミリ ●重量:25〜43グラム

●長さ:154〜165ミリ
●直径:10〜13ミリ
●重量:25〜43グラム

セーラー万年筆
SAILOR Bespoke(ビスポーク)

●価格:6万500円〜

さまざまなパーツを自分で選択することで、オーダーメイドの万年筆を仕立てられる。組み合わせの数は132万通りもあるので、唯一無二のオリジナルが作れるといっても過言ではない。

画像: ●長さ:129ミリ ●直径:18ミリ ●重量:21.6グラム

●長さ:129ミリ
●直径:18ミリ
●重量:21.6グラム

サンスター文具
metacil(メタシル)

●価格:990円

普通の鉛筆のような黒鉛(グラファイト)と粘土の芯ではなく、黒鉛を含む特殊合金のメタルペンシル。削らずに約16キロの長さの筆記が可能で、書いた線は消しゴムで消せる。

画像: ●長さ:160ミリ ●直径:7.8ミリ ●重量:14グラム ●ボディーカラー:6色

●長さ:160ミリ
●直径:7.8ミリ
●重量:14グラム
●ボディーカラー:6色

◆監修者:高畑正幸

※価格は記事作成当時のものです。

※この記事は『「手書き」をとことん楽しむ万年筆・ガラスペン入門 』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.